• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊機能材料 2004年9月号

商品コード: M0409

  • 発行日: 2004年8月5日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0286-4835

個数: 

カゴに入れる

目次

Material Report
Review

極限CMOS開発の現状と将来展望
Present Status and Prospect of Ultimate CMOS
平本俊郎(東京大学 生産技術研究所 教授)

 VLSIを構成するMOSトランジスタのサイズは急速に微細化している。ゲート長が10nm以下にまで微細化された極限CMOSは、将来の高度情報通信化社会を根底で支える基盤デバイスである。本稿では、MOSトランジスタの微細化の現状と、極限CMOSの将来について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. トランジスタの微細化とスケーリング則
3. 半導体技術ロードマップにみるMOSトランジスタの微細化
4. サブ10nmトランジスタ
5. トランジスタの微細化限界
6. 極限CMOSの重要性
7. 極限CMOS開発の課題と解決策
8. おわりに


R&D

カーボンナノコイルの合成と特性
Synthesis and Properties of Carbon Nanocoils
中山喜萬(大阪府立大学大学院 工学研究科 電子物理工学分野 教授)

 ナノコイルは特異な形態から、電磁波吸収材や電子源、微小領域の磁場発生・検出素子、ナノのバネ、さらに電気や熱の伝導性、機械的強度、伸縮性などに優れた高機能性ナノコンポジット素材として期待される。本稿ではこういったナノコイルの合成法、成長機構、大量合成に向けた取り組みについて、また機械的特性および電界放出特性についても概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 合成法
3. Fe/ITO触媒を利用したコイル合成
4. 触媒の機能
5. コイル径制御
5.1 流量による制御
5.2 鉄・インジウム・スズ合金酸化膜による制御
6. 微粒子触媒の開発
7. ナノコイルの特性
7.1 機械的特性
7.2 電界放出特性
8. おわりに


カーボンナノコイル・ナノツイストの合成
Syntheses of Carbon Nanocoils and Nanotwists
滝川浩史(豊橋技術科学大学 電気・電子工学系 助教授)

 らせん形状を呈したカーボンナノファイバーは、カーボンナノチューブの合成法と同じ触媒CVD法によって合成できる。その形状は、触媒やプロセス条件などによって変化する。本稿では、コイル形状を呈したカーボンナノコイルの量産的合成、およびねじれ形状を呈したカーボンナノツイストの膜状合成について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. ヘリカルカーボンナノファイバー
2.1 合成方法
2.2 合成物
3. カーボンナノコイル(CNC)の量産
4. カーボンナノツイスト(CNTw)膜の合成
5. おわりに


制振合金M2052製据え付けマウントによる研削加工性能の向上
Improvement of the Quality in a Surface Grinding Machine by using a Mount made of the Damping Alloy、M2052
細谷武司((株)セイシン 常務取締役)

 研削加工は、平滑で高精度な仕上げ面を得るための加工法であるが、その精度を左右する因子は工作物砥石間の相対振動変位である。本研究は今までのアプローチである剛性と重量による共振周波数対策ではなく、高強度で加工性の良い制振合金M2052を据え付けマウントと砥石フランジに利用して、簡便で効果的な性能向上を実現した。

【目次】
1. 背景
2. 据え付けマウントと砥石フランジ部へのM2052の応用
3. 実験方法
4. 評価結果
5. おわりに


カラー舗装用着色バインダー
Color Binder for Color Pavement
博多俊之(戸田工業(株) 創造本部 課長)

 カラー舗装道路を施工する場合に、従来はアスファルトプラントで別々に添加し、混合されていたアスファルトと顔料をプレミックスし、2~30mm程度の固形状としたことにより、作業性に優れ、かつ特性面においても優れたバインダーとした。今後さまざまな応用が期待されるカラー舗装用着色バインダー(当社製、品名:CSファルト)について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. CSファルトの特長―作業面での特長―
3. アスファルト特性
3.1 バインダー特性
3.2 アスファルト混合物特性
3.3 低温カンタブロ試験
3.4 舗装面の退色性
4. おわりに


反応性プラズマ蒸着法によるGa添加酸化亜鉛透明導電膜
Transparent Conductive Ga doped ZnO Thin Films Prepared by Reactive PlasmaDeposition Method
山本哲也(高知工科大学 総合研究所マテリアル・デザイン研究センター センター長・教授)
岸本誠一(高知工科大学 総合研究所マテリアル・デザイン研究センター 助教授)
池田圭吾(高知工科大学 総合研究所マテリアル・デザイン研究センター)
酒見俊之(住友重機械工業(株))
粟井清(住重試験検査(株))
白方祥(愛媛大学 工学部 電気電子工学科)
碇哲雄(宮崎大学 工学部 電気電子工学科)
中田時夫(青山学院大学 理工学部 電気電子工学科)
仁木栄((独)産業技術総合研究所 光技術研究部門 光エレクトロニクス材料グループ)
矢野哲夫((独)産業技術総合研究所 海洋資源環境研究部門 海洋環境材料開発研究グループ)

 Gaドーピングした酸化亜鉛薄膜(GZO)を反応性プラズマ蒸着法によって成膜した。基板温度は200℃であり、Gaの含有量は3wt%である。本成膜条件での成膜速度は170nm/minであった。抵抗率2×10-4Ω・cm、キャリア濃度は8×1020cm-3、最大ホール移動度は29cm2/V・secである。可視光領域で透過率90%以上のものが得られた。反応性プラズマ蒸着法は酸化亜鉛薄膜の大面積製膜も可能であり、1m角の大きさのGZO製膜に成功した。

【目次】
1. はじめに
2. 反応性プラズマ蒸着法(RPD法)
3. 実験結果と考察
3.1 SEM像
3.2 X線回析測定
3.3 透過率
4. 大面積製膜
5. おわりに


機能材料連載講座 因果化学からみる材料の機能性(7)
能動的な表面で液体を動かす
Displacement of Fluids by Active Surfaces
市村國宏(東邦大学 理学部 特任教授)

 固体表面の構造変化は濡れ性を変える。熱、化学吸着、光、電場などによって誘起される表面の構造変化が、濡れ性の変化として増幅されているとみなすことができる。固体の表面エネルギーにこれらの外部刺激によって勾配を設けることができれば、マランゴニ効果に基づいて液滴が動く。これらについて、最近の研究動向を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. マランゴニ効果
3. 温度変化で濡れ性を変える
4. 電場印加で濡れ性を変える
5. 表面吸着反応により液滴を動かす
6. 光照射で濡れ性を制御する
7. デバイス化への道
8. おわりに


連載 高分子材料の実用性(3)
衣料、レンズ、医療分野―その3
Foreign Clothes of Polyester、Lens of Plastics、Plastic of Medical Science鴨川昭夫(元・理化学研究所 研究員/元・工学院大学 電子工学科;化学工学科)

 プラスチックを使用して、コンピューター制御で頭部模型を塑性変形で作り、それを用いた医学の発達のための研究が始まっている。また、プラスチックは加工されると弱電を帯びるために、これを防ぐためにスプレーでアンモニアを吹き付けるが、時計バンドのような帯状のプラスチックでは静電気除去用のプラスチックが開発されている。

【目次】
実用例-3 引っ張っても切れない人工毛髪、台所用スポンジ……
―しわにならないワイシャツ
―生体になじむアクリル樹脂
―カードも紙も再利用時代に
―形状記憶樹脂の点滴針


機能材料マーケットデータ
電池用構成材料ケミカルスの現状

【目次】
1. 概要
2. 各種電池における開発・材料動向
2.1 一次電池
2.2 リチウムイオン電池
2.3 ニッケル水素電池
2.4 リチウムポリマー電池
3. 二次電池の市場動向
4. 二次電池メーカーの動向
5. 二次電池材料メーカー
このページのTOPへ