• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊機能材料 2005年3月号

特集:材料とエマージングテクノロジーによる実装技術の新展開―Part 2

商品コード: M0503

  • 発行日: 2005年2月5日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0286-4835

個数: 

カゴに入れる

目次

特集:材料とエマージングテクノロジーによる実装技術の新展開―Part 2


実装技術に影響を与えるエマージングテクノロジーとは?
Emerging Technologies affecting the Packaging Technology
宮代文夫(エレクトロニクス実装学会 顧問)

 21世紀に入り、実装技術を牽引するテクノロジードライバーはパソコンからケータイに代わり、また半導体が65nm時代を迎え、搭載部品が0402時代に突入し、軽薄短小路線がいっそう加速されている。インターネプコン、JPCAショー、CEATEC、SEMICONショーなどの展示をみる限り、一定の路線上を歩んでいるように思える。しかし将来を眺めてみると、数年後にはユビキタス時代が確実に到来しまたUWBの解禁・実用化も間近く、単なる「高周波モバイル時代」が来るにとどまらない。現在注目すべきエマージングテクノロジーとしては、ナノテクノロジー、MEMS、バイオテクノロジー(含バイオメトリクス)、スピントロニクス、オプトエレクトロニクス、ロボットテクノロジー(RT)と目白押しであり、これらが取り込まれると、実装技術のコンセプトそのものを根本的に考え直す必要があるほどの変革を覚悟しなくてはならない。本特集ではこれらのうち主なものを取り上げ、第一線の専門家からの最新のメッセージをお伝えし、ご参考に供したい。

【目次】
1. はじめに
2. ユビキタス時代の到来と実装技術
3. UWB時代の到来と実装技術
4. エマージングテクノロジーズ
4.1 ナノテクノロジー
4.2 MEMS
4.3 バイオテクノロジー
4.4 マイクロケモメカトロニクス
4.5 スピンエレクトロニクス
4.6 オプトエレクトロニクス
4.7 ロボットテクノロジー(RT)
5. おわりに


ナノテクノロジーと実装技術
Nanotechnology for Electronics Packaging
菅沼克昭(大阪大学 産業科学研究所 教授)

 ナノテクノロジーは、実装の世界にも新たな可能性を広げている。金属ナノ粒子を用いたナノペーストは、インクジェット、詳細スクリーン、オフセットなどの新しい印刷による多層ファインピッチ配線の可能性をみせている。本稿では、ナノペーストを用いた配線技術の現状を紹介し、克服すべき技術課題を明確にする。

【目次】
1. ナノテクノロジーの背景
2. 日本のナノテクノロジー戦略と実装技術
3. 金属ナノ粒子の合成
4. ナノペーストの利用
5. 新たな電子実装技術へ至るための克服すべき課題


MEMSと実装技術
MEMS Packaging
伊藤寿浩(東京大学大学院 工学系研究科 精密機械工学専攻)

 MEMS実装技術の低コスト化は、MEMS実用化加速の鍵を握るといわれ、内外でも関連する研究開発が活発化している。その中でもウェハーレベル封止接合技術は、実装技術の標準化、LSI実装技術の有効活用などの観点からも特に重要である。本稿では、MEMS実装技術の課題について概観するとともに、その解決に向けた実装コンセプトを議論した。

【目次】
1. はじめに
2. MEMS実装の課題
3. MEMS封止実装
3.1 封止接合ポイント
3.2 MEMS封止に使われる接合法 
4. 標準封止構造と常温接合の適用可能性
5. おわりに


Soft-MEMS技術を駆使したバイオメディカルセンサー
Biomedical Sensors by Soft-MEMS Techniques
三林浩二(東京医科歯科大学 生体材料工学研究所 計測分野 教授)

 半導体プロセス技術を機能性高分子膜に適用することで、柔軟性に富み、生体への応用が可能な各種ウェアラブル化学センサー(Soft-MEMS)を開発し、経皮ガス計測などの生体計測に応用した。また肝臓などの代謝酵素を活用することで、ヒトの嗅覚メカニズムとは異なるガスセンサー(バイオスニファー)を作製し、センサー応用として呼気による体内の代謝機能の評価を行った。本稿では、これら各種ウェアラブル化学センサーやバイオスニファーの特徴について述べるとともに、その生体応用について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ウェラブル化学センサー
2.1 ウェアラブル酸素センサー
2.2 ウェアラブル導電率センサー
3. 生体材料を使ったガスセンサー
3.1 酵素を用いたバイオスニファー
3.2 薬物代謝酵素を用いたバイオスニファー
3.3 光ファイバー型バイオスニファー
3.4 スティック型バイオスニファーによる呼気計測
4. おわりに


金属スピントロニクスの新たな展開とまだ見えぬ実装技術
Metal based Spin Electronics and New Packaging Technology emerged in Future
佐橋政司(東北大学大学院 工学研究科 電子工学専攻 超微細電子工学講座 教授)

 進化を続けるデジタル・情報エレクトロニクスにおいては、大容量・高密度ストレージ/メモリーへの期待がますます高まっている。加えて電子スピン物理の分野では、新たな革新技術の芽ともなりうる、将来に夢を抱かせる基礎研究成果が続けざまに報告されている。本稿では、スピンナノエレクトロニクスへの新たな挑戦とスマートアパレルのような新概念・新市場の創生にもつながる可能性があるマイクロ波ナノスピントロニクスについて、その概要を述べる。

【目次】
1. はじめに
2. スピンストレージ/メモリーの進展
3. マイクロ波スピンエレクトロニクスの創生と期待
4. スピン流とマイクロ波の発生および検出の原理
4.1 スピントランスファーによるマイクロ波発信原理
4.2 スピンポンピングを用いたマイクロ波受信原理
4.3 マイクロ波発生の高出力化と検出の高感度化
5. おわりに


ユビキタス時代の電子実装技術
Electronic Packaging Technology in Ubiquitous Network Age
青柳昌宏((独)産業技術総合研究所 エレクトロニクス研究部門 高密度SIグループ 研究グループ長;光・電子SI連携研究体 研究体長)

 ユビキタス時代の電子機器内における実装技術は高密度集積と高速信号処理を兼ね備えた技術になる必要があり、そのためには高密度微細配線と高速信号伝送がキーテクノロジーと考えられる。産業技術総合研究所では半導体LSI素子の高密度3次元実装を実現するため、LSIチップを多数積層して接続するための高密度微細配線インターポーザーを用いたLSIチップ3次元実装技術の開発に取り組んでいる。このインターポーザーは積層されたLSIチップの層間に配置し、高密度・高速のシステムを実現可能にするものである。ここでは本インターポーザー技術の紹介と、今後の展望について述べる。

【目次】
1. 開発の背景
2. 高密度微細配線インターポーザーによるLSIチップの3次元実装
3. 感光性ポリイミドによる微細配線インターポーザーの作製技術
4. 経緯と今後の展開


UWB時代の実装技術
Electronics Packaging Technology in UWB-era
大塚寛治(明星大学 情報学部 教授;学部長)

 UWB時代には、周波数がGHzでしかも広帯域を取り扱う実装技術が求められる。すでに実装系では伝送線路を広く採用していて広帯域の配線を持ち合わせているが、これに対する電磁気学的考察が不充分なまま実用化されていて、混乱があるようにみえる。ここでは電磁波とは何か、それを配線の中にうまく閉じ込めるにはどうすればよいかを解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 広帯域の構造的要件
3. 広帯域の実装技術
4. おわりに


Material Report
R&D

紫外レーザー用光ファイバーの開発
Development of Optical Fiber for UV Laser
大登正敬(昭和電線電纜(株) 技術開発部 ファイバG 主任)

 フッ素ドープシリカ(モディファイドシリカ)を用いて深紫外レーザー伝送用の光ファイバーを開発した。このファイバーは、従来の紫外用ファイバーに比べ、(1)深紫外可視近赤外域で高い透過率を示す、(2)紫外レーザー照射に対し優れた耐久性を示す、(3)エッチングにより容易に先鋭化するなどの特徴をもち、すでに製品化され各種装置に実装されている。

【目次】
1. はじめに
2. フッ素ドープシリカファイバーの構造と透過特性
3. 紫外レーザー照射に対する耐久性
4. フッ素ドープシリカファイバーの透過率改善
5. エッチングによるファイバー端の先鋭化
6. おわりに


機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(13)
ハイブリッドおよびデュアルUV硬化技術
Hybrid and Dual UV Curing
市村國宏(東邦大学 理学部 先進フォトポリマー研究部門 特任教授)

 UV硬化技術はますます裾野が拡大している。その一方で、素材やフォーミュレーションだけでなく、UV硬化原理に立ち入った技術開発が求められている。こうした背景にあって、ハイブリッドあるいはデュアルUV硬化系に関心が高まっている。これらは複数の素過程からなるので、ここでは因果化学の立場から整理分類を試みる。

【目次】
1. はじめに
2. 硬化反応のいろいろ
3. ハイブリッドUV硬化とデュアルUV硬化
4. ハイブリッドUV硬化系
4.1 ラジカル重合-ラジカル架橋系(Ha型)
4.2 ラジカル重合-カチオン重合系(Hb型)
5. デュアルUV硬化系
6. 増殖的なUV硬化反応系
7. おわりに


連載:高分子材料の実用性(8)
難燃・接着・帯電防止
鴨川昭夫(元理化学研究所 研究員/元工学院大学 電子工学科;化学工学科)

 ポリマーの化学構造式をみると、ほとんどが有機化学因子(C、H、O)で結合され、複雑な構造を示す。筆者はもちろんのこと、加工技術者として、この構造式を観察して加工性を判断することは難解とされている。

【目次】
―難燃化のプロセス
―接着のメカニズム
―フィルターの効用
このページのTOPへ