• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2007年11月号

【特集】 GSCシンポジウム2007

商品コード: F0711

  • 発行日: 2007年10月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

目次

【特集】GSCシンポジウム2007
--------------------------------------------------------------------------------

GSC-AON2007報告
Report on GSC-AON 2007

--------------------------------------------------------------------------------
辰巳敬(GSCN運営委員会 委員長;東京工業大学 資源化学研究所 教授)

 本年3月6~9日,GSC-AON 2007(1st Asian-Oceanian Conference on Green and Sustainable Chemistry)が,第7回GSCシンポジウムとのjoint meetingという形で開かれた。AON for GSCを設立した趣旨と,今回の会議の概略について紹介する。


--------------------------------------------------------------------------------

環境低負荷な水なしCTP版および印刷システムの開発
Development of Environmentally Friendly Waterless CTP Plate and its Printing System

--------------------------------------------------------------------------------
後藤一起(東レ(株) 電子情報材料研究所 主任研究員)

 世界的な環境意識の高まりのなか,印刷業界においても,環境問題への対策が急務になっている。東レでは,こうした背景のもと,またレーザー直描によるCTPシステムの普及が急速に進んでいるという業界動向を受け,近赤外レーザー光により画像形成可能で,幅広い分野での印刷適正に優れた水なしCTP版の開発・製品化に成功した。本稿では,その技術ポイント,環境低負荷特性などについて報告する。
 
【目次】
1. はじめに
2. 水なしCTP版の技術的特徴
3. 水なしCTP版および印刷システムの環境負荷特性
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

一酸化炭素による窒素酸化物の還元反応に著しい低温活性を示す担持パラジウム触媒での添加物の役割
Marked Effect of In,Pb and Ce Addition upon the Reduction of NO by CO over SiO2 supported Pd Catalysts

--------------------------------------------------------------------------------
内藤周弌(神奈川大学 工学部 物質生命化学科 教授)

 シリカ担持のパラジウム触媒にIn,Pb,Ceなどを添加すると,NO-COやN2O-CO反応の活性が2桁以上向上し,室温域でも還元反応が進行するようになる。本稿ではこのような特異な添加物の役割について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. シリカ担持Pd触媒へのIn,PbおよびCeの添加効果
3. Pd-In/SIO2およびPd-Pb/SIO2触媒上での反応挙動
4. 反応温度に伴う表面構造の変化
5. 反応機構
6. 結論


--------------------------------------------------------------------------------

インクジェット法による液晶ディスプレイおよび電子デバイス製造技術の実用化
Practical Use of Inkjet Technology for LCDs and Electronic Devices Manufacturing

--------------------------------------------------------------------------------
中島俊貴(セイコーエプソン(株) IJ工業応用開発部 主事)

 液晶パネル製造プロセスにおいて世界初,インクジェット法による配向膜形成プロセスの実用化,採用液晶パネルの量産出荷を実現し,省材料,省エネルギープロセスを達成した。さらに世界初,第8世代基板に対応した大型液晶テレビ用パネル向けカラーフィルターをインクジェット技術で形成する装置を開発,パネルメーカーにて量産稼働させている。これらインクジェット技術の工業分野への応用,環境負荷低減効果について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. インクジェット技術概要
3. インクジェットによる液晶配向膜形成技術の実用化
4. インクジェット技術の詳細
4.1 インクジェットヘッド
4.2 インク組成と吐出波形の最適化
4.3 表面処理の最適化
4.4 描画技術
4.5 乾燥技術の最適化
4.6 超小型インクジェット装置の実現
5. 環境負荷低減効果
6. 今後の展望
6.1 配線工程,多層回路基板への展開
6.2 フォトリソグラフィー併用による微細パターン形成
6.3 フレキシブル基板への塗布
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

固体ヘテロポリ酸触媒によるグリーンプロセスの開発
Development of Green Chemical Processes catalyzed by Solid Heteropolyacids

--------------------------------------------------------------------------------
中條哲夫(昭和電工(株) 石油化学事業部門 大分コンビナート技術開発部 部長)
宮路淳幸(昭和電工(株) 石油化学事業部門 大分コンビナート技術開発部)
辻勝行(昭和電工(株) 人事室)

 われわれは,産学連携の研究により,固体ヘテロポリ酸触媒を用いた「エチレンと酢酸を原料とする酢酸エチル製造方法」および「エチレンの直接酸化による酢酸製造方法」を工業化した。これらは低環境負荷型グリーンプロセスであり,現在も安定生産を継続している。

【目次】
1. 固体ヘテロポリ酸工業触媒
1.1 本工業触媒開発の礎となった研究
1.2 ヘテロポリ酸を用いた工業プロセスの例
(1) 均一系酸触媒
(2) 均一系酸化触媒
(3) 不均一系酸触媒
(4) 不均一系酸化触媒
2. 酢酸エチル製造触媒
2.1 背景
2.2 各製造法の問題点
(1) エステル化法
(2) Wacker反応+Tishchenko反応
2.3 エチレンと酢酸からの酢酸エチル製造方法
2.4 触媒
2.5 反応条件と原料
2.6 酢酸エチルの安定生産性とグリーン度評価
3. 酢酸製造触媒
3.1 酢酸の需要と製造法
3.2 エチレン直接酸化法酢酸製造プロセス
3.3 触媒
3.4 反応経路
3.5 プロモーターとその役割
3.6 酢酸の安定生産性とグリーン度評価


--------------------------------------------------------------------------------

フルオラスルイス酸触媒を用いたPrins反応
Prins Reaction Using Fluorous Lewis Acid Catalyst

--------------------------------------------------------------------------------
星信人((財)野口研究所 錯体触媒研究 室長)
郝秀花((財)野口研究所 錯体触媒研究 研究員)

 グリーンな触媒系であるフルオラスルイス酸触媒M[N(SO2Rf)2]nの実用化をめざし,適合性の高い反応,有用性の高いターゲットの探索を行っている。今回,Prins反応について,触媒活性や繰り返し特性において優れた特性を有することを見いだしたので紹介する。特に,スルフォナート系ルイス酸に対する繰り返し特性での優位性や,市販人工香料合成への応用について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. Prins反応について
3. フルオラススルフォナートとの比較
4. 実用化合物合成への応用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

高機能ポリカーボネート/ポリ乳酸複合材料の開発
Development of Modified Polycarbonate/Polylacticacid Composite Materials

--------------------------------------------------------------------------------
早田祐介(出光興産(株) 樹脂研究所)

 本研究では,高機能ポリカーボネートを開発し,ポリ乳酸とブレンドすることで,ポリカーボネート/ポリ乳酸複合材料の機能性向上を検討した。溶融ブレンド時のトルク向上から高機能ポリカーボネートとポリ乳酸の反応性を明らかにし,この高機能ポリカーボネートによって,機械特性,耐薬品性,熱安定性が向上したポリカーボネート/ポリ乳酸複合材料を開発した。

【目次】
1. はじめに
2. ポリカーボネート/ポリ乳酸系複合材料
3. 高機能ポリカーボネートによる改質
4. 高機能ポリカーボネートによる耐久性向上
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マイクロ波化学反応を想定した誘電特性の測定
Measurement for Dielectric Parameters in Chemical Reaction Field

--------------------------------------------------------------------------------
杉山順一((独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 機能性高分子グループ 研究グループ長)
山下浩((独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 機能性高分子グループ 主任研究員)
小橋比呂子((独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 機能性高分子グループ テクニカルスタッフ)
廣木一亮((独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 機能性高分子グループ 特別研究員)
依田敏江((独)産業技術総合研究所 環境化学技術研究部門 機能性高分子グループ テクニカルスタッフ)

 近年,化学反応用のマイクロ波照射器が普及し,従来の外部加熱とは異なる挙動を示すことが多く報告されているが,なぜそうなるのか,理論的説明は十分でない。そこでわれわれは,マイクロ波が電磁波であることから何らかの周波数特性が化学反応に作用を及ぼしていると考え,有機材料の誘電特性について検討した。


--------------------------------------------------------------------------------

構造を制御した光触媒による有機合成の試み
Photocatalytic Organic Synthesis using Particles of Designed Hollow Core-Shell Structure

--------------------------------------------------------------------------------
大谷文章(北海道大学 触媒化学研究センター 触媒反応化学研究部門 教授)
鳥本司(名古屋大学大学院 工学研究科 結晶材料工学専攻 教授)
池田茂(大阪大学 太陽エネルギー化学研究センター 准教授)

 コアとなる光触媒微粒子をシリカなどの薄膜シェルに内包させ,かつ,コアとシェルの間に空隙をもつ「中空コア-シェル型」光触媒を調製した。これを用いると,裸のコアだけからなる粒子や,コアとシェルが密着して空隙がない粒子ではみられない,高効率で選択的な光触媒反応が進行することを見いだした。この中空コア-シェル型光触媒を中心にして,光触媒反応による有機合成の試みについて解説する。

【目次】
1. 光触媒反応とは
2. 光触媒反応の実用化例とその特徴
3. グリーンケミストリープロセスとしての光触媒有機合成反応
4. 光触媒による有機合成反応―リシンを原料とするピペコリン酸合成
5. 高性能光触媒に求められる構造
6. 中空コア-シェル構造光触媒
7. 中空コア-シェル構造硫化カドミウムの調整と光触媒反応
8. 中空コア-シェル構造酸化チタンの調整と光触媒反応
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

クロルスルホン酸
(Chlorosulphonic acid)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

無水リン酸
(Phosphoric anhydride)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

o-,p-ニトロクロルベンゼン
(o-,p-Nitrochlorobenzene)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

チオリンゴ酸
(Thiomalic acid)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

コラム:技術雑記(第29話)

--------------------------------------------------------------------------------

柿渋を見直す

--------------------------------------------------------------------------------
永田宏二


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
海外編
国内編
このページのTOPへ