• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊バイオインダストリー 2003年9月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

商品コード: I0309

  • 発行日: 2003年8月12日
  • 価格(税込): 4,860 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0910-6545
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

BIO REVIEW

--------------------------------------------------------------------------------

血管新生作用を促進する肝細胞増殖因子(HGF)による脳梗塞の遺伝子治療
Gene Therapy for Cerebral Ischemia Using Hepatocyte Growth Factor(HGF)

--------------------------------------------------------------------------------
島村宗尚(大阪大学 大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療 大学院生)
里直行(大阪大学 大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療 助手)
青木元邦(大阪大学 大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療 講師)
森下竜一(大阪大学 大学院 医学系研究科 臨床遺伝子治療 教授)

 脳疾患に対する遺伝子治療では,遺伝子を効率よく安全に脳内に取り込ませるために,様々なベクターが開発,改良されてきた。脳腫瘍をはじめ,様々な疾患が遺伝子の治療のターゲットと考えられているが,脳梗塞もその1つであり,肝細胞増殖因子(HGF)遺伝子を用いた遺伝子治療の検討が進められており,今後の展開が期待される。

【目次】
1. はじめに
2. 脳疾患への遺伝子治療の応用
3. 脳梗塞における遺伝子治療


--------------------------------------------------------------------------------

マウスにおける制御性樹状細胞による急性移植片対宿主病の治療
Immunotherapy with Regulatory Dendritic Cells for Acute Graft-Versus-Host

--------------------------------------------------------------------------------
佐藤克明(鹿児島大学 大学院 医歯学研究科 健康科学専攻 感染防護学講座 免疫病態制御学 講師)
松山隆美(鹿児島大学 大学院 医歯学研究科 健康科学専攻 感染防護学講座 免疫病態制御学 教授)

 抗原提示細胞である樹状細胞は免疫機構の“司令塔”としての役割を担っている。近年,樹状細胞の強力な免疫増強効果が着目され,これを用いたがんワクチン療法の臨床治験が本邦においても行われている。本稿では,筆者らが開発した制御性樹状細胞のT細胞機能制御能とその動物免疫疾患モデルの治療効果を示すとともに,その臨床応用の可能性を記述する。 

【目次】
1. はじめに
2. 樹状細胞によるT細胞機能制御
3. 制御性樹状細胞によるT細胞機能制御
4. 異系造血幹細胞移植による急性移植片対宿主病に対する制御性樹状細胞を用いた細胞治療
5. 制御性樹状細胞を用いた細胞治療の急性移植片対宿主病に対する治療効果の作用機序
6. 制御性樹状細胞を用いた細胞治療の移植片対白血病効果
7. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

微生物による環境浄化
Bioremediation by Microorganisms

--------------------------------------------------------------------------------
酒井重男(酒井技術士事務所 所長 技術士 農学博士)

 21世紀は大量消費,大量廃棄から脱却し,廃棄物の再資源化,未利用エネルギーの活用などにより,地球環境の保全と持続可能な循環型社会の構築を目指す必要がある。そこで,富栄養化のもとである有機物,窒素・リンの除去を中心とした排水処理,ヒトをはじめ動物への毒性が指摘されている内分泌かく乱物質やダイオキシン類の分解,有機性」廃棄物を利用したメタン発酵と発電などについて述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 排水処理
2.1 酵母による厨房排水の処理
2.2 脱硫排水の窒素除去
2.3 脱窒性リン蓄積細菌による脱窒脱リン
3. 内分泌かく乱化学物質の分解
3.1 ポリ塩化ビフェニル(PCB)の分解
3.2 ビスフェノールAの分解
3.3 フタル酸化合物
3.4 有機スズの分解
3.5 ノニルフェノールの分解
3.6 水処理と環境ホルモン
4. ダイオキシン類の分解
4.1 細菌による分解
4.2 木材腐朽菌による分解
5. メタン発酵と発電
5.1 メタン発酵
5.2 温式高速メタン発酵法
(1) 上向流嫌気性固定床
(2) 嫌忌性流動床
(3) 上向流嫌気性汚泥床(スラッジブランケット型)
5.3 乾式メタン発酵法
5.4 バイオガス発電
5.5 ビール製造排水への利用
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO R&D

--------------------------------------------------------------------------------

大腸菌O157:H7の迅速かつ高感度な検出新手法
Rapid and Sensitive Detection of Escherichia coli O157:H7

--------------------------------------------------------------------------------
丹治保典(東京工業大学 大学院 生命理工学研究科 生物機能工学講座 助教授)

 病原性大腸菌O157:H7の迅速かつ高感度な検出は,感染源の特定や感染者の確定診断を行う上で,必須の技術である。家畜糞便からスクリーニングした大腸菌O157:H7特異的バクテリオファージの頭殻表層に,蛍光タンパク質を発現することにより,発光性組換えファージを分子構築した。蛍光性ファージは宿主である大腸菌O157:H7に吸着感染し,紫外線を照射することにより緑色蛍光を発した。本システムを用いることにより,生菌ばかりでなく生きているが培養できないVBNC状態の大腸菌O157:H7も10分以内で検出することが可能となった。

【目次】
1. はじめに
2. 大腸菌O157:H7特異的ファージのスクリーニング
3. 特異的感染の分子構造
4. 蛍光性ファージの分子構築
5. 蛍光性ファージを用いた大腸菌O157:H7の検出
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

マツタケ菌糸体の量産技術と健康食品への応用
Mass Production of Matsutake(Tricholoma Matsutake)Mycelia and Its Application to Functional Foods

--------------------------------------------------------------------------------
松永謙一(呉羽化学工業(株) 生物医学研究所 主幹研究員 健康関連グループ リーダー)
千葉忠彦(呉羽化学工業(株) 生物医学研究所 解析・製剤研究室 室長)
高橋栄作(呉羽化学工業(株) 生物医学研究所 錦工場 第一製造部門 医薬品製造部 部長)

 担子菌マツタケは優れた生物活性を示すことが知られているが,原料供給の制約などのため研究や開発は遅れている。そこで,マツタケ菌糸体に着目し,タンク培養による大量生産技術を確立し,均質菌糸体の安定供給を可能にした。本稿では,呉羽化学工業(株)の経験例と健康食品への応用について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. マツタケ菌株の特性
3. マツタケ菌糸体の培養および量産技術
3.1 成育特性
3.2 基本培養条件
3.2.1 機械的衝撃への耐性
3.2.2 成育と浸透圧
3.2.3 必要母菌量
3.2.4 菌体形状の制御
3.3 培養システム
3.3.1 母菌培養系
3.3.2 タンク培養系
4. 健康食品素材としてのマツタケ菌糸体の基礎的特性
4.1 性状
4.2 安定性・剤型
4.3 安全性
4.3.1 強制経口単回投与による急性毒性試験
4.3.2 28日間反復混餌投与毒性試験および14日間回復性試験
4.3.3 90日間反復混餌投与毒性試験
4.3.4 細菌を用いる復帰突然変異試験
4.3.5 薬物代謝酵素に対する影響
4.4 吸収・分布・排泄
4.4.1 吸収
4.4.2 分布
4.4.3 排泄
5. マツタケ菌糸体の経口投与による生物活性
5.1 “がんの発生と進行”に対する作用
5.1.1 発がん初期病変の抑制
5.1.2 がん免疫の増強
5.2 “ストレス付加個体の免疫能”に対する作用
5.3 活性成分
5.3.1 M2画分の物性
5.3.2 M2画分の免疫増強活性
5.3.3 M2画分の感染防御活性
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

大豆イソフランボンアグリコン
Soybean Isoflavonaglycon

--------------------------------------------------------------------------------
高橋豊三(横浜市立大学 医学部 細菌学教室 助教授)
保坂圭(保坂内科小児科医院 院長)

【目次】
1. 概要
2. 安全性
3. 製法
4. 生産,メーカー動向
(1) 食品原料
(2) 化粧品
5. 生理学的物質および有効性
5.1 動物試験
(1) 骨粗鬆症予防作用
(2) 動脈硬化予防作用
(3) 乳がん予防作用
5.2 入介入試験
(1) 血液流動性改善作用
(2) 更年期障害緩和作用
(3) 体内吸収
5.3 コホート研究
(1) 乳がんのリスク低減
5.4 使用基準
6. 価格,荷姿


--------------------------------------------------------------------------------

連載:知的財産権をめぐる最近の動向(第5回)

--------------------------------------------------------------------------------

知的財産権の証券化における価値評価
A Valuation in Securitization of Intellectual Properties

--------------------------------------------------------------------------------
齋藤陽子(政策研究大学院大学 政策研究科 修士1年)

 新しい資金調達手法として知的財産権を中核とした事業の証券化が注目を集めているにもかかわらず,証券化資産の無形性ゆえに,経済的価値を評価する絶対的な手法が確立されていないことが,証券化にあたっての壁となっている。本稿では,価値評価の適性機会について考察するとともに,価値評価モデル構築の課題と展望について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 証券化とは
3. 証券化の経済的意義
4. 知的財産権を中核とした事業の証券化のメリット
(1) 資金調達手段の多様化
(2) 低利による資金調達が可能
(3) バランスシートのスリム化
5. 知的財産権の証券化スキームが有効に機能する上でのポイント
(1) 倒産隔離措置(bankruptcy remote)
(2) 信用補完措置
6. 証券化スキームにおける価値評価の局面
7. 知的財産権の価値評価における課題


--------------------------------------------------------------------------------

連載:活性炭の医療への応用―第II部―(第9回)

--------------------------------------------------------------------------------

血液潅流法
Hemoperfusion(HP)

--------------------------------------------------------------------------------
高橋豊三(横浜市立大学 医学部 細菌学教室 助教授)
保坂圭(保坂内科小児科医院 院長)

【目次】
15. 直接血液潅流を行う場合の免疫吸着剤
16. エンドトキシン吸着に関する活性炭
17. ポリミキシンB固定化ビーズを利用したエンドトキシン吸着療法(内因性カンナビノイド吸着による低血圧の治療)
18. 肝補助システムとしてのカプセル化活性炭
このページのTOPへ