• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊バイオインダストリー 2002年9月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】 地球再生へ向けた植物バイオ

商品コード: I0209

  • 発行日: 2002年8月12日
  • 価格(税込): 4,860 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0910-6545
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集:地球再生に向けた植物バイオ

--------------------------------------------------------------------------------

-特集にあたって-
植物による工業原料生産の意義
Significance of Pruoduction of Industrial Materials by Plants

--------------------------------------------------------------------------------
新名惇彦(奈良先端科学技術大学大学院 バイオサイエンス研究科 教授 NEDOニューサンシャインプロジェクト リーダー)

 近年,先天性ならびに後天性の遺伝子疾患に対して,細胞内に正常な原因遺伝子を導入し治療を行う遺伝子治療が国内外で試みられている。遺伝子治療の鍵は,安全かつ高効率な遺伝子治療用ベクターの開発である。本稿では,現在研究対象となっている遺伝子治療用ベクターを概説し,特に,筆者らが取り組んでいるオリゴペプチドを基本骨格とした化学合成ベクターについて述べる。

【目次】
1. 禁断の実を口にした20世紀
2. 膨大な太陽エネルギー
3. 人類の救世主,遺伝子組換え技術
4. 植物による工業原料の生産
5. NEDOニューサンシャインプロジェクト


--------------------------------------------------------------------------------

多重遺伝子導入とDNA連結技術の開発
Introduction of Multiple Genes in Plants and Development of Sequential Connection of DNA Pieces on Solid Phase

--------------------------------------------------------------------------------
幸田勝典((株)豊田中央研究所 副研究員)
柴田大輔((財)かずさDNA研究所 植物遺伝子第2研究室 室長;奈良先端科学技術大学院大学 客員教授)

 高度な機能を持たせた遺伝子組換え作物を作り出すために,複数の遺伝子を植物に導入する研究が始まっている。従来の方法を利用して複数の遺伝子を導入することも可能であるが,効率よく目的を達成するために,長鎖DNAを植物に遺伝子導入する技術,DNA断片を効率よく連結する技術が開発されている。

【目次】
1. はじめに
2. 多重遺伝子導入の方策と問題点
2.1 交配による複数遺伝子の導入
2.2 逐次に遺伝子導入を行う方法
2.3 共形質転換法
2.4 単一ベクターを利用する方法
3. 多重遺伝子導入に適した植物用ベクター
4. DNA多重連結の方法
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

シロイヌナズナの遺伝子プロモーターの系統的解析
Systematic Analyses of Promoter Genes in Arabidopsis

--------------------------------------------------------------------------------
山川清栄(バイオテクノロジー開発技術研究組合)
河内孝之(奈良先端科学技術大学院大学)

 筆者らは,シロイヌナズナのプロモーター遺伝子を系統的に収集、・解析し,カタログ化することを目標としている。本稿では,その手順として,均一化cDNAライブラリーを用いたマイクロアレイ解析系の構築法,マイクロアレイ系を用いた器官特異発現遺伝子の特定法,ゲノムデータベースを利用したプロモーターの取得法,レポーター遺伝子を利用した発現解析法について詳述する。

【目次】
1. はじめに
2. 研究の概要
3. 均一化cDNAライブラリーの作製
4. cDNAライブラリーの配列情報解析とローカルデータベースの構築
5. cDNAマイクロアレイ系の構築
6. マイクロアレイ系を用いた植物器官高発現遺伝子の選抜
7. 器官高発現遺伝子のプロモーター領域のクローニングと一過性発現法による簡易活性検定
8. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

遺伝子組換えユーカリによるパルプ資源の増産
Production Increase of Pulp Resource by Genetically Modified Eucalytus Trees

--------------------------------------------------------------------------------
河津哲(王子製紙(株) 研究開発本部 森林資源研究所 上級研究員)
小山博之(岐阜大学 農学部 助教授)

 製紙産業はパルプ原料を安定的かつ持続的に確保する目的と環境に対する配慮から海外植林を進めている。この海外植林には高成長性とパルプ特性を考慮してユーカリが用いられることが多い。本稿では,ユーカリの組織培養・遺伝子組換え技術を紹介し,ユーカリの生産性向上を目的とした質的,量的改良について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. パルプ資源の現状
2.1 紙パルプの生産現状
2.2 森林資源の利用
2.3 世界のパルプ資源の利用現状
2.4 海外での植林の必要性
3. パルプ用材としてのユーカリ新品種開発
4. ユーカリの組織培養技術と遺伝子組換え技術
5. 新品種の開発の方向性
5.1 パルプ用材の質的改良
5.2 パルプ用材の量的改良
5.3 難溶性リン酸の可溶化能力の付与による酸性土壌耐性
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ダイズによる高度不飽和脂肪酸の生産
Production of Polyunsaturated Fatty Acid in Soybean

--------------------------------------------------------------------------------
水谷正子(サントリー(株) 先進技術応用研究所 研究員)
落合美佐(サントリー(株) 先進技術応用研究所 研究員)

 ダイズにおいて高度不飽和脂肪酸を生産させることを念頭において,植物における脂質合成,遺伝子組換え技術により植物の脂肪酸を改変した例を概観する。さらに,そのための戦略,特に高度不飽和脂肪酸生合成経路とそれに関わる遺伝子について述べるとともに,筆者らの行った遺伝子組換えによる高等植物の脂肪酸組成の改変についても紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 高等植物における脂質生合成経路
2.1 新規脂肪酸合成
2.2 脂肪酸の鎖長延長
3. 脂肪酸の質の改変
3.1 ラウリン酸生産ナタネ
3.2 高ステアリン酸含有ナタネ
3.3 高オレイン酸生産大豆
3.4 γ-リノレン酸生産植物
3.5 植物における超長鎖脂肪酸の生産
4. ダイズにおいて高度不飽和脂肪酸を生産するための戦略
4.1 真菌類の高度不飽和脂肪酸生合成系
4.2 海洋性細菌やラビリンチュラ類の高度不飽和脂肪酸合成系
5. 大豆による高度不飽和脂肪酸生産に向けて
5.1 γ-リノレン酸の生産
5.2 ジホモγ-リノレン酸の生産
6. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

病害抵抗性サツマイモの創出
A New Strategy of Microbial Methane/Methanol Conversion

--------------------------------------------------------------------------------
平井正名((株)豊田中央研究所 第37研究領域  リサーチリーダー)

 抗菌ペプチド遺伝子をサツマイモに導入し,病害抵抗性で腐りにくい新品種を創出する。病害抵抗性付与のために最適な性能をもつ抗菌ペプチド遺伝子をモデル植物であるシロイヌナズナに導入し,病害抵抗性が向上することを見出した。サツマイモへの遺伝子導入や病害抵抗性試験も実施中である。

【目次】
1. はじめに
2. 抗菌ペプチドの特徴
3. 病害抵抗性植物作出へ向けての抗菌ペプチドの問題点
4. 抗菌ペプチドの機能改良
4.1 ウサギCAP32(rCAP32)の選定
4.2 rCAP32の抗菌活性の増強
4.3 抗菌ペプチドの安定性の向上
5. 抗菌ペプチド遺伝子のシロイヌナズナへの導入と病害抵抗性の評価
6. 今後の展開


--------------------------------------------------------------------------------

ポリアミン合成酵素遺伝子による植物の環境ストレス抵抗性の改良
Improvement of Environmemtal Stress Torerance of Plants through Manipulation of Genes Encoding Polyamine Biosynthetic Enzymes

--------------------------------------------------------------------------------
春日部芳久((株)東洋紡総合研究所 研究員)
橘昌司(三重大学 生物資源学部 教授)

 クロダネカボチャ根由来のスペルミジン合成酵素遺伝子をシロイヌナズナに導入し,得られた形質転換体における導入遺伝子の発現と種々のストレス抵抗性について評価した。形質転換体は野生株に比べて,酵素活性とポリアミンレベルが高く,また,冷温,凍結,高塩,高浸透圧,土壌乾燥,パラコートに関する抵抗性が高かった。

【目次】
1. はじめに
2. ポリアミンの生合成
3. 植物の環境ストレス抵抗性とポリアミン
4. ポリアミン合成酵素遺伝子の取得と遺伝子発現の低温誘導性の確認
5. トランスジェニックシロイヌナズナの作製
6. 遺伝子導入の確認
6.1 導入遺伝子の発現
6.2 内生ポリアミンレベル
7. 環境ストレス耐性の評価
7.1 冷温および凍結ストレス抵抗性
7.2 塩ストレス抵抗性
7.3 浸透圧ストレス抵抗性
7.4 その他の環境ストレス抵抗性
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

アミノ酸ビジネス
Business of Amino Acid

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. アミノ酸ビジネスの拡大
2. 飼料用アミノ酸市場
3. 事業戦略
このページのTOPへ