• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊バイオインダストリー 2002年8月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

商品コード: I0208

  • 発行日: 2002年7月12日
  • 価格(税込): 4,860 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0910-6545
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

BIO REVIEW

--------------------------------------------------------------------------------

天然酵素触媒により合成した人口ヒアルロン酸
Aritificial Hyaluronic Acid Synthesized by Natural Enzyme Catalysis

--------------------------------------------------------------------------------
小林四郎(京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻 教授)
大前仁(京都大学大学院 工学研究科 材料化学専攻 助手)
三好照三(電気化学工業(株) 中央研究所 生化学研究部)

 近年,生理活性物質として重要な糖鎖の研究は,その合成・機能解析の両面において目覚ましく発展してきている。特に,生理的に不活性と言われていたヒアルロン酸が最近の研究により発生や形態形成に関わる重要な分子であることが次々と明らかにされ,ヒアルロン酸をめぐる研究はにわかに活発になってきた。本稿では,天然酵素を用いた非合成経路により最近達成されたヒアルロン酸人工合成の開発経緯,発酵法,微生物法との比較,応用展開についてその概要を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 開発の経緯
3. 発酵法および抽出法との比較
4. 応用展開
4.1 保湿性の応用
4.2 粘弾性の応用
4.3 生体適合性材料としての応用
4.4 薬理作用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

こんにゃく芋由来セラミドの食品素材としての機能性
The Function of an Edible Ceramido Extracted from the Tuber of Konjac

--------------------------------------------------------------------------------
向井克之(ユニチカ(株) 中央研究所 グループ長)

 こんにゃく芋に小麦,米糠など穀物類に比べてセラミドが極めて多く含まれることを発見し,こんにゃくセラミドの抽出・精製方法を確立した。さらに,このこんにゃくセラミドの摂食により,肌の潤いやかゆみも改善に効果があること,アトピー性皮膚炎の抑制に効果があることを確認し,美容素材・健康維持素材として有用であることを明らかにした。


【目次】
1. はじめに
2. セラミドとは
3. セラミドの抽出・精製とその性質
4. こんにゃくセラミドのヒト皮膚における保湿効果
5. こんにゃくセラミドの安全性
6. こんにゃくセラミドのアトピー性皮膚炎改善効果
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

DNA修飾ナノ微粒子を利用したSNPs解析
SNPs Analysis using DNA-modified Nanoparticles

--------------------------------------------------------------------------------
井原敏博(熊本大学 工学部 物質生命化学科 助教授)

 ポストゲノムの中心課題であるSNPs(一塩基多型)解析に関連して,近年様々な新しい手法が提案されている。中でも最近の超微粒子を用いる幾つかの手法を用いれば,そのユニークな様々な特性を利用して高感度かつ簡便なSNPタイピングが可能である。本稿では,微粒子素材に別に最近の関連研究を解説する。

【目次】
1. はじめに
2. DNA修飾金微粒子
3. DNA修飾タンパク
4. DNA修飾有機高分子(ラテックス)微粒子
4.1 検出原理
4.2 SNPs解析系
4.3 蛍光顕微鏡による観察
4.4 FRETの観察
5. その他の微粒子を用いた系
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

1分子DNAのPCR増幅
PCR Amplication of Single DNA Molecule

--------------------------------------------------------------------------------
桂進司(豊橋技術科学大学 エコロジー工学系 助教授)

 PCR法を簡単に適用しただけでは極微量のDNAを増幅することは困難である。そこで本稿では,PCR法により極微量DNAを増幅する場合の問題点について解説し,それを解決するための様々な試みについて紹介する。そして,筆者らが開発している逆ミセル系を用いた1分子PCR法についても併せて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 極微量からのDNA増幅の問題点と解決法
3. 微細反応器によるPCR増幅
4. 逆ミセルを用いたPCR増幅
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ホタルルシフェラーゼによる微生物迅速判別法
Rapid Detection of Food-borne Bacteria using Firefly Luciferase

--------------------------------------------------------------------------------
辰巳宏樹(キッコーマン(株) 研究本部 主任研究員)

 ホタルの発光反応を利用し,食中毒関連微生物を迅速に検出する試薬の開発を行った。遺伝子操作により,ホタルルシフェラーゼの熱安定性と抽出剤耐性を改良し,さらにビオチル化ルシフェラーゼを作製した。βガラクトシダーゼの基質であるルシフェリンガラクトシドを用いた大腸菌群検査試薬と,黄色ブドウ球菌が生産するプロテインAを生物発光酵素免疫測定により検出する黄色ブドウ球菌検査試薬を開発した。

【目次】
1. はじめに
2. ルシフェラーゼの改変
2.1 耐熱性ルシフェラーゼ
2.2 界面活性剤耐性ルシフェラーゼ
2.3 ビオチン化ルシフェラーゼ
3. 大腸菌群の測定
3.1 測定原理
3.2 LuGalを用いたβ-galの検出方法
3.3 感度試験
3.4 特異性試験
4. 黄色ブドウ球菌の測定
4.1 測定原理
4.2 BLEIAによるプロテインAの検出方法
4.3 感度試験
4.4 特異性試験
5. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

微生物利用による新メタノール変換技術
A New Strategy of Microbial Methane/Methanol Conversion

--------------------------------------------------------------------------------
坪田潤(大阪ガス(株)開発研究部 主任研究員)
山下信彦(大阪ガス(株) 開発研究部 シニアリサーチャー)
大久保都世((株)関西新技術研究所 フロンティア研究部 研究員)
阪井敦((株)関西新技術研究所 フロンティア研究部 主任研究員)
市村直也((株)関西新技術研究所 フロンティア研究部 主任研究員)
竹口昌之(沼津工業高等専門学校 物質工学科 講師)
蓮実文彦(沼津工業高等専門学校 物質工学科 教授)

 石油代替燃料として期待されるDMEの原料となるメタノールを,微生物を用いてメタンから効率的に生産・回収することを目的に,好熱性メタン質化性菌の単離および大量培養を行った。さらに担体に保持させた状態で気相バイオリアクターに充填して運転した結果,メタノールを生産・回収することに成功した。

【目次】
1. はじめに
2. メタン質化性菌研究の現状
3. 好熱性メタン質化性菌の単離と大量培養
4. 気相バイオリアクターの運転
5. 今後の課題


--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

バイオエタノール利用の自動車燃料市場
Market of Car Fuel using Biothanol

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. はじめに
2. バイオマス燃料
3. 自動車燃料への転用


--------------------------------------------------------------------------------

抗菌・抗カビ剤の市場
Market of Antibacterial and Antifungal Agents

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 抗菌剤の種類
3. 用途別需要動向
3.1 木材用(建築・土木用含む)
3.2 紙・パルプ用
3.3 繊維製品用
3.4 プラスチック用
3.5 接着剤・塗料・その他用
4. 抗菌剤メーカーの動向


--------------------------------------------------------------------------------

BIO PRODUCTS

--------------------------------------------------------------------------------

アラキドン酸

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 生産・市場動向
3. 需要動向
4. 価格


--------------------------------------------------------------------------------

難消化性デキストリン

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. 概要
2. 生産・市場動向
3. 需要動向
4. 価格
このページのTOPへ