• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊バイオインダストリー 2002年6月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

商品コード: I0206

  • 発行日: 2002年5月12日
  • 価格(税込): 4,860 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0910-6545
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

BIO REVIEW

--------------------------------------------------------------------------------

微生物由来カルシウム塩結晶制御タンパク質の機能解析
Functional Analyses of Calcium Salt Crystal-Controlling Proteins from Microorganism

--------------------------------------------------------------------------------
河原秀久(関西大学 工学部 生物工学科 助教授)
小幡斉(関西大学 工学部 生物工学科 教授)

 骨の老化である骨粗鬆症の疾病者数は,近年増加の一途である。骨粗鬆症の原因はエストロゲン分泌低下と腸管からからのカルシウム吸収低下などである。この予防のために,特定保健用食品やサプリメントなどが多く開発され,広く常用されている。このヒト骨形成と同じような現象が,他の生物種からも見出されている。ヒト体内や無脊椎動物,貝類などは,種々のカルシウム塩結晶化制御タンパク質・ペプチドを生産している。このタンパク質は,炭酸カルシウム塩,リン酸カルシウム塩やシュウ酸カルシウムなどの核発生を阻害するとともに,炭酸カルシウム塩やリン酸カルシウム塩の成長を促進する作用を有している。筆者らは,種々のカルシウム塩が多く存在する環境に棲息している微生物に着目し,その環境機能を有するタンパク質・ペプチドの構造および機能解析と人工骨調製の応用を試みた。本稿では,この試みの現状とその将来的な展望を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. カルシウム塩結晶制御活性物質スクリーニング
2.1 炭酸カルシウム塩結晶化抑制試験
2.2 リン酸カルシウム塩結晶化抑制試験
2.3 リン酸カルシウム塩結晶化成長試験(二次反応)
2.4 人工骨素材の応用試験
3. 食品微生物のカルシウム塩結晶制御能について
4. 自然界に棲息する微生物のカルシウム塩結晶制御能について
5. 細菌由来カルシウム塩結晶制御タンパク質・ペプチドの機能解析と応用
6. カルシウム塩結晶制御タンパク質の展望


--------------------------------------------------------------------------------

トマト色素「リコピン」の活性酸素(ペルオキシナイトライト)の消去
Studies on the Reaction of Peroxynitrute with Lycopene

--------------------------------------------------------------------------------
大嶽徹朗(静岡大学 農学部 修士課程2年)
衛藤英男(静岡大学 農学部 教授)

 生体内で生成するペルオキシナイトライトは,高い反応性を示し,タンパク質のニトロ化やLDLの過酸化など様々な生体傷害をを引き起こすことが報告されている。近年,このペルオキシナイトライトをカルテノイドが捕捉剤として働くことで注目されている。カロテノイドの1つであるリコピンによる,この消去機構について論じる。

【目次】
1. はじめに
2. ペルオキシナイトライトとは
3. α-トコフェロールとの反応
4. カロテノイドとの反応
5. リコピンとペルオキシナイトライトの反応
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

5-アミノレブリン酸(ALA)の低コスト発酵生産技術の開発
Developments of Low Cost Fermentation Technology for 5-Aminolevulinic Acid (ALA) Production

--------------------------------------------------------------------------------
佐々木健(広島国際大学大学院 工学研究科 物質工学 教授)
渡辺昌規(広島国際大学大学院 工学研究科 物質工学 講師)
田中亨(コスモ石油(株) 中央研究所 新分野開拓グループ)
田中徹(コスモ石油(株) 研究開発部 技術開発2グループ)

 光合成細菌異変株による5-アミノレブリン酸(ALA)の低コスト発酵生産法の確率について,経過と問題解決に焦点を当てまとめた。また,廃棄物からALAを生産するゼロエミッション技術についても記述した。さらに,植物生長促進剤としての農業分野での利用と,がん治療剤・診断薬としての医用部門とへの応用など,細菌のALAの用途開発についても総説する。

【目次】
1. はじめに
2. バイオ技術による低コスト生産法
2.1 微生物によるALAの生成
2.2 光合成細菌によるALAの生産
2.2.1 光照射培養によるALAの生産
2.2.2 好気培養によるALAの生産
2.2.3 遺伝子操作によるALAの生産
2.2.4 ALA化学合成
2.2.5 他の低コスト生産法
3. ALAの用途
3.1 農業用用途
3.2 医用用途
3.3 その他のALAの用途
4. 将来の展望


--------------------------------------------------------------------------------

核酸シャペロン機能を持つ高分子設計とSNPs解析への応用
Design of Polymer Material Having Nucleotide Chaperone Function and its Use in SNPs Detection

--------------------------------------------------------------------------------
丸山厚(東京工業大学大学院 生命理工学研究科 生体分子機能工学専攻 助教授;科学技術振興事業団 さきがけ21)

 テーラーメイドされたカチオン性高分子で,核酸ハイブリッドの安定化や,2重鎖と単鎖との交換反応の促進が可能となった。一塩基変異の有無を迅速かつ簡便に解析する方法としてこの高分子を利用した鎖交換法を応用した。この高分子は,ハイブリッド形成の中間体生成を促進し,核酸のホールディングを媒介するDNAシャペロンとして振舞うと考えられる。

【目次】
1. はじめに
2. ハイブリッド形成をより速く,より安定に
3. ハイブリッドの組換えを加速する
4. 鎖の交換を利用した一塩基変異解析
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

磁性体リポソームを用いた Drug Delivery System によるターゲット療法
Target Therapy using Magnetic Liposomes

--------------------------------------------------------------------------------
杉田孝(広島大学大学院 整形外科 助教授)
松尾俊宏(広島大学大学院 整形外科 助教授)
久保忠彦(広島大学大学院 整形外科 助教授)
村上照夫(広島大学 総合薬学科 助教授)
越智光夫(広島大学大学院 教授)

 DDSを利用した薬物治療の目的は,薬物を治療目的部位に集約させ効果的に作用させることである。この目的に従って薬物を封入した磁性体リポソームと磁場によるDDSを用い,腫瘍(骨肉腫)に対する化学療法,および骨欠損に対する骨形成因子を用いた骨新生の実験を行い,その治療効果を評価した。

【目次】
1. はじめに
2. 抗がん剤を封入した磁性体リポソームによる骨肉腫に対するターゲット療法
2.1 実験目的
2.2 材料と方法
2.3 結果
2.4 考察
3. 骨形成因子(BNP)を封入した磁性体リポソームによる骨欠損に対するターゲット療法
3.1 実験目的
3.2 材料と方法
3.3 結果
3.4 考察
4. 磁性体リポソーム
5. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

連載 活性炭の医薬への応用 -第I部-

--------------------------------------------------------------------------------

-第1回- 血液浄化法
Blood Purification

--------------------------------------------------------------------------------
高橋豊三(横浜市立大学 医学部 細菌学教室 助教授)
保坂圭(保坂内科小児科医院 院長)

 DDSを利用した薬物治療の目的は,薬物を治療目的部位に集約させ効果的に作用させることである。この目的に従って薬物を封入した磁性体リポソームと磁場によるDDSを用い,腫瘍(骨肉腫)に対する化学療法,および骨欠損に対する骨形成因子を用いた骨新生の実験を行い,その治療効果を評価した。

【目次】
1. はじめに
2. 血液浄化法(blood Purification)
2.1 血液透析法(hemodialysis ;HD)
2.1.2 透析器(dialyzer)
2.1.3 ブラッドアクセス(blood access)
2.1.4 抗凝固剤(anticoagulants)
(1)ヘパリン(heparin)
(2)低分子量ヘパリン(low molecular weight heparin;LMWH)
(3)メシル酸ナファモスタット(nafamosutat mesilate;NM)
(4)アルガトロバン(argatroban)
(5)クエンナトリウム(sodium citrate)
(6)プロスタグランジン(prostaglandin)
2.1.5 血液透析の評価(evaluations for hemodialysis)
(1)血中尿素窒素(BUN;blood urea nitrogen)
(2)タンパク異化率(PCR;protein catabolic rate)
(3)標準化透析量(Kt/V)

--------------------------------------------------------------------------------

BIO BUSINESS

--------------------------------------------------------------------------------

生物農薬の市場
Market of Biological Agents in Agriculture

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. はじめに
2. 生物農薬の市場
3. 製品化動向
4. 企業動向
このページのTOPへ