• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊機能材料 2004年1月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】 液晶材料の開発と展望

商品コード: M0401

  • 発行日: 2003年12月5日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0286-4835
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集:液晶材料の開発と展望

--------------------------------------------------------------------------------

液晶のナノ超構造と機能発現
Supramoleculer Nanostructures in Liquid Crystals and Their Novel Function

--------------------------------------------------------------------------------
横山浩((独)科学技術振興機構 横山液晶微界面プロジェクト;(独)産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門)
J.H.Kim((独)科学技術振興機構 横山液晶微界面プロジェクト)
新居輝樹((独)科学技術振興機構 横山液晶微界面プロジェクト)
山本潤((独)科学技術振興機構 横山液晶微界面プロジェクト)
米谷慎((独)科学技術振興機構 横山液晶微界面プロジェクト)

 ナノメートル領域は,分子からスタートして,液晶が”液晶らしさ”を獲得する重要な空間スケールである。液晶の本質を知り,機能材料としての新たな展開をもたらすには,液晶の源流であるナノ領域に分け入って,柔らかさと秩序の微妙なバランスが織り成す,多様で階層的ナノ構造にじかに触れなくてはならない。本稿では,微界面をキーコンセプトとして進めているナノ超構造液晶へのアプローチの一端を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 微小界面の制御による液晶ナノ構造の生成と機能
2.1 微界面によるナノ構造液晶
2.2 微界面による配向の多重安定性
2.3 6回対称パターンによる三安定性
3. ボトムアップに生成するナノ構造液晶
3.1 BLT液晶
3.2 BLT液晶の特異な相図
3.3 超分子キラリティー
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

AM-LCD用含フッ素縮合環系液晶
Fluorinated Liquid Crystals of Fused Ring Systems for Active Matrix LCD

--------------------------------------------------------------------------------
高津晴義(大日本インキ化学工業(株) 液晶材料技術本部 技術本部長業)

 M-LCD用液晶として開発した,デカヒドロナフタレン環,テトラヒドロナフタレン環,ナフタレン環を有する含フッ素縮合環系液晶化合物は,従来の液晶より△nと△eの調整可能範囲が広く,相溶性が優れている。これらの新しいシリーズの液晶の合成と物性およびその応用について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 縮合環系液晶化合物の合成
2.1 デカヒドロナフタレン系液晶化合物
2.2 テトラヒドロナフタレン系液晶化合物
2.3 ナフタレン系液晶化合物
3. 縮合環系液晶化合物の物性
3.1 N-1転移温度
3.2 屈折率の異方性(△n)
3.3 誘電異方性(△e)
4. 縮合環系液晶の特徴
4.1 ネマチック液晶温度範囲
4.2 屈折率の異方性(△n)
4.3 誘電異方性(△e)
4.4 粘性
5. 縮合環系液晶の応用
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

刺激や環境に応答する新しい液晶性分子複合体の構築
Development of Novel Liquid-Crystalline Complexes Responsive to Stimuli and Environment

--------------------------------------------------------------------------------
西井雅之(東京大学大学院 工学系研究科 化学生命専攻 博士課程2年)
加藤隆史(東京大学大学院 工学系研究科 化学生命専攻  教授)

 液晶の動的な特性や異方的な集合構造を,それぞれ(1)水素結合性結晶と疎水性分子,(2)両親媒性液晶とイオン性液体,(3)液晶とナノファイバーの複合化により構築した新しい機能性分子材料について述べる。分子構造あるいは分子間相互作用の精密な設計・制御により,ナノからマイクロメートルスケールの”相分離構造”を有する液晶性分子集合体が得られた。これらの複合体は,刺激や環境に対する応答性や,異方的イオン伝導性,光散乱型表示機能といった高度な特性を示した。

【目次】
1. はじめに
2. 環境応答性超分子液晶
3. 異方的イオン伝導体:イオン性液体と液晶分子の集合体
4. 液晶物理ゲル:自己組織性ファイバーと液晶分子の複合体
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

バナナ形液晶における極性とキラリティー
Polarity and Chirality in Banana-shaped Mespgens

--------------------------------------------------------------------------------
竹添秀男(東京工業大学大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 教授)

 常識的でないところからしばしばおもしろい科学が生まれる。棒状でも円盤状でもない屈曲型の分子が液晶状態を作ったとき(バナナ形液晶),一見,常識では考えられないことが次々と発見された。極性とキラリティーは液晶の科学の中では大きなトピックスである。本稿では,バナナ形液晶がこれらのトピックスにいかに大きなインパクトを与えたかを紹介したい。

【目次】
1. はじめに
2. スメクチック層間の分極相関と傾き相関
3. 極性の観点から
4. キラリティーの観点から
4.1 液晶版パスツールの実験
4.2 棒状キラル液晶系へのアキラルバナナ型液晶の添加効果
4.3 キラル非線形光学効果
5. 層構造の観点から
5.1 極性構造の散逸が層変調を誘起-B7相の構造-
5.2 円形ドメインの層構造
5.3 バナナ形液晶ドープによる反強誘電性の安定化
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

構造色-コレステリック液晶が創る美しい昆虫色
Structural Colors-Beautiful Colors in Beetles sre due to Cholesteric Helicoidal Structure

--------------------------------------------------------------------------------
渡辺順次(東京工業大学大学院 理工学研究科 誘起・高分子物質専攻 教授)

 生物は,ときおり神秘的なほど深く,美しい発色を示す。コガネムシ,カナブン,タマムシなどの昆虫の翅はその代表的なものであり,古くから美術工芸品として利用されてきた。あの美しい色が液晶による構造色であるといえば,皆さん驚かれることと思う。実際には液晶ではなく,液晶の特異な構造が-コレステリック液晶のらせん構造が-固化したものである。

【目次】
1. はじめに
2. 構造色の人工創成をめざす
3. 美を演出するコレステリック液晶
4. 生体中の棒状高分子はコレステリック液晶を形成する
5. 生体組織にはらせん構造がいっぱいみられる
6. らせんは単なる偶然の産物か?
7. 人工の玉虫フィルムを作ってみた


--------------------------------------------------------------------------------

二量体スーパー分子が形成する多彩な液晶相
Various Liquid-crystalline Phases produced by Dimeric Supermolecules

--------------------------------------------------------------------------------
吉澤篤(弘前大学 理工学部 物質理工学科 教授)
西山伊佐((独)科学技術振興機構 横山液晶微界面プロジェクト 研究員)

 私たちは従来の液晶分子設計とは異なる指針で新しい系,スーパーに量体液晶の研究を行い,今までの液晶相とは異なる秩序が発現することを見つけた。本稿では,コアの協同的運動を増幅させるために設計したU字型液晶,層間の分子の入り込みと層間のコア間の相互作用を拮抗させる非対称二量体液晶,さらにキラルに量体液晶が形成する新しい転移挙動を解説する。


【目次】
1. はじめに
2. U字型分子の設計と相転移挙動
3. 非対称二量体液晶の混合物が形成する新規なフラストレート相
4. キラル二量体液晶が形成する新しい相転移挙動
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

2次元の液晶状態:ラングミュア膜液晶の不思議な世界
Two-dimensional Liquid Crystals in Langmuir Monolayers

--------------------------------------------------------------------------------
多辺由佳((独)産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門 主任研究員)
横山浩((独)産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門 部門長)

 熱平衡状態にあるラングミュア膜の2次元液晶には,自発的な縞状パターン形成や高次点欠陥が観察される。また,光異性化分子で構成された液晶単分子膜を光り励起すると,バルクではみられない光誘起配向波が発生・伝播する。これはいずれも,上下の対称性の破れと液晶配向場の結合による,ラングミュア膜液晶特有のものである。

【目次】
1. ラングミュア膜の2次元液晶
2. 自発的なパターン形成
2.1 ストライプ構造
2.2 高次の点欠陥
3. 光誘起非平衡ダイナミクス
3.1 縞構造の非対称再配向
3.2 配向波の発生と伝播
4. ラングミュアなく液晶の電場応答
4.1 電場に対する応答時間の測定
4.2 回転粘性測定と自発分極の決定
4.3 2次元の双極子平均場
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

発光性と液晶性の融合をめざした高分子の設計と制御
Dsign and Control of Polymers with Luminescence and Liquid Crystallinity

--------------------------------------------------------------------------------
赤木和夫(筑波大学 物質工学系 学際物質科学研究センター長;教授)

 共役系高分子の側鎖に液晶基を導入した液晶性共役系高分子を合成した。液晶性を利用して高分子を巨視的に配向させ,電気的異方性や直線偏光発光性を発現させた。次に,液晶性とらせん構造をあわせもつ共役系高分子を合成した。液晶性に基づく直線偏光性とらせん構造に基づく円偏光二色性を利用して,直線偏光発光および円偏光発光(キラル発光)を有する新しい高分子発光材料を開発した。

【目次】
1. はじめに
2. 液晶性共役系高分子
2.1 合成
2.2 磁場配向
2.3 偏光顕微鏡観察
2.4 X線回析測定
2.5 偏光吸収スペクトル測定
2.6 発光性
2.7 偏光蛍光スペクトル測定
2.8 分子配向性
2.9 電気的異方性
3. らせん状液晶性共役系高分子
3.1 液晶性ポリパラフェニレン誘導体とキラルドーパント
3.2 側鎖にキラル置換基をもつポリパラフェニレン誘導体
4. コポリマー型らせん状液晶性共役系高分子
5. おわりに
このページのTOPへ