• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2006年7月号

【特集】 新農薬開発2006

商品コード: F0607

  • 発行日: 2006年6月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

目次

特集:新農薬開発2006

--------------------------------------------------------------------------------

新農薬の開発動向
Development Trend of New Agrochemicals

--------------------------------------------------------------------------------
岡田至(アグロカネショウ(株) 研究部 合成研究室 室長;主席研究員)

 2004~05年に商品化された主要合成農薬を表にまとめた。また,現在開発中の農薬を除草剤,殺菌剤,殺虫剤および殺ダニ剤に分類して紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 2004~05年に商品化された主要合成農薬
3. 開発中の新農薬
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

新規殺ダニ剤シフルメトフェン
A New Miticide, Cyflumetofen

--------------------------------------------------------------------------------
高橋宣好(大塚化学(株) 鳴門研究所 合成グループリーダー)

 シフルメトフェン(一般名)は,大塚化学において筆者らにより創製された独自骨格を有する新規殺ダニ剤であり,果樹,果菜,チャおよび花き類を加害するハダニ類に対して優れた防除効果を示す。本稿ではシフルメトフェン発見の経緯を中心に,安全性,製造プロセス,作用特性などについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 研究の経緯
2.1 リード化合物の発見
2.2 最適化とシフルメトフェンの選抜
3. シフルメトフェンの性状
4. シフルメトフェンの安全性
5. 製造プロセス
6. シフルメトフェンの作用特性
6.1 活性スペクトラム
6.2 ステージ別効果
6.3他剤との交差抵抗性 
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ベンズアニリド系殺菌剤の変遷 ―carboxinそしてmepronil,flutolanilからpenthiopyrad,boscalidへ―
History of Benzanilide Fungicides

--------------------------------------------------------------------------------
汲田泉(日本曹達(株) 小田原研究所 研究管理部 主席)

 殺菌剤の宿命として,抵抗性菌の発現がある。ある時代を画した化合物も,ピークを過ぎて過去の化合物とみなされていく。常に新しい作用機作を有する殺菌剤が求められるゆえんでもあるが,そのハードルはますます高くなってきている。最近,過去の系統だと思われていたコハク酸脱水素酵素阻害の殺菌剤が,新たな特性をもった新規殺菌剤として開発された。

【目次】
1. はじめに
2. 作用機作
3. カルボキシン,オキシカルボキシン
4. メプロニル,フルトラニル
5. フラメトピル(S-658)
6. BC-340,BC-723―スペクトラムの拡大を求めて―
7. ボスカリドおよびペンチオピラド
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ファインケミカル事業におけるプロセス研究の一例
Process Research in Fine Chemical Business

--------------------------------------------------------------------------------
梅津一登(イハラケミカル工業(株) 第二化成品事業部 第三グループ 主事)
木村芳一(イハラケミカル工業(株) 研究開発部 取締役研究開発部長)

 ファインケミカル事業において有機合成化学の果たす役割は,所望の構造を有する化合物の合成,それらを経済的に製造できるルート開発に加え,工業生産を念頭に置いたプロセス研究がある。本稿では,除草剤ピリミノバックメチルのプロセス研究に焦点を当て,新規に開発した合成ルートを工業化可能なプロセスに仕上げた経緯を述べる。

【目次】
1. はじめに
2. ピリミノバックメチルの探索ルート研究
3. 初期のルート研究 
4. プロセス研究(改良法の開発)
4.1 改良S-1:ベンジル化
4.2 改良S-2:ジメチルアセタール化
4.3 改良S-3:リチエーション
4.4 改良S-4:脱保護
5. 通し実験とスケールアップ
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

新しい含複素環農薬への化学的アプローチ
Discovery of Novel Heterocyclic Agrochemicals by Chemorational Approach

--------------------------------------------------------------------------------
実光穣(東京農業大学 応用生物科学部 生物応用化学科 教授)

 これまでに,複素環化合物の中から数多くの新しい農薬活性物質が見いだされてきた。活性への手がかりとなるシーズの発見と,その構造をもとに高性能化された最適化合物への展開に,ヘテロ環化学を重点に置いた化学的アプローチ(Chemorational approach)が多大な貢献を果たした。本稿では,カロチノイドの生合成を阻害する除草剤の探索に焦点を当てながら,本アプローチについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 農薬の探索手法について
3. Chemorational approachについて
4. イミノチアゾリン系除草剤の発見
4.1 リードジェネレーション
4.2 リードオプティマイゼーション
4.2.1 ドラッグデザイン
4.2.2 ヘテロ環合成に関して
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

リアノジン受容体作動剤(アゴニスト)
―将来有望な殺虫剤の新規グループ―
Ryanodine Receptor Agonists―A New Group of Promising Insecticides

--------------------------------------------------------------------------------
ロブ・ブライアント(Agranova Director)
松下考(訳)(ACAアグロケミカルサービス)

 本稿は,イギリスのAgranova社が2006年4月に発行した『Ag Chem New CompoundReview Vol―24,2006』よりの抜粋・要約である。このレポートは,新規の農薬化合物,生物製剤ならびに技術の進展を要約し,1982年以降毎年発行されており,世界の農薬化合物の最新の開発状況が参照できる。06年版では,05年版の情報を充実・最新化するとともに,過去1年間に公表された40以上の新規農薬化合物を追加し,ほかに新規農薬の製造法の検討,特許情報などにも言及している。

【目次】
1. 植物由来物質の有用性
2. 新規殺虫剤


--------------------------------------------------------------------------------

研究開発情報

--------------------------------------------------------------------------------

非水分散樹脂による化学反応を伴わない擬似硬化
Pseudo―curing System by NAD without Chemical Reaction

--------------------------------------------------------------------------------
高野橋義則(ロックペイント(株) 技術部 次長)

 溶剤の揮発と同時にその溶剤に再溶解しない塗膜を形成する非水分散樹脂塗料。化学反応を伴わない擬似硬化機構の導入により,耐溶剤性の発現する温度依存性が少なく,短時間で塗料のリコートに耐えうる塗膜を形成する。本塗膜形成過程および形成後の塗膜からは,アルデヒド類の放散がない。またVOC削減効果があるので,塗装工期の短縮と環境対策が同時に図れる。

【目次】
1. はじめに
2. 従来の非水分散樹脂塗料
3. 従来の非水分散樹脂塗料の硬化機構
4. 本NAD樹脂塗料の硬化機構
5. 本NAD樹脂塗料の硬化速度
6. 本NAD樹脂塗料のVOC削減効果と粘度の温度依存性
7. 本技術の応用例
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

NW酸
(NW Acid)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

水素化ナトリウム
(Sodium hydride)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

1,4―ジアミノブタン
(1,4―Diaminobutane)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

2―アミノピリジン
(2―Aminopyridine)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

コラム:技術雑記(第13話)

--------------------------------------------------------------------------------

近代火薬のはじまり

--------------------------------------------------------------------------------
永田宏二


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
海外編
国内編
このページのTOPへ