• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2005年7月号

  • ※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
    https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php
※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】 農薬の最新開発動向

商品コード: F0507

  • 発行日: 2005年6月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集:農薬の最新開発動向

--------------------------------------------------------------------------------

新農薬の開発動向
Development Trend of New Agrochemicals

--------------------------------------------------------------------------------
シーエムシー編集部

 除草剤ピリミスルファン,殺虫剤フルベンジアミド,殺虫剤メタフルミゾン,殺虫剤コルト,殺ダニ剤シフルメトフェン,殺菌剤KUF-1204/KIF-7767,殺菌剤アミブロムドール/アミスルブロム,殺菌剤ペンチオピラド,以上8 剤について,特許情報などをもとに概要,製法をまとめた。

【目次】
1. ピリミスルファン
2. フルベンジアミド
3. メタフルミゾン
4. コルト
5. シフルメトフェン
6. KUF-1204/KIF-7767
7. アミブロムドール/アミスルブロム
8. ペンチオピラド


--------------------------------------------------------------------------------

殺虫剤チアクロプリドの開発
Development of thiacloprid

--------------------------------------------------------------------------------
盛家晃一(バイエルクロップサイエンス(株)  研究本部 合成研究部 部長)

 バイエルクロップサイエンスが開発したバリアード1)(一般名:チアクロプリド)は,新規なクロロニコチニル系殺虫剤である。本剤は代表的なクロロニコチニル系殺虫剤であるアドマイヤー(一般名:イミダクロプリド)と同様に,半翅目害虫や鞘翅目害虫に高い活性を示す。さらに,鱗翅目害虫にも実用濃度で高い防除効果を示す。また,哺乳類や魚類に対してはもとより,温室内で花粉交配に使われるハチ類に対しても,安全性の高い殺虫剤である。本稿ではバリアード創製の経緯とともに,生物活性などを紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 創出の経緯
3. チアクロプリドの合成
4. チアクロプリドの性状と安全性
5. 有効害虫スペクトラム
6. ハチ類に関する安全性
7. 作用性
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

殺菌剤シメコナゾール
A New Fungicide,Simeconazole

--------------------------------------------------------------------------------
伊藤寛之(三共アグロ(株)  農業科学研究所 主任研究員)
竹柴英雄((株)ケムテック ラボ化学第1部 主席研究員(元・三共アグロ(株) 農業科学研究所))

 シメコナゾールは,三共アグロが創製・開発したアゾール系殺菌剤である。高活性,広スペクトラムで,浸透移行性が高く,作物に対する安全性が高いため,水面施用でイネ紋枯病に卓効を示し,茎葉散布で果樹・野菜などの病害にも高い効果を示す。また,他の薬剤との相乗効果が確認されており,この特徴を生かした混合剤も開発されている。

【目次】
1.  はじめに
2. シメコナゾールの発見と誘導体展開
2.1 シメコナゾールの発見
2.2 トリメチルシリルアルキル基の展開
2.3 水酸基のシアノ置換体の展開
3. シメコナゾールの効率的な合成法の検討
3.1 トリメチルシリルメチルセリウム試薬の反応
3.2 末端にトリアゾール基を有するアセトフェノンへのグリニャール反応の検討
3.3 ハロヒドリンへのトリアゾールの付加反応の検討
4. シメコナゾールの作用機構と作用特性
4.1 シメコナゾールの作用機構
4.2 シメコナゾールの作用特性
5. シメコナゾールの性状と安全性
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

殺菌剤シフルフェナミド
A New Fungicide,Cyflufenamid

--------------------------------------------------------------------------------
笠原勇(日本曹達(株) 高機能材料研究所 有機材料研究部 部長)

 シフルフェナミド(一般名)は日本曹達において筆者らにより発明された独自骨格を有する新規殺菌剤である。各種うどんこ病に対してきわめて低濃度で優れた防除効果を示し,また優れた残効性を有する。国内ではDMI剤トリフルミゾールとの混合剤(パンチョTF)として開発を進め,2003年12月より販売を開始している。本稿では,シフルフェナミド発見の経緯を中心に,生物特性,製造方法などについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 研究の経緯
2.1 リード化合物の発見
2.2 研究の見直し
2.3 構造と効力
3. シフルフェナミドの構造
4. シフルフェナミドの殺菌活性および作用機作
5. シフルフェナミドの性状
6. シフルフェナミドの安全性
7. シフルフェナミドの製造プロセス
8. 開発状況(今後の展望)
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

除草剤ベンゾビシクロンの創製
Discovery and Development of a New Paddy Herbicide,Benzobicyclon

--------------------------------------------------------------------------------
小松原憲一((株)エス・ディー・エスバイオテック 技術開発部 つくば研究所長)

 ベンゾビシクロン(一般名)は,(株)エス・ディー・エスバイオテックにおいて筆者らにより発見・開発された新規な白化型水稲用除草剤である。本剤は,水田における有害雑草に対する幅広い殺草スペクトラムと除草効果の長期持続性,とりわけイヌホタルイやスルホニルウレア系除草剤抵抗性雑草に対する卓効を特長とし,2001年の農薬登録取得後,数多くの混合剤が開発上市されている。

【目次】
1. はじめに
2. ベンゾビシクロン創製の経緯
2.1 初期リード化合物の創製
2.2 リード化合物の展開
2.3 候補化合物のベンゾビシクロン
3. ベンゾビシクロンの性状と安全性
4. ベンゾビシクロンの作用特性
4.1 ベンゾビシクロンの除草特性
4.2 ベンゾビシクロンの作用機構
5. 製造法検討
5.1 効率的なBOD合成ルート
5.2 BODとCMSBAのカップリング反応
5.3 工業的製造法
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

除草剤ペントキサゾンの開発
Development of a Paddy Herbicide,Pentoxazone

--------------------------------------------------------------------------------
平井憲次((株)相模中央化学研究所 創薬化学グループ 副理事長・所長)
堀正大(科研製薬(株) 取締役・特薬企画部長)

 科研製薬が開発したペントキサゾンは,新規なオキサゾリジンジオン系の環状イミド型除草剤である。本剤は,水田一年生雑草のヒエ類および種々の広葉雑草に効果があり,特にヒエに対する優れた防除効果と長期残効性および移植水稲に対する高い安全性から,移植前後土壌処理や田植同時処理が可能な初・中期一発処理剤として開発された。本剤はスルホニルウレア系除草剤(SU剤)抵抗性雑草にも卓効を示し,現在では単剤やSU剤ならびにカヤツリ剤との混合剤など16品目(27製剤)が上市されている。

【目次】
1.  はじめに
2.  ペントキサゾン開発の経緯
2.1 リード化合物の発見
2.2 リードからの構造展開
2.3 ペントキサゾンの選抜
3. ペントキサゾンの製造
3.1 5-イソプロピリデン-1,3-オキサゾリジン-2,4-環の構築
3.2 N-(4-クロロ-5-シクロペンチルオキシ-2-フルオロフェニル)カルバミン酸エチルの合成
4. ペントキサゾンの性状と物性
5. ペントキサゾンの安全性
6. 水田用除草剤としての特性
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

ポリ-p-ビニルフェノール
Poly-p-vinylphenol

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

トリメチルアルミニウム
Trimethyl aluminum

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

メトキシブタノール
Methoxy butanol

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

リリーアルデヒド
Lilly aldehyde

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

コラム:技術雑記(第1話)
兄弟のはなし

--------------------------------------------------------------------------------
永田宏二(東京都技術アドバイザー)


--------------------------------------------------------------------------------

空への端緒
日本の空への端緒と飛行船事情

--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
海外編
国内編
このページのTOPへ