• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2004年10月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報 】

商品コード: F0410

  • 発行日: 2004年9月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】

--------------------------------------------------------------------------------

近赤外線吸収色素YKRシリーズ
Near Infrared Ray Absorbing Dye,YKR Series

--------------------------------------------------------------------------------
熊谷洋二郎(山本化成(株) 研究開発部 メディア材料グループ主管研究員;グループリーダー)

 近赤外線吸収色素とは700〜2000nmの近赤外線領域に吸収を有する色素で,光を熱に変換する能力あるいは特定の光を選択的に吸収する能力がある。これらの能力によりいろいろな用途に応用されている。当社では光記録材料(CD-R),CTP用光熱変換材を中心に,新しい用途に対してフタロシアニン化合物およびシアニン化合物について開発・研究を行ってきた。本稿では当社が開発したYKR シリーズを中心に,具体例,合成方法,および用途についていくつか紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 近赤外線吸収色素とその製造法
2.1 フタロシアニン化合物
2.2 シアニン化合物
2.3 その他
3. 近赤外線吸収色素を使用する用途
3.1 光記録媒体
3.2 サーマルCTP
3.3 フラッシュ定着
3.4 植物成長調整用フィルム
3.5 有機太陽電池
3.6 PDP用近赤外線吸収フィルター
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

アルキルホスフィン誘導体の展開
Production and Future Development of Alkylphosphine Derivatives

--------------------------------------------------------------------------------
杉矢正(日本化学工業(株) 有機事業本部 有機研究部 第一グループ マネージャー)

 アルキルホスフィンの合成は,文献などでは古くからいろいろな方法が報告されているが,反応の多様性,シンプルな製造プロセスなどから,ホスフィンガスを原料にする方法が工業的には最も優れている。近年,1級・2級ホスフィン,二座配位ビスホスフィンの工業的な製造方法も確立され,あらゆる構造のアルキルホスフィン化合物の大量供給も可能となっている。今後は,アルキル,アリール,ピリジルなど異なる種類の置換基を有するホスフィン化合物の工業的な製造技術が求められる。日本化学工業におけるアルキルホスフィン製造技術と今後の展望について述べる。

【目次】
1. 開発の経緯
2. アルキルホスフィンの合成
3. アルキルホスフィンの用途
3.1 Witting Reaction
3.2 Staudinger Reaction
3.3 Mitsunobu Reaction
3.4 Hydroformylation
3.5 Hydrogenation
3.6 Olefin Metathesis
3.7 Coupling Reactions
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

副作用の少ない新規抗癌剤の開発―DNAをターゲットとした新たな光線力学療法剤―
Development of Selective Antitumor Agents―DNA Targeted Drugs for Photodynamic Therapy―

--------------------------------------------------------------------------------
戸嶋一敦(慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 教授)

 光学活性体を得る新技術を確立した。本技術は蒸留技術と分子認識を組み合わせた光学分割技術であり,工業規模で実証した。従来の光学分割法,パイオ法,不斉合成法,キラルプール法などとは異なる特徴をもっている。

【目次】
1. はじめに
2. 糖-インタ-カレーター複合型人工DNA相互作用分子の分子デザイン
3. キノキサリンのDNA光切断
4. 糖-キノキサリン複合型人工DNA相互作用分子の化学合成
5. 糖-キノキサリン複合型人工DNA相互作用分子のDNA光切断
6. 糖-キノキサリン複合型人工DNA相互作用分子の細胞内DNA光切断
7. 糖ーキノキサリン複合型人工DNA相互作用分子の抗細胞活性


--------------------------------------------------------------------------------

水溶性高分子の化粧品への応用
Water-soluble Polymer for Cosmetics

--------------------------------------------------------------------------------
金田勇((株)資生堂 マテリアルサイエンス研究センター 主任研究員)

【目次】
1. はじめに
2. アセチル化ヒアルロン酸の保湿剤としての応用
3. サクシノグリカンの化粧品増粘剤としての応用
4. 寒天の化粧品への応用
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------
世界の新薬2003
--------------------------------------------------------------------------------

世界の新薬2003(2)

--------------------------------------------------------------------------------
村上尚道

【目次】
3. 合成法新薬各論―その2
(6) Bortezomib (Millennium Phamaceuticals)
(7) Carglumic acid (Orphan Europe)
(8) Emtricitabine (Gilead Sciences)
(9) Enfuvirtide (Roche/Trimeris)
(10) Fosamprenavir (Glaxo Smithkline)
(11) Fosfluconazole (Pfizer)


--------------------------------------------------------------------------------

マーケット情報

--------------------------------------------------------------------------------

紙・パルプ用化学薬品工業の市場動向
Market Trend on Paper Chemicals

--------------------------------------------------------------------------------
 2002年の紙および板紙の生産は,国内経済情勢の低迷により全般的に低水準で推移し,これを反映して紙薬品需要も全体的に減少となった。しかし古紙の再利用率のアップにより紙力増強剤などが堅調で,この傾向は今後も続くものとみられる。

【目次】
1. パルプ,紙・板紙の生産概要
2. パルプ,紙・板紙用薬品の需要動向
2.1 パルプ用薬品
2.2 古紙処理行程用薬品
2.3 抄紙行程用薬品
2.4 二次加工用薬品
2.5 紙行程障害抑制薬品
3. メーカー動向


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

1,3-プロパンジオール
1,3-Propanediol

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

N,N-ジアルキルアミノエチルアミン
N,N-Dialkylaminoethylamine

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

サリチルアルデヒド
Salicyl aldehyde

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

塩化第2スズ
Stannic chloride

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------
ニュースダイジェスト
--------------------------------------------------------------------------------
海外編
国内編
このページのTOPへ