• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

機能性アミノ酸・ペプチドの技術と市場

  • Functional Amino Acid & Functional Peptides-Technology & Marketing-
★睡眠改善,神経伝達物質,抗疲労,脂肪燃焼,保湿などアミノ酸の健康機能を解説
★血圧降下,抗酸化,コレステロール代謝改善,リウマチ改善など様々な機能性ペプチドを解説
★機能性アミノ酸や機能性ペプチドの市場動向を解明

商品コード: S0776

  • 監修: シーエムシー出版
  • 発行日: 2012年7月
  • 価格(税込): 81,000 円
  • 体裁: B5判,210ページ
  • ISBNコード: 978-4-7813-0625-4
こちらの書籍については、お問い合わせください。

この本のカタログを見る

この本のサンプルを見る

  • スポーツサプリメント/抗疲労/神経伝達物質/睡眠改善/脂肪燃焼/旨味成分/血圧調節/ミネラル吸収促進/コレステロール代謝改善/トクホ/化粧品

刊行にあたって

アミノ酸は,生体内ではタンパク質の構成成分となっているが,その機能を利用した多様な用途の商品開発が行われてきた。アミノ酸の利用価値を大きく分けると,呈味成分,栄養成分,薬理機能,反応性の利用などがある。
一方,アミノ酸がつながった状態の物質であるペプチドは,タンパク質中では不活性だが,消化管での消化の過程で独自の生理活性機能を発揮するものがある。これが機能性ペプチドである。生体内に入ったペプチドはタンパク質に比べ消化吸収のピードが速く,スムーズに栄養を吸収できる。
ペプチドの持つ機能には,血圧調節,ミネラル吸収促進,コレステロール調節,免疫調節,など多彩なものがある。トクホの品目のうち,ペプチドを関与成分とする品目は18%近くを占めている。
ところで,アミノ酸は,体タンパク質や酵素などのタンパク質の合成素材として利用されるだけでなく,多くの生理活性物質の素材としても利用される。アミノ酸の一部が変化して生理作用を発揮するものや,アミノ酸が幾つか結合したペプチドとして機能するものがある。生体内の代謝を司る多くの酵素もアミノ酸からなるポリペプチドであり,成長ホルモンやインスリンなどもアミノ酸から合成される。また,セロトニンなど体内で脳内神経伝達物質に変化するものある。
本書は,これら機能性アミノ酸,機能性ペプチドについて,最先端でご活躍中の先生方にご執筆いただくとともに最新の応用製品や需要などの市場動向を解説した。
本書が機能性アミノ酸・ペプチド,ひいては日本の食品産業の発展に貢献できれば幸いです。

2012年6月
シーエムシー出版編集部  

著者一覧

加藤久典   東京大学 総括プロジェクト機構「食と生命」総括寄付講座 特任教授
村上太郎   至学館大学 健康科学部 栄養科学科 教授
山田貴史   中部大学 応用生物学部 助手
横越英彦   中部大学 応用生物学部 教授
西村明仁   協和発酵バイオ(株) ヘルスケア商品開発センター 学術研究企画室 マネジャー補佐
大倉冬美恵  味の素(株) バイオ・ファイン研究所 素材開発研究室 香粧品グループ
瀧野嘉延   味の素(株) バイオ・ファイン研究所 素材開発研究室 香粧品グループ 主任研究員
有原圭三   北里大学 獣医学部 食品機能安全学研究室 教授
大畑素子   北里大学 獣医学部 食品機能安全学研究室 助教
齋藤忠夫   東北大学大学院 農学研究科 教授
村本光二   東北大学 大学院生命科学研究科 生命素子機能分野 教授
水道裕久   サンスター(株) 新規素材活用事業開発プロジェクト プロジェクトリーダー

目次

【技術編】
第1章 アミノ酸の機能
1 はじめに
2 アミノ酸の化学と種類
2.1 アミノ酸の構造
2.2 タンパク質の翻訳に使われるアミノ酸
2.3 タンパク質の翻訳に使われないアミノ酸
2.4 アミノ酸様物質
3 アミノ酸機能の多様性
4 呈味物質としてのアミノ酸
5 アミノ酸の生体調節機能

第2章 アミノ酸系スポーツサプリメントの作用―アミノ酸やたんぱく質による筋肉たんぱく質の合成促進―
1 はじめに
2 アミノ酸による筋肉たんぱく質合成の促進
3 運動による筋肉たんぱく質合成の促進
4 レジスタンス運動とアミノ酸による筋肉たんぱく質合成の促進
5 筋肉たんぱく質の合成を促すためのアミノ酸やたんぱく質の摂取タイミング
6 加齢がアミノ酸や運動による筋肉たんぱく質の合成に及ぼす影響
7 性差がアミノ酸や運動による筋肉たんぱく質の合成に及ぼす影響
8 おわりに

第3章 機能性アミノ酸・ペプチド―神経伝達物質としてのアミノ酸―
1 はじめに
2 神経伝達物質(neurotransmitter)とは
3 グルタミン酸・アスパラギン酸
4 GABA・グリシン・タウリン
5 セリン
6 トリプトファン(セロトニン)
7 チロシン:カテコールアミン
8 ヒスチジン(ヒスタミン)


第4章 抗疲労物質としてのアミノ酸―L-オルニチンの抗疲労効果―
1 はじめに
2 L-オルニチンとは
3 L-オルニチンと肝臓
3.1 肝臓保護の重要性
3.2 L-オルニチンの肝保護効果
4 L-オルニチンの疲労感軽減作用
4.1 L-オルニチンのアルコール性疲労抑制効果
4.2 L-オルニチンの抗疲労効果
4.3 L-オルニチンによる運動疲労抑制効果
5 おわりに

第5章 アミノ酸系化粧品
1 はじめに
2 皮膚におけるアミノ酸
2.1 アミノ酸の保湿効果
2.2 アミノ酸による抗糖化・抗カルボニル化
3 湿潤剤―グルタミン酸―
4 アニオン界面活性剤―グルタミン酸・アラニン・グリシン―
4.1 ラウロイルグルタミン酸Naの細胞毒性評価
4.2 ココイルグルタミン酸Naの角層水分量への影響
4.3 ラウロイルグルタミン酸Naの生分解性
5 機能性粉体―リジン―
6 ゲル化剤―グルタミン酸―
7 エモリエント剤―グルタミン酸・グリシン・アラニン―
 7.1 ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル)による荒れ肌回復効果
8 アンチエイジング―グルタミン酸―
8.1 PCA亜鉛によるコラーゲン分解抑制効果
8.2 PCA亜鉛によるコラーゲン産生促進効果
9 おわりに

第6章 機能性ペプチド
1 はじめに
2 ペプチドの科学
2.1 ペプチドの化学
2.2 ペプチドの生物学
3 食品と機能性ペプチド
3.1 食品タンパク質からのペプチド生成
3.2 ペプチドの保健的機能
3.3 ペプチドを利用した食品
4 化粧品と機能性ペプチド
4.1 化粧品におけるペプチド利用
4.2 化粧品で期待されるペプチドの働き
5 ペットフードと機能性ペプチド
5.1 ペットフードにおけるペプチド利用
5.2 ペットフードで期待されるペプチドの働き
6 おわりに

第7章 血圧降下ペプチド
1 はじめに
2 血圧調節のメカニズムとアンジオテンシンI変換酵素(ACE)
3 ペプチドのin vitro およびin vivo アッセイ
4 特定保健用食品(トクホ)と血圧降下ペプチド
5 乳タンパク質由来の血圧降下ペプチド
6 血圧降下ペプチドの化学構造と活性の関連性
7 血圧降下ペプチドの薬剤に対する優位性
8 血圧降下ペプチドの将来研究
9 おわりに

第8章 抗酸化ペプチド
1 はじめに
2 なぜペプチドの抗酸化活性はタンパク質よりも強いのか
3 抗酸化活性の測定
4 抗酸化ペプチドの構造と活性の相関
5 抗酸化ペプチドの多機能性
6 抗酸化ペプチドの応用

第9章 コレステロール代謝改善アミノ酸・ペプチド
1 はじめに
2 コレステロール代謝改善アミノ酸
2.1 含硫アミノ酸
2.2 含硫アミノ酸類似物質
2.3 その他のアミノ酸
3 コレステロール代謝改善ペプチド
3.1 大豆由来ペプチド
3.1.1 大豆タンパク質のペプシン分解物高分子画分
3.1.2 リン脂質結合大豆ペプチド
3.1.3 グリシニン由来ペプチド
3.1.4 β-コングリシニン由来ペプチド
3.2 乳由来ペプチド
3.3 豚肉由来ペプチド
3.4 魚由来ペプチド
4 アミノ酸・ペプチドを関与成分とする特定保健用食品
4.1 ブロッコリー・キャベツ由来のSMCS(天然アミノ酸)を関与成分とするもの
4.2 リン脂質結合大豆ペプチド(CSPHP)を関与成分とするもの
5 おわりに

【市場編】
第10章 アミノ酸とアミノ酸類縁体
1 アミノ酸と類縁体の市場動向
1.1 呈味成分
1.2 栄養成分
1.3 薬理機能
1.4 反応性の利用
2 L-アスパラギン酸(L-Aspartic acid)
3 L-アルギニン(L-Arginine)
4 L-グルタミン酸ナトリウム(Monosodium L-glutamate)
5 L-シスチン(L-Cystine)
6 L-セリン(L-Serine)
7 L-チロシン(L-Tyrosine)
8 グリシン(Glycine)
9 L-アラニン(L-Alanine)
10 L-ヒスチジン(L-Histidine)
11 L-イソロイシン(L-Isoleucine)
12 L-リジン塩酸塩(L-Lysine Hydrochloride)
13 DL-メチオニン(DL-Methionine)
14 L-スレオニン(L-Threonine)
15 L-オルニチン塩酸塩(L-Ornithine Hydrochloride)
16 L-シトルリン(L-Citrulline)
17 γ-アミノ酪酸(γ-Aminobutyric Acid)
18 ε-アミノカプロン酸(ε-Aminocaproic Acid)
19 5-アミノレブリン酸(5-Aminolevulinic Acid)

第11章 ペプチド
1 機能から見たペプチドと市場
1.1 血圧調節ペプチド
1.2 ミネラル(カルシウム)吸収促進・むし歯予防ペプチド
1.3 中性脂肪調節ペプチド
1.4 コレステロール調節ペプチド
1.5 抗酸化ペプチド(イミダゾールジペプチド)
2 コラーゲンペプチド(Collagen Peptide)
3 乳タンパク質由来のペプチド
4 ラクトトリペプチド(Lactotripeptide)
5 カゼインホスホペプチド(Casein Phosphopeptide:CPP)
6 ナイシン(Nisin)
7 海産物由来ペプチド
8 サーデンペプチド(Sardine Peptide)
9 カツオ節ペプチド(Dried Bonito Peptide)
10 ワカメペプチド(Wakame Peptide)
11 海苔ペプチド(Laver Peptide)
12 クラゲペプチド(Medusa Peptide)
13 農産物由来ペプチド
14 大豆ペプチド(Soybean Peptide)
15 リン脂質結合大豆ペプチド(Soy peptide with bound Phospholipids)
16 ゴマペプチド(Sesame Peptide)
17 小麦ペプチド(Wheat Peptide)
18 米ペプチド(Rice Peptide)
19 卵ペプチド(Egg Peptide)
20 ローヤルゼリーペプチド(Royal jelly Peptide)
21 γ-ポリグルタミン酸(γ-Polyglutamic Acid)
22 グルタチオン(Glutathione)
23 グリシルグリシン(Glycylglycine)
24 アシル化ペプチド(Acyl Peptide)
25 アラニルグルタミン(L-Alanyl-L-Glutamine)
このページのTOPへ