• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2013年9月号

【特集】医薬品原薬・中間体受託製造企業の展望と課題

商品コード: F1309

  • 発行日: 2013年9月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

目次

【特集】医薬品原薬・中間体受託製造企業の展望と課題
Current situation and tasks of API Conttacted Manufacturers in Japan

-------------------------------------------------------------------------
橋本光紀(医薬研究開発コンサルテイング 代表取締役;創薬パートナーズ パートナー)

【目次】
1.はじめに
2.医薬品開発の現状
3.受託製造企業の課題と展望
3.1 受託製造企業の課題
3.2 受託製造企業の展望
4.製薬企業の今後の展開と受託製造企業の動き

-------------------------------------------------------------------------

バイオ・抗体医薬品の展望
Perspectives of Biologics and Antibody Therapeutics

-------------------------------------------------------------------------
大枝匡義(中外製薬㈱ 製薬研究部(生物技術担当)主幹研究員)

 バイオ医薬品は,遺伝子組み換え技術を応用したインスリンや成長ホルモンが上市され
た1980 年代以降,その姿かたちを変えながら着実に成長を続けている。本稿では,現在
のバイオ医薬品成長の牽引役である抗体医薬品について,その特徴を基にさらなる成長の
可能性と課題を整理し,その展望を概説する。

【目次】
1.はじめに
2.抗体医薬品について
2.1 抗体とは?
2.2 抗体医薬品とその特徴
3.抗体医薬品の変遷
3.1 第一次抗体医薬ブーム
3.2 第二次抗体医薬ブーム
4.抗体医薬品の展望
4.1 次世代の抗体技術
4.2 抗体医薬品の製造
4.3 バイオシミラー
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

海外大手製薬企業のイノベーションを主軸とした研究開発戦略動向    
Innovation Focused R&D Strategy in Global Major Pharmaceutical Companies

-------------------------------------------------------------------------
羽石達生(羽石ファーマ・コンサルティング・サービス)

【目次】
1.AstraZeneca
2.Bristol-Myers Squibb(BMS)
3.Eli Lilly(Lilly)
4.GlaxoSmithKline(GSK)
5.Hoffmann-La Roche Group
6.Johnson&Johnson
7.Merck(米国およびカナダ以外の国ではMSD)
8.Novartis
9.Pfizer
10.Sanofi

-------------------------------------------------------------------------

インドの医薬化学品受託製造業の現状
  日本の国際競争力強化のために  
Current Situation of Pharmaceutical Chemical Industries in India
―For Japanese to Win the International

-------------------------------------------------------------------------
山根 修(有フューチャープラッツ 代表取締役;HIKAL LTD 顧問)

【目次】
1.はじめに
2.インドについて
2.1 インドの基本経済指標
3.インドの化学工業
3.1 インドの理科学教育
3.2 インドの化学工業
3.2.1 インドの化学工業概要
3.2.2 インドの化学工業発展の基盤
4.インドにおける日本の化学工業
4.1 日本企業招聘の工業団地
4.2 日本の主な化学進出企業
5.インドの医薬工業
5.1 インドの医薬工業の概要
5.1.1 インドの医薬工業の現状
5.1.2  インドの医薬工業を支える政府と科学者教育
5.1.3 インドが受託先として選ばれる背景
5.1.4 医薬工業の規模と成長見込み
5.1.5 インドの医薬工業の主なプレーヤー
5.1.6  主要製薬企業の業績
5.2 世界のジェネリック市場とインド
5.2.1 世界のジェネリック市場
5.2.2 インドのジェネリック企業の動き
5.3 医薬原体・中間体受託製造概要
5.3.1 受託の定義
5.3.2 世界の受託製造市場の規模
5.3.3 インドの受託製造規模
5.3.4 インドの受託企業の活用
5.3.5 インドの主要受託企業と業績推移
5.4 インドの医薬産業の問題点と課題
6.インドと日本
6.1 日本の医薬進出企業
6.1.1 魅力あるインドの医薬
6.1.2  日本の製薬企業二社のインド進出の目的の再確認
6.1.3 インド医薬企業の日本進出
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

2010 年問題:ブロックバスター特許切れの波紋
Off-Patent Problems at 2010:Repercussions of Blockbusters’ Expiration of Patent

-------------------------------------------------------------------------
橋本光紀(医薬研究開発コンサルテイング 代表取締役;創薬パートナーズ パートナー)

【目次】
1.はじめに
2.日本製薬企業の売上高
3.製品別売上高
4.ジェネリック企業の課題
4.1 2010 年問題:ブロックバスター特許切れの波紋
4.2 ジェネリック医薬品促進策の影

-------------------------------------------------------------------------

連載講座  医薬品開発の流れと製薬業界の動向~品質管理の重要性とプロセス制御~

-------------------------------------------------------------------------

序―連載を始めるにあたって

橋本光紀(医薬研究開発コンサルテイング 代表取締役;創薬パートナーズ パートナー)

-------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

アラビアガム(Gum arabic)
トラガントガム(Tragacanth gum)

-------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

<海外編>
<国内編>

-------------------------------------------------------------------------
このページのTOPへ