• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

もっと知りたいIPM―害虫防除・PCO の起源から総合的有害生物管理によるグリーンビジネスへの発展まで―

  • What “Integrated Pest Management” Means
環境問題への意識が高まる中、薬剤使用に頼らない方法として注目される総合防除―IPM。害虫防除からパンデミック対策まで、IPM先進国であるアメリカでの事例を元に、日本における課題とその解決策、環境負荷低減を目指したビジネス展開を提案していきます。

★ 「日本図書館協会選定図書」に選ばれました! (2014年1月)

商品コード: B1111

  • 監修: (著者)ジャック・ドラゴン、(監訳)岩本龍彦
  • 発行日: 2013年10月31日
  • 価格(税込): 1,080 円
  • 体裁: 新書判、178ページ
  • ISBNコード: 978-4-7813-0235-5

個数: 

カゴに入れる

  • 化学的防除 / 物理的防除 / 生態的防除 / 感染症対策 / アウトブレイク / ペストコントロール / ペストマネジメント / オーランド議定書 / 環境保護 / 生態系保全 / 残留農薬 / 公衆衛生

刊行にあたって

 もう半世紀も前の学生時代のこと、毎土曜日の午後に教室全員が集まるジャーナルの輪読会があった。私の楽しみは輪読会のあとにあった。教授の三坂和英さんは必ず学生たちを渋谷に誘い、第二研究室と呼んだ恋文横丁の喫茶店“ロロ”で、コーヒーとケーキをおごってくださったからだ。勘ぐれば、教授が趣味の落語話を聞かせたかったこともあったに違いないのだが。
 私は自分が研究職には不向きと考えていたので、専門課程も通り一遍のもので過ごしてしまったが、三坂さんのおかげで、主としてアメリカの昆虫関係のものやジャーナル類はもとより、モスキート・ニューズ、ペストコントロール・マガジン(現ペストマネジメント・プロフェッショナル。この頃PCT 誌はまだ出ていなかった)やコンシューマー・リポート誌など、業界誌までをも普段に手にできたのはありがたかった。
 教室の輪読会ではほとんどの場合、ジャーナル・オブ・エコノミック・エントモロジー収載の報文が使われた。当時の殺虫剤といえば、農業用環境衛生用の如何を問わずあらゆる場面でDDT が多用された。そして、この化合物の長期にわたって分解しない性質が、短期間のうちに害虫に抵抗性を発達させることになったのである。
 当然のことながら、このジャーナルも当時はDDT抵抗性昆虫のIPM防除に関する報文を数多く扱った。どうすれば抵抗性に対処できるかが、輪読会のテーマだった。今からほぼ50年も前に、DDT抵抗性昆虫対策のために、カリフォルニア大学リバーサイド校のヴァーモン・M・スターンらが提唱し定義したIPMは、市街地の害虫防除(アーバン・ペストコントロール)にも応用されるようになる。それこそ、われわれPCO産業にかかわるものが理解を深めるべき課題である。
 ジャック・ドラゴンの手になるWhat“Integrated Pest Management”Means: 邦題「もっと知りたいIPM」はそのような見地に立ち、数年にわたってHOHTO PMP NEWS に連載された。
 このほど鵬図商事株式会社が設立50周年を迎えるにあたり、加筆訂正を加え1巻にまとめる機会を得たことに感謝したい。

2013年10月
岩本龍彦

目次

序に代えて

☆1 もっと知りたいIPM
はじめに / 化学的防除の始まり / 化学的防除は否定されるのか

☆2 総合防除(IPM)の本質とは
ラット・キャッチャーズ・チャイルド

☆3 オーランドプロトコールとIPM 宣言
オーランドプロトコール 世界環境害虫防除業憲章 / 日本ペストコントロール協会のIPM 宣言

☆4 IPM で大切な5つのこと
IPM プログラムの記録と見直し作業

☆5 IPM に組み入れる防除手段と戦略
天敵生物の利用など生態学的な防除法 / 建築構造改良など環境的な防除法 / 機械的捕殺など物理的な防除法 / 殺虫剤による化学的防除法 / オペレーターとプロフェッショナル

☆6 IPM の道具箱
使いこなしたいインスペクションツール / 生息調査用トラップ類

☆7 IPM における殺虫剤についての考察
気をつけたい食品施設等での殺虫剤使用 / 使ってよい薬剤を正しい使い方で / 環境問題にどう対処するか / フェンチオンとイミダクロプリドの標的外生物等への影響

☆8  薬剤の使用に慎重にならなければならない理由
EPA の殺鼠剤規制に関するパブリックコメント募集 / 対決:EPA の提案は是か非か

☆9 IPM における殺虫剤の正しい使い方
社会が求めるIPMを / 殺虫剤あってのIPMだ / あなたならどうする?

☆10 殺虫剤の承認と登録
承認と登録 / 医薬部外品殺虫剤の適用範囲 / 望ましい農薬取締法への一元化 / 農薬の発がん性とデラニークローズ

☆11 清潔な環境を求める法律
環境衛生とIPM―改正建築物衛生法の誕生 / 建築物環境衛生維持管理要領の改正と維持管理マニュアル / 医薬品殺虫剤と医薬部外品殺虫剤だけで / メタミドホス問題が示唆するもの

☆12 センシティブ環境とIPM
NPMA:殺虫剤の使用法2008年版 / 食品施設のIPM ではILT が主役  / ではどうしても薬剤をというとき,どんな薬剤が用いられるのか:参考になる? EPA の規制外農薬 / EPA の規制外農薬

☆13 IPM におけるマイナーユース殺虫剤
DDTとトコジラミ / マイナーユース殺虫剤 / 承認制度改革への提案

☆14 トコジラミの再興とその防除
アメリカでトコジラミが再興した理由 / トコジラミのインスペクションとモニタリング用具 / 物理的な防除機器

☆15 家ねずみ類のIPM 防除
殺鼠剤の仕掛け場所に50フィート規制 / 50フィート規制が100フィートまで認められることに / まずベイトステーションの活用から 

☆16 感染症媒介昆虫の広域防除
ニューヨーク市民を震撼させたウエストナイル熱 / サーベイランスが大切 / 広域防除における防疫薬剤の用法・成虫対策が急務 / どんな薬剤がどのような方法で使われているか

☆17 殺虫剤等の一元管理
感染症発生を防止せよ / 農薬と医薬品殺虫剤 / 市場が小さい防疫用殺虫剤 / パブリックユース殺虫剤はアメリカでも

☆18 日本PCO協会設立40周年
75周年を祝うアメリカのNPMA / オペレーターからプロフェッショナルへの転機 / PCOが地域密着の理由 / 日本のPCO産業に貢献した先人たち

☆19 景気沈滞とPCOトップ100社
どう乗り越えるこの不況 / 食品衛生事件も売り上げに寄与 / トップ100社の6 割が売り上げ増 / グリーン防除を目指さざるを得ないPCO

☆20 PCO産業発展のために
グリーン・ビジネスとしてのPCO産業 / 職業としてのPCO業 / PCO 産業の実態把握と発展へ向けて / PR 作戦

龍のおぼえ書き
このページのTOPへ