• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

高効率動画像符号化方式:~スーパーハイビジョン(8K, 4320p)、携帯端末向け映像配信への利用を睨む~

  • ※代理販売の書籍につき見計い不可
高効率動画像符号化方式:~スーパーハイビジョン(8K, 4320p)、携帯端末向け映像配信への利用を睨む~

商品コード: P0458

  • 発行元: (株)トリケップス
  • 発行日: 2013年10月29日
  • 価格(税込): 50,976 円
  • 体裁: B5判、172ページ

個数: 

カゴに入れる

著者一覧

三宮 四郎

■著者経歴■
動画像符号研究者
一流企業において映像システムの研究開発・製品開発に従事

目次

第1章 H.265/HEVC標準化の経緯
第2章 H.265/HEVC符号化技術
  1 符号化方式概要
  2 ブロック構造
  3 イントラ予測符号化
   3.1 Angular Prediction
   3.2 Planar Prediction
   3.3 3 MPM (Most Probable Mode) によるモード符号化
   3.4 色差信号に対するイントラ予測処理
   3.5 Mode Dependent Intra Smoothing
   3.6 Boundary Value Smoothing
   3.7 Reference Sample Padding
   3.8 輪郭ノイズ対策
  4 インター予測符号化
   4.1 1/4画素精度動き補償処理
      輝度信号に対する動き補償処理 / 色差信号に対する動き補償処理
   4.2 動き補償パーティション
   4.3 参照画像メモリの管理
   4.4 動きベクトルの符号化
      Merge / AMVP
  5 直交変換・量子化
   5.1 直交変換行列
   5.2 scaling listの符号化
   5.3 sub-LCU-level dQP符号化
   5.4 色差信号に対する量子化
   5.5 Sign Data Hiding
   5.6 Transform Skip
  6 デブロックフィルタと適応オフセット処理
   6.1 デブロックフィルタ
   6.2 適応オフセット
     Edge Offset / Band Offset
  7 エントロピー符号化
  8 並列処理用Tool
   8.1 8.1 Slice
   8.2 Tile
   8.3 Wavefront Parallel Processing
  9 High Level Syntax
   9.1 NAL Unit
   9.2 ランダムアクセスのsupport
   9.3 Temporal Scalabilityのsupport
   9.4 Video Parameter Set
  10 Profile/Level
   10.1 Profile
   10.2 Level
第3章 H.265/HEVCのシンタクスとセマンティクス
  1 bitstreamの構造
  2 NAL Unit
   2.1 General NAL unit
   2.2 NAL unit header
  3 Raw byte sequence payloads, trailing bits, and byte alignment
   3.1 Video parameter set
   3.2 Sequence parameter set RBSP syntax
   3.3 Picture parameter set
   3.4 Supplemental enhancement information
   3.5 Access unit delimiter
   3.6 End of sequence RBSP
   3.7 End of bitstream RBSP
   3.8 Filler data RBSP
   3.9 Slice segment layer
   3.10 RBSP slice segment trailing bits
   3.11 RBSP trailing bits
   3.12 Byte alignmentr
  3 Raw byte seque
  4 Profile, tier and level
  5 Scaling list data
  6 Supplemental enhancement information message
  7 Slice segment header
   7.1 General slice segment header
   7.2 Reference picture list modification
   7.3 Weighted prediction parameters
  8 Short-term reference picture set
  9 Slice segment data
   9.1 General slice segment data
   9.2 Coding tree unit
   9.3 Sample adaptive offset
   9.4 Coding quadtree
   9.5 Coding unit
   9.6 Prediction unit
   9.7 PCM sample
   9.8 Transform tree
   9.9 Motion vector difference
   9.10 Transform unit
   9.11 Residual coding
  10 VUIとHRD
   10.1 VUI(Video Usability Information)
   10.2 HRD parameters
第4章 H.265/HEVCの符号化性能と実装例
  1 符号化性能評価方法
  2 符号化性能
第5章 今後の展開
  1 Range Extension
  2 スケーラブル符号化
このページのTOPへ