• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊バイオインダストリー 2004年4月号

特集:神経変性疾患研究の最前線

商品コード: I0404

  • 発行日: 2004年3月12日
  • 価格(税込): 4,860 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0910-6545

個数: 

カゴに入れる

目次

特集:神経変性疾患研究の最前線


特集にあたって
星美奈子(三菱化学生命科学研究所 生命科学研究部 神経変性疾患ユニット ユニットリーダー/主任研究員)


アルツハイマー病:治療法開発の新たな流れ
Alzheimer's Disease:New Trends in Therapeutics
井原康夫(東京大学大学院 医学系研究科 教授)

 東京都による痴呆性老人の調査が1981、88、96年とあった。結果はどの年度もそれほど変わらない。痴呆老人は65歳以上の老人人口の約4%を占める。この数字は、どこの先進諸国においても同様である(4〜7%)。痴呆患者の出現率は、65歳以上75歳くらいまでは、100人につき数人ときわめて低いが、80歳以降では、指数関数的に増大する(図1)。例えば80歳では100人に9人の割合だが、85歳以上では、100人に21人の割合となる。では90歳以上ではどうであろうか。これもやはり東京都の調査によると、90歳老人では100人に40人が痴呆で、これが100歳老人になると、100人に90人が痴呆である(図2)。このように、痴呆患者は80歳以降に急増する。現在の理解では、80歳以降に指数関数的に増大する痴呆のほとんどはアルツハイマー病によるものと考えられている。このような著しい増加は、個体の寿命が神経細胞の寿命に近づいたから生じたと考えることができる。とすると、治療薬の開発は簡単ではないと予想されたが、近年めざましい進歩が見られる。このスピードで開発が進めば、遠くない将来に真に有効な治療法を手中にすることができるかもしれない。

【目次】
1. コリン作動性仮説に基づいた創薬
2. アミロイドカスケード仮説に基づいた創薬
3. その他の治療薬
3.1 コレステロール
3.2 エストロゲン
4. 服薬の時期
5. 今どうすればよいのか


ユビキチンシステムと鉄代謝―神経変性疾患との関連―
Involvement of the Ubiquitin System in Iron Metabolism
坂田真一(大阪市立大学大学院 医学研究科 分子制御分野 特別研究員)
岩井一宏(大阪市立大学大学院 医学研究科 分子制御分野 教授)

 鉄は生命にとって必須な微量金属であると同じに、過剰量存在すると細胞障害性のフリーラジカルを生じ酸化ストレスの原因ともなるため、生物は緻密な鉄代謝制御機構を有している。近年、鉄代謝制御因子を鉄依存的にユビキチン化するユビキチンリガーゼが同定され、鉄代謝制御へのユビキチン系の関与が明らかになりつつある。本稿では、ユビキチンシステムによる鉄代謝制御機構と鉄代謝異常の病態への関与が示唆される神経変性疾患について概説する。

【目次】
1. ユビキチンシステム
1.1 タンパク質のユビキチン化
1.2 プロテアソームによるタンパク質の分解
2. 鉄代謝とその制御因子IRP
2.1 IRPによる鉄代謝因子の制御
2.2 IRPの細胞内鉄濃度による制御メカニズム
3. IRP2を鉄依存的に識別するユビキチンリカーゼHOIL-1
4. 鉄代謝の異常と神経変性疾患
4.1 中枢神経系における鉄代謝
4.2 アルツハイマー病
4.3 パーキンソン病
4.4 その他の神経変性疾患で認められる鉄代謝異常
5. おわりに


加齢により障害される記憶過程とその遺伝子経路の同定
Isolation of the Age-sensitive Memory Component and Underlying Gene Singnaling
齋藤実((財)東京都医学研究機構 東京都神経科学総合研究所 主任研究員)

 いかなるヒトも老化に伴って起こる学習・記憶力の低下から逃れることはできない。このような老化による学習・記憶力の低下(加齢性記憶障害、Age-related Memory Impairement;AMI)に対する改善・解決策を講じることは高齢者の社会参加、また高齢化社会におけるQuality of Lifeの達成のために重要な課題である。AMIは学習による記憶情報の獲得から、その統合・安定化に至る複雑な学習記憶過程の非特異的な障害と考えられてきた。筆者らは、ショウジョウバエを用いてこの架設の検証を行い、AMIがこれまで考えられていたような学習記憶過程の非特異的な障害はなく、amnesiac(amn)という遺伝子に依存する記憶成文(中期記憶)の形成過程に対す極めて特異的な障害に起因することを明かにした。

【目次】
1. はじめに
2. 学習記憶変異体と記憶成分の分類
(1) 獲得(LRN)to麻酔感受性記憶(STMとMTM)
(2) 麻酔耐性記憶(ARM)
(3) 長期記憶(LTM)
3. 加齢による記憶障害の行動遺伝学的解析
(1) 加齢体の記憶保持曲線
(2) 加齢による匂いの嫌悪性の変化
(3) AMIの遺伝学的解析
4. おわりに


神経変性疾患の遺伝子治療
Gene Therapy for Neurodegenerative Diseases
村松慎一(自治医科大学 内科学講座 神経内科学部門 助手)

 高力価ウイルスベクターをはじめとした遺伝子導入技術の進歩により、in vivoで神経細胞や筋肉に治療用遺伝子を導入し長期間発現させることが可能になった。既にパーキンソン病に対してはアデノ随伴ウイルスベクターを使用した臨床試験が始まっており、今後神経変性疾患に対する遺伝子治療の発展が期待される。

【目次】
1. はじめに
2. 遺伝子治療の基礎技術
2.1 遺伝子導入法
2.2 AAVベクター
3. パーキンソン病
3.1 線条体におけるドパミン合成の回復
3.2 神経栄養因子による細胞保護
3.3 視床下核の抑制
4. アルツハイマー病
5. 筋萎縮性測索硬化症(ALS)
6. triplet repeat病
7. 今後の課題と展望


神経変性疾患研究におけるsiRNAを用いた遺伝子発現制御
Application of siRNA to Research for Neurodegenerative Disease
横田隆徳(東京医科歯科大学 神経内科 講師)

 RNAiはいかなる遺伝子に対してもデザインできて、その高い特異性と発現抑制効果から、アルツハイマー病を始めとする神経変性疾患の基礎的研究においても早速応用され成果をあげている。さらに難病の多い神経変性疾患への治療戦略としても期待されている。それは、RNAiライブラリーをはじめとする創薬におけるツールといった側面と、short interfering RNA(siRNA)を直接疾患に適応するという2つの方面から行われている。本稿では、主に遺伝性神経変性疾患において変異遺伝子の変異蛋白の発現を抑制する遺伝子治療としての臨床応用を含め、神経変性疾患研究におけるsiRNAの研究の現状と問題点について概説する。

【目次】
1. RNAiの分子機構
2. RNAiの発現抑制効率
3. siRNAの標的遺伝子特異性
4. 遺伝子治療の核酸医薬としての応用
5. siRNAの神経細胞へのデリバリー
6. siRNA過剰発現によるノックダウンマウスの作成
7. おわりに


蛍光相関分光法(FCS)を用いた抗原抗体反応解析および検体検出
Antigen-Antibody-Reaction Analysis and Analyte Detection with Fluorescence Correlation Spectroscopy(FCS)
坂田啓司(科学技術振興機構 研究成果活用プラザ北海道 生体-分子計測研究室 研究員)
藤井文彦(科学技術振興機構 研究成果活用プラザ北海道 生体-分子計測研究室)
田村守(北海道大学 電子科学研究所 教授)
金城政孝(北海道大学 電子科学研究所 助教授)

【目次】
1. はじめに
2. FCS測定の原理
2.1 装置
2.2 観測される蛍光強度の揺らぎ
2.3 揺らぎの解析
3. 抗原抗体反応解析
3.1 分子量に依存した核酸時間の変化
3.2 FCSによる抗原抗体反応解析
3.3 FCSによる解離定数の算出
3.4 FCSによる検体検出
3.5 蛍光相互相関分光法による検体検出
4. おわりに


プリオン病治療の新たな可能性
Novel Therapeutic Approaches of a Prion Disease
八谷如美(国立精神・神経センター 神経研究所 疾病研究第7部;(独)科学技術振興機構 研究員)
金子清俊(国立精神・神経センター 神経研究所 疾病研究第7部 部長)

 2001年9月に千葉県で日本発の牛海綿状脳症(BSE)に羅患した乳牛が発見され日本中にプリオン病に対する懸念が広がった。その一因は、英国における変異型CJD(variantCJD)と呼称されるヒトのプリオン病がBSEに由来すると考えられていることに起因する。またさらに、硬膜移植による医原性プリオン病の被害も知られ大きな社会問題となっている。それにも関わらず、残念ながらプリオン病には現在に至るまでこれといった有効な予防法、治療法は存在していない。本稿では、プリオン病治療・予防法開発の現状中心に解説する。

【目次】
1. はじめに
2. ヒトのプリオン病
2.1 変異型CJDと孤発性CJD
2.2 プリオン病の感染
3. プリオン説
3.1 プリオン仮説
3.2 プリオン複製機構
3.3 unfolding分子の探索
3.4 unfolding分子同定
3.5 治療法応用への可能性
4. その他のプリオン病治療・予防法開発のアプローチ
5. おわりに


アミロスフェスロイド-タンパク質の自己組織化と神経変性疾患
Amylospheroid-Self-Organization of Proteins and Neurodegenerative Diseases
星美奈子(三菱化学生命科学研究所 生命科学研究部 神経変性疾患ユニット ユニットリーダー/主任研究員)

 「異常構造タンパク質」の凝集と蓄積は、アルツハイマー病を初めとする多くの神経変性疾患に共通の病態であるばかりか、病因である可能性も高くなっている。しかしながら、個々の疾患において凝集体の構造もその作用機序も未だ謎が多い。筆者らは、アルツハイマー病の発症の引き金を引くとされているβアミロイドに由来する新たな球状構造体を見出した。その発見の経緯、ならびに今後の展望を述べたい。

【目次】
1. はじめに
2. アミロスフェロイドの同定
このページのTOPへ