• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2004年6月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【研究開発情報】

商品コード: F0406

  • 発行日: 2004年5月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【研究開発情報】

リン酸塩ガラスを原料としたプロトン伝導性ハイドロゲル電解質の開発
Proton Conducting Hydrogel Electrolytes derived from Phosphate Glasses
春日敏宏(名古屋工業大学大学院 工学研究科 教授)
 ある種のメタリン酸塩ガラス粉末は、急速に水と反応して、プロトンを多く含む直鎖状および環状リン酸塩構造からなるゲルとなるものがある。この無機ハイドロゲルは、多量のPOH基から解離した多量のプロトンがヒドロキシ基と水分子間をホッピングすることにより、高い電解度(室温で〜10mS・cm-1以上)を示す。燃料電池やキャパシターなどの新しい電解質としての可能性が期待される。

【目次】
1. はじめに―開発の経緯
2. リン酸塩ガラスのハイドロゲル化
3. ハイドロゲルのプロトン伝導性
4. おわりに


新規ポリオールTOE-2000Hの特性と応用
Characterization and Application for the Novel Polyol、TOE-2000H
堀田巌(協和発酵ケミカル(株) 四日市研究所 主任研究員)

 ポリウレタンの原料として用いられるポリオールは多種にわたる。近年、環境問題あるいは高付加価値製品に向けた課題を解決するために、新規なポリオールが望まれていた。協和発酵ケミカル(株)は、これまでにないまったく新規なポリオールTOE-2000Hを開発し、市場への紹介を開始した。ここでは、このポリオールの一般特性とあわせて具体的な用途を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 一般特性
2.1 TOE-2000Hの一般特性
2.2 ポリオールのガラス転移温度(Tg)
2.3 ポリオールの溶解度パラメーター(SP値)
2.4 粘度の温度依存性
2.5 熱可塑性ポリウレタンでの特性評価
3. 応用例
3.1 透明性フィルム・粘着剤
3.2 接着性向上
3.3 多ポリオールとの併用
4. おわりに


シリコーン系超撥水コーティング剤の開発と今後の展開
Development of a sillicone System Super High Water-repellent Coatings andFuture Development
島田淳之(日本ペイント(株) 自動車塗料技術研究所)
大畑正敏(日本ペイント(株) R&D本部 樹脂センター 課長)
桑島輝昭(日本ペイント(株) R&D本部 樹脂センター マネージャー)
安原清忠(日本ペイント(株) サーフ事業部 部長)
 超撥水コーティング剤は着氷雪防止、水滴付着防止などの用途に実用化されており、今後ますます展開が広がると考えられる。そのため、撥水性材料としてシリコーン系やフッ素系を用いて研究が行われている。筆者らはコスト面、汎用性を考慮し、シリコーン系材料を用いて超撥水コーティング剤を開発した。そこで本研究では、シリコーン-アクリルブロック共重合体からなる熱硬化性超撥水コーティング塗膜の耐久性、難着雪性について報告する。また、今後の展開について述べる。

【目次】
1. 背景
2. シリコーン-アクリルブロック共重合体を用いた超撥水コーティング剤の開発
2.1 シリコーン-アクリルブロック共重合体の特徴と充填粒子の検討
2.2 超撥水維持性
2.3 超撥水維持性の改良
3. 超撥水コーティング剤の応用検討例
4. 今後の展開


シリーズ 法改正(3)
薬事法改正をめぐる医薬品産業の動向
Amendment of Pharmaceutical Affairs Law and Future Perspectives on Pharmaceutical Industries土井脩((独)医薬品医療機器総合機構 理事(技監))
【目次】
1. はじめに
2. 医薬品規制等の国際的ハーモナイゼーションの潮流
3. 薬事法改正の目的
4. 医療機器関係の見直し
5. 生物由来製品の安全対策
6. 元売業、元売承認制度
7. マスターファイル制度
8. 医薬品等の審査・安全性確保体制の強化


マーケット情報
ファインセラミックス工業の現状
The Present State of Fine Ceramics Industries
【目次】
1. 概要
2. 市場動向
3. 技術開発動向と将来展望
3.1 エネルギー面
3.2 エコロジー面
4. おわりに


産業用酵素工業の現状
The Present State of Industrial Enzymes
【目次】
1. 概要
2. 酵素の市場概況
2.1 世界市場
2.2 日本市場
2.3 用途別国内動向
(1) 食品・飼料用
(2) 洗剤用
3. 主要メーカー動向
(1) ノボザイムズジャパン
(2) 天野エンザイム
(3) ナガセケムテックス
(4) 大和化成
(5) 名糖産業


ケミカルプロフィル
2-ヒドロキシプロピルアクリレート
2-Hydroxypropyl acrylate
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


DL-マンデル酸
DL-Mandelic acid
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


酢酸リナリル
linalyl acetate
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


トリアリルイソシアヌレート
Triallyl isocyanurate
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


ニュースダイジェスト
海外編
国内編
このページのTOPへ