• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2005年3月号

  • ※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
    https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php
【特集】化学素材の接着への応用―Part 1

商品コード: F0503

  • 発行日: 2005年2月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【特集】化学素材の接着への応用―Part 1
オキサゾリン基含有ポリマー「エポクロス」の水系架橋剤としての応用
Oxazoline-functional Polymers for Waterborne Crosslinker
森本正和((株)日本触媒機能性化学品研究所)
 オキサゾリン基をペンダントとして有する反応性ポリマー「エポクロス」(商品名)は、カルボキシル基に対して良好な反応性を有することから、安全性の高い1液タイプの水系架橋剤として用途を拡大している。本報ではオキサゾリン基の特徴とエポクロスの基本特性を中心に、粘着・接着関連の応用例を含めて紹介させていただく。

【目次】
1. はじめに
2. 水系架橋剤に関する市場ニーズ
3. 水系でのオキサゾリン基の反応(反応性と1液安定性両立)
4. エポクロスの特性と用途
5. 粘着、接着分野での応用例
6. おわりに


エポキシ樹脂/シリカ/エラストマー3元系ハイブリッド接着剤「コンポセランE+AD」
Ternary Hybrid Adhesives of Epoxy Resin/Silica/Elastomer「ConpoceranE+AD」
田崎崇司(荒川化学工業(株) 新事業企画開発部 研究員)
合田秀樹(荒川化学工業(株) 新事業企画開発部 テクニカルチームリーダー)
 アルコキシシランを利用したエポキシ樹脂-シリカハイブリッド「コンポセランE」と、硬化剤「コンポセランAD」を混合、硬化することにより、エポキシ樹脂/シリカ/エラストマーの3元系ハイブリッド接着剤を形成する。優れた耐熱性、無機基材接着性、柔軟性を有することから、フレキシブル銅張積層板用接着剤に適している。

【目次】
1. はじめに
2. エポキシ樹脂-シリカハイブリッドコンポセランE
3. フレキシブル銅張積層板用接着剤 コンポセランE+AD
4. コンポセランE+ADの物性と構造
5. おわりに


耐熱フィルム(PEN)のFPCへの応用展開
High Thermal Resistance Film(PEN Film) for Flexible Printed Circuit Application
吉田哲男(帝人デュポンフィルム(株) 開発センターグループ統轄)
 2軸延伸ポリエチレン2,6-ナフタレート(PEN)フィルムである「テオネックス」フィルムは、電子デバイスに必要な耐熱性、機械特性、電気特性、耐薬品性などを有し、コストパフォーマンスも優れている。テオネックスを基材としたフレキシブル回路用途向けに銅箔ラミネート材(テオネックスCCL)を作製したので、その特性について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. フィルムの開発経緯
3. 耐熱フェルム群におけるテオネックスフィルムの位置づけ
4. テオネックスフィルムの各種特性
5. テオネックスCCLの特徴


完全無溶剤型ロジン系粘着付与剤樹脂エマルション
Tackifier Emulsion with Kind of Non-solvent
水本敏之(ハリマ化成(株) 中央研究所 研究員)
谷中一朗(ハリマ化成(株) 中央研究所 第一グループ グループ長)
 ロジン系粘着付与剤樹脂エマルションは、水系粘接着剤の改質を目的に配合される添加剤であるが、製造工程上有機溶剤を使用するため、従来製品中にはごく微量の有機溶剤が残存していた。当社では、脱VOCという観点から、有機溶剤をいっさい使用しないで乳化する新規乳化プロセスを開発し、「完全無溶剤型ロジン系粘着付与剤樹脂エマルション」として上市するに至った。

【目次】
1. はじめに
2. 技術的動向
3. 物性試験
4. 消泡剤
5. VOC放散速度
6. まとめ
7. おわりに


【研究開発情報】
マイクロチャネルリアクターを用いる多相系有機合成反応の開発
Development of Multiphase Synthetic Organic Reactions Using Microchannel Reactors
小林重太(東京大学大学院 薬学系研究科)
森雄一朗(東京大学大学院 薬学系研究科)
小林修(東京大学大学院 薬学系研究科)
 筆者らは、マイクロチャネルリアクターの特性である非常に大きな比界面積を活用した、高効率的多相系反応の開発を行った。液相-液相二相系におけるアルキル化反応、および気相-液相-固相三相系における水素添加反応に関してその詳細を述べる



香料インキ
Flavored Ink
阪井則之(大日本インキ化学工業(株) 平版インキ技術1グループ)
 香料インキは、視覚に頼っていた印刷物の効果に嗅覚による効果をプラスし、よりはっきりしたイメージを与えることを可能にした。また、香りの中には私たちの気分を変える効果のあるものが多数存在し、アロマテラピーではその効果を利用し、心身ともにゆったりとした気分にしてくれる。このような香りを印刷物に付加することで、香料インキの新たな利用方法が見いだせるのではないだろうか。

【目次】
1. はじめに
2. 香りの選択
3. 香料選択上の注意
4. 香料インキの製造方法
5. ニスタイプ香料インキの製造
6. カプセルタイプ香料インキの製造
7. 香料インキ使用上の注意
8. 香料インキの用途
9. おわりに


マーケット情報
プリンター用ケミカルスの市場動向
Market Trend on Printer Chemicals
 2003年における国内プリンター市場は、出荷台数、金額とも前年を上回る水準で推移した。2002年から一転、市場回復となった要因としては、欧米市場の需要の回復に加え、日本市場の景気低迷からの持ち直し、アジア・大洋州市場の継続的な成長などがあげられる。また、2004年に入り大手メーカーによる新規参入もみられ、市場回復によるさらなる需要拡大とともに、メーカーシェアの入れ替えもなされるものと考えられる。最近特に需要の伸びが高いのは、「複合」機能をもつインクジェット複合機である。今後付加される機能としては、デジタルカメラ機能付き携帯電話からの無線技術を通じた印刷要求が増えることが予測される。

【目次】
1. 世界のプリンター市場
2. 国内市場
2.1 インクジェットプリンター
2.2 フルカラーページプリンター
2.3 マルチファンクションプリンター(MFP)
2.4 ドットマトリックス
3. プリンター用ケミカルスの市場動向
3.1 インクジェット用色素
3.2 レーザープリンター用材料
3.3 感熱記録用材料
3.4 感圧記録紙用材料


ケミカルプロフィル
1,3-ジメチル-2-イミダゾリジノン
1,3-Dimethyl-2-imidazolidinone
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


アミノエチル化アクリルポリマー
Acryl amine polymers
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


2,4,6-コリジン
2,4,6-Collidine
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


ジメチル-2,6-ナフタレンジカルボン酸
Dimethyl-2,6-naphthalene dicarboxylate
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


ニュースダイジェスト
海外編
国内編
このページのTOPへ