• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2005年11月号

  • ※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
    https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php
【特集】環境適応型洗浄剤

商品コード: F0511

  • 発行日: 2005年10月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【特集】環境適応型洗浄剤
プラスチック成形機用洗浄剤「セルパージ」
“CELPURGE”、Purging Agent for Injection Molding/Extrusion
岡本芳生(ダイセルポリマー(株) 開発部 技術開発グループ)
 ダイセルポリマーの独自技術による洗浄剤「セルパージ」は、半溶融タイプと同等以上の「品種替え時の洗浄性」と「炭化異物除去性」を有し、かつ界面活性剤タイプ特有の「洗浄剤の自己排出性」に優れているため、品種替えのスピードアップ、およびロス・不良率・産廃の低減に大きな効果を発揮する。

【目次】
1. はじめに
2. 洗浄剤に求められる性能
2.1 品種替え時の洗浄性
2.2 洗浄剤の自己排出性
2.3 炭化異物除去性
3. 市販の専用洗浄剤とその特徴 
4. セルパージの技術的特長
4.1 セルパージの洗浄性
4.2 セルパージの自己排出性
4.3 セルパージの炭化異物除去性
5. セルパージのグレードラインアップ
(1) MA2(標準タイプ)
(2) AW2(高洗浄タイプ)
(3) ME1(PE用タイプ)
(4) MP1(PP用タイプ)
(5) AG4(超高洗浄タイプ)
6. 超エンプラ対応グレードセルパージHG2の紹介
7. セルパージの使用方法
8. セルパージの環境負荷低減効果
9. おわりに


洗浄成分としての新規ポリグリセリンモノアルキルエーテルの開発
Development of Novel Polyglyceryl mono alkyl ether as Detergent
高瀬嘉彦(太陽化学(株) インターフェイスソリューション事業部 副主席研究員)
 ポリグリセリン系誘導体として汎用されている代表的な界面活性剤としてはポリグリセリン脂肪酸エステルがあげられ、食品、化粧品、工業用途に幅広く使用されている。しかしながらポリグリセリン脂肪酸エステルは、エステル特有の性質として、アルカリ領域下では加水分解を起こすため使用しにくいという問題がある。今回、われわれはポリグリセリン系誘導体としては新規なエーテル型の界面活性剤ポリグリセリンモノアルキルエーテルを開発し、洗浄成分として優れた機能を有することを見いだしたので紹介したい。

【目次】
1. はじめに
2. 構造
3. 溶液物性
4. 基本物性
4.1 洗浄力
4.2 起泡力
4.3 pH安定性
5. 安全性
6. 石けんとの併用効果
6.1 スカム分散性
6.2 硬水中での起泡性
6.3 保湿性
7. おわりに


環境負荷が少ない洗浄剤「eクリーン21」シリーズ
Environmentally-friendly Cleaner、“e Clean 21”Series
金子旻又((株)カネコ化学 代表取締役)
 環境に優しい洗浄剤または樹脂溶解剤として、eクリーン21シリーズを開発した。同シリーズには、臭素系洗浄剤、樹脂溶解剤および次世代フッ素系洗浄剤の3タイプがある。臭素系洗浄剤および樹脂溶解剤は、環境破壊係数が低いうえに塩化メチレンと同等の溶解力をもつ。次世代のフッ素系洗浄剤は、従来のフッ素系溶剤をベースに洗浄力をアップさせ、洗浄剤として機能を実現した製品である。

【目次】
1. はじめに
2. 臭素系洗浄剤
2.1 eクリーン21N、L、E、A、T
2.2 eクリーン21RA
3. 樹脂溶解剤
3.1 eクリーン21RA、RA-3、RA-1:樹脂溶解剤
3.2 洗浄剤K-1-101-N:シリコン樹脂の溶解剤
4. 次世代フッ素系洗浄剤
4.1 eクリーン21F-1、F-2
4.2 eクリーン21F-5、F-6
(1) eクリーン21F-5
(2) eクリーン21F-6
5. おわりに


【研究開発情報】
ホスファチジルセリンの開発と展開
Development and Deployment of Phosphatidylserin
日比野英彦(日本油脂(株) 食品事業部 学術担当次長)
 中枢賦活機能を示すホスファチジルセリン(PS)は当初ウシ脳から抽出されていたが、BSEの出現により中断され、現在はダイズホスファチジルコリンとセリンを原料とし、ホスホリパーゼDの塩基交換反応を利用して生産されている。PSは高齢者の記憶学習能の回復がよく知られているが、若者や中高年者の記憶低下予防やストレス抑制にも注目されている健康食品素材である。

【目次】
1. 開発の経緯
1.1 ホスファチジルセリンの脳での存在
1.2 ウシ脳から抽出したPS
1.3 ダイズ由来塩基交換反応PS
2. ダイズ転移PSの技術的特徴
2.1 PSを作るホスホリパーゼD
2.2 食品製造ホスホリパーゼD
2.3 PSの生産
3. 中枢賦活機能
3.1 中枢賦活機能の動物実験での確認
3.2 生化学的有効性からヒトの臨床報告
3.3 ヒトでの臨床効果の意義
4. 今後の展開
4.1 生体リズムを整える
4.2 肉体的ストレスの抑制
4.3 精神的ストレスの抑制
4.4 今後の展開のめざす方向


ホウ素化合物を重合開始剤とする空気雰囲気下温和な重合温度で進行する新規なリビングラジカル重合法の開発―1
Development of Novel Living Radical Polymerization Initiated with BoronCompound under Air at Mild Reaction Temperatures
菅野修一(東北生活文化大学 短期大学部 生活文化学科 教授)
 種々のホウ素化合物を開始剤とした空気雰囲気下60℃程度の比較的温和な反応条件で速やかに進行する新規なラジカル重合法を開発した。特に9-ボラビシクロ[3.3.1]ノナンを開始剤に用いた重合は、その推定重合機構から“ヒドロホウ素化-自動酸化リビングラジカル重合”と名づけた。ここで開発した新規なラジカル重合法は、そのリビング的な重合挙動も考慮すると広い分野に多くの潜在用途があると考えられ、今後工業生産レベルで普及することが期待される。

【目次】
1. はじめに
2. 結果と考察
2.1 一般的なラジカル重合開始剤を用いた空気雰囲気下でのビニル重合
2.2 9-BBNを開始剤とするStの重合


世界の新薬2004(3)
村上尚道
【目次】
6. 合成法新薬各論(その3)
(12) Pregabalin(Pfizer)
(13) Solifenacin succinate(Yamanouchi)
(14) Strontium ranelate(Servier)
(15) Ximelagatran(AstraZeneca)
(16) Ziconotide(Elan)
7. 光学活性体の構造と製法
7.1 キラル中心の数
7.2 分子量
7.3 光学活性体の製法
8. 半合成法新薬
9. 生物学的製品


ケミカルプロフィル
オルトギ酸エステル類
(Orthoformic acid esters)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


オルトプロピオン酸トリエチル
(Triethyl orthopropionate)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


α-ピネン
(α-Pinene)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


タウリン
(Taurine)
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


コラム:技術雑記(第5話)
翡翠物語
永田宏二(東京都技術アドバイザー)


ニュースダイジェスト
海外編
国内編
このページのTOPへ