• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊機能材料 2005年2月号

特集:材料とエマージングテクノロジーによる実装技術の新展開―Part 1

商品コード: M0502

  • 発行日: 2005年1月5日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0286-4835

個数: 

カゴに入れる

目次

特集:材料とエマージングテクノロジーによる実装技術の新展開―Part 1
実装技術と実装材料の変遷と展望
Transition and Trend of Jisso Technology and Jisso Material銅谷明裕(山一電機(株) 取締役(技術統括) R&Dセンター長)
 電子情報機器には3つの大きな技術トレンドがある。第1はダウンサイジングであり、これは過去20年間にわたって進展してきた。第2のデジタル化はデジタル家電に代表されるように今まさに進展しつつあり、第3のユビキタス化はこれから始まる技術である。これらの技術トレンドを支える実装技術と実装材料の変遷と展望について述べる。

【目次】
1. 実装技術の分類と産業規模
2. 電子機器と実装技術の変遷
2.1 ダウンサイジング化
2.2 デジタル化
2.3 ユビキタス化
3. ボード実装とLSIパッケージ技術の変遷
3.1 スルーホール実装
3.2 SMT実装(周辺接続)
3.3 リードレスSMT実装
3.4 3次元実装


実装技術にトリガーを与えたテクノロジー
Key Trigger Technologies for Packaging Technology宮代文夫((社)エレクトロニクス実装学会 顧問)
 実装といえばその中心はいうまでもなく半導体実装である。半導体は「産業のコメ」であるから、ユーザーたる産業機器・システム、家電機器など各時代ごとの「テクノロジードライバー」の動向に沿って変遷してきた。ここでは、今まで実装技術に大きく影響してきた主なテクノロジードライバーとその影響を受けた実装技術をトピックス的に取り上げて紹介し、今後の見通しについて展望する。そしてもう一つの大きな潮流である「環境問題」についても言及する。

【目次】
1. はじめに
2. 実装技術にとって重要なテクノロジードライバー
2.1 IT(情報通信)関連
2.2 情報家電関連
2.3 産業機器関連
3. 地球環境保全からみた実装技術へのインパクト
3.1 ハロゲンフリー材料
3.2 鉛フリーハンダ
3.3 分解容易性設計
4. 時で大実装技術とそれを実現するキーテクノロジーの展望
5. おわりに


基板と構成材料の変遷と展望
Transition and Prospect for Printed Circuit Board and its Materials越後文雄(松下電子部品(株) 開発技術センター 材料プロセス研究所 主任技師)
 半導体を中心とした実装技術に対応して、プリント配線基板もスルーホール多層基板からビルドアップ基板へと進化を遂げている。基板を構成する材料も、基板プロセスと要求性能に合わせて多くの提案がなされている。将来的にも微細化や複合化などが進み、電子部品や実装技術との密な連携が重要となってくる。

【目次】
1. はじめに
2. 多層配線基板に使用される材料
3. ビルドアップ配線基板に使用される材料
4. ALIVH基板
5. ALIVH基板の材料進化
6. 基板材料の将来展望
7. おわりに


Material Report R&D自然共生型有機合成反応を指向した金属固定化層状粘土触媒の開発
Development of Layered Clay-immobilized Metal Catalysts for Green OrganicSynthesis金田清臣(大阪大学大学院 基礎工学研究科 物質創成専攻 教授)
満留敬人(大阪大学大学院 基礎工学研究科 物質創成専攻 博士後期課程2年)
本倉健(大阪大学大学院 基礎工学研究科 物質創成専攻 博士後期課程2年)
 層状粘土鉱物は、その特異な物理化学的性質に基づきさまざまなタイプの高機能性触媒となる無機材料である。本稿では、ハイドロタルサイトおよびモンモリロナイトを触媒活性種の配位子ととらえた固定化金属触媒を用いた自然共生型反応への展開について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. ハイドロタルサイト固定化金属触媒を用いた有機合成反応
2.1 Ru固定化HTを用いた分子酸素を酸化剤とするアルコールの酸化反応
2.2 Ru/HTを多機能触媒として用いるone-pot反応系の開発
3. モンモリロナイト層間固定化金属触媒を用いた炭素-炭素結合形成反応
3.1 Ti4+-montのプレンステッド酸点を用いる炭素-炭素結合形成反応
3.2 Sc3+-montおよびCu2+-montのルイス酸点を用いる炭素-炭素結合形成反応
4. おわりに


新しい発光素子用基板としての酸化ガリウム単結晶の開発
Growth of β-Ga2O3 Single Crystals as Substrates for GaN島村清史(早稲田大学 各務記念材料技術研究所 助教授)
E.G.Villora(早稲田大学 各務記念材料技術研究所 研究員)
青木和夫((株)光波 執行取締役)
一ノ瀬昇(早稲田大学 各務記念材料技術研究所 教授)
 透明導電性酸化物(TCO)の一つである酸化ガリウム(β-Ga2O3)に着目し、その単結晶育成を行った。多くのTCOは単結晶化が困難であるが、β-Ga2O3は単結晶化ができる可能性がある。また得られた単結晶の応用を考えるうえで、GaN用の基板としての応用が期待されるので、これらについても検討を行った。

【目次】
1. はじめに
2. 酸化ガリウム
3. 結晶育成
4. GaN系薄膜の結晶成長
5. おわりに


機能材料連載講座:因果化学からみる材料の機能性(12)キラリティーおよび生命の起源
The Origin of Chirality and Life市村國宏(東邦大学 理学部 先進フォトポリマー研究部門 特任教授)
 生命の誕生には、生体を構成する分子は高純度な光学活性体でなければならない。どのようにして地球上にキラリティーが発生したかについて、1世紀以上にわたって論議されている。宇宙起源説であれ原始地球起源説であれ、いずれも複雑な現象の因果科学的な積み重ねを経たものである。

【目次】
1. はじめに
2. キラリティーの起源をめぐるさまざまな仮説
3. パリティー非保存によってキラリティーは発現したか
4. 円偏光による絶対不斉反応
5. 宇宙空間でのキラリティー起源説
6. 光配向におけるキラリティー発現の可能性
7. おわりに


周辺技術家電製品にかかわる抗菌・防カビ性能の評価
Evaluation of Antimicrobial and Antifungal Activity on Household Appliances奥田舜治(北里環境科学センター 微生物部)
菊野理津子(北里環境科学センター 微生物部)
嶋崎典子(北里環境科学センター 微生物部)
 家電製品にかかわる抗菌・防カビ性能の評価として、(1)家電製品の「抗菌・防カビ加工」を施された材料の性能評価と、(2)家電製品に組み込まれた「除菌」装置の性能評価について、現状の評価方法(JIS等)と課題、そして筆者らが所属する北里環境科学センターで実施している改良法などを紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 抗菌・防カビ加工材料の評価
2.1 家電製品に使われる材料
2.2 家電製品の抗菌評価方法
3. 今後の課題
3.1 家電製品使用環境下における抗菌・防カビ加工素材の耐久性(耐水、耐光)
3.2 家電製品における除菌性能評価
4. おわりに
このページのTOPへ