• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

農業IT化最前線レポート ―農業をビジネスに変えるIT化技術と企業・2011年―

  • ※代理販売の書籍につき見計い不可
★ 農業IT化の取り組みを取材・システム製品の概要と課題,今後市場性をレポート!
★ 生産・流通・販売のIT化企業事例を掲載!

商品コード: P0344

  • 発行元: (株)シード・プランニング
  • 発行日: 2011年7月
  • 価格(税込): 129,600 円
  • 体裁: A4,210ページ

個数: 

カゴに入れる

刊行にあたって

 日本農業は衰退の一途をたどっています。そのような中,企業の農業参入が増えています。参入各社が展開する事業は「農業ビジネス」と呼ばれ,専門技術からアイデア,サービスなど多様なアプローチをしています。
 農業ビジネスが注目される背景としては①日本農業を取り巻く課題として農業就業者の高齢化と後継不足,②耕作放棄地の増加,③輸入農産物との競合,④社会的には食品偽装や残留農薬など「食の安全・安心」への不信,⑤国内食料自給率低下への危機感,⑥環境破壊に対する問題意識の向上などがあります。
 最近では,TPPによる関税撤廃,農産物の自由化が喫緊の課題として急浮上しており,日本農業は待ったなしの岐路に立たされています。
 いま,「日本の農業再生」と「農産物の自由化・関税撤廃」などへの切り札として注目されているのがセンシング技術,通信技術,バイオテクノロジーなどハイテクを取り入れた農業のIT化です。
 本レポートでは,現在取り組まれている農業のIT化動向について分野別に最新動向を調査,今後の農業IT化の市場性と将来性を明らかにすることを目的としました。

農業IT化の調査対象分野:技術・システムなど

生産工程
圃場情報管理・モニタリングシステム(土壌,鳥獣防除,栽培生産管理等)
農産物栽培や環境への対応機器及びシステム(栽培履歴,気象情報等)
集荷・流通
集出荷・精算管理システム(産直POSレジシステム,精算管理・他)
商品の追跡管理システム(トレーサビリティシステム)
販売消費
ネット販売管理システム,青果の栽培履歴・流通過程追跡システム
その他サービス
定期気象サービス,ピンポイント気象情報(作付け情報,霜害・風雨情報)農業コンサルタント,販売支援システム・その他(販路開拓)

調査対象企業
<農業生産のIT化:精密農業>
ニコントリンブル,トプコン,クロダ農機,ジオサーフ,システムサプライ,クロスボー,
ツールズ,イーラボ,エクスペリエンス,大日本印刷,NEC,富士通,三菱農機,井関農機,
和歌山大学,東京農工大・他

<農産物流通のIT化:流通消費>
アグリコンパス,イーサポートリンク,イオン,ワタミ,らでぃしゅぽーや,和郷,
セブン&アイホールディング,サイゼリア,オークネット,オイシックス,新福青果・他

<農産物販売のIT化:産地直売施設>
愛媛電算,高崎共同計算センター,インプット,OCS,テクノア,データシステム,東芝テック,
寺岡精工,NTT東,ビジコム・他

目次

Ⅰ章. 農業IT化最前線
1.農業IT化の定義
1.1.農業IT化とは
1.2.市場概観
1.2.1.市場規模
1.2.2.農業IT/2020年市場概観
2.日本農業の現状
2.1.日本農業の一般情報
2.2.日本農業SOWT分析
3.農業IT化の現状
3.1.農林漁家でのパソコン利用状況
3.2.農業IT化の取り組み
3.2.1.農業IT化における行政動向
3.2.2.農業センシングロードマップ
3.2.3.JCC
4.農業IT化の課題・今後動向
4.1.農業を取り巻く状況
4.2.農業IT化の今後動向
Ⅱ章. 農業生産のIT化
1.精密農業市場
1.1.精密農業とは
1.2.精密農業の構成要素
1.3.精密農業の将来
1.4.精密農業市場
1.5.納入実績・今後市場性
1.6.精密農業市場概観
1.6.1.市場規模
1.6.2.分野別概況
 <GPSガイダンス/圃場管理システム/農作業ロボット・アシストスーツ>
2.新しい動き・クラウドコンピューティング
2.1.概況
2.2.今後市場性

<個別企業事例編>
1.株式会社ニコン・トリンブル
2.株式会社トプコン
3.株式会社クロダ農機
4.ジオサーフ株式会社
5.株式会社システムサプライ
6.株式会社イーラボ・エクスペリエンス
7.クロスボー株式会社
8.株式会社ツールズ
9.株式会社エムディアイ
10.株式会社たんぽぽ
11.株式会社フジミック埼玉
12.大日本印刷株式会社
13.日本電気株式会社
14.富士通株式会社
15.三菱農機株式会社
16.井関農機株式会社
17.農作業用パワーアシスト・ロボットスーツ(東京農工大学/和歌山大学)
Ⅲ章. 農産物流通のIT化 
1.農産物の流通全体像
1.1.農産物の流通外観
2.流通消費分野におけるIT化動向
2.1.概観
2.2.生産農家
2.3.流通
2.4.消費
2.5.各社のIT化取り組み動向
3.流通消費分野におけるIT化製品
3.1.製品化の動向
3.2.主要各社のIT化製品
4.流通消費分野のIT化課題
4.1.課題のまとめ
4.2.流通業者の課題と対応策
5.流通消費分野における今後方向
5.1.今後の方向性
5.2.各社の課題と対応策

<個別企業事例編>
1.アグリコンパス株式会社
2.株式会社イーサポートリンク
3.イオン株式会社
4.オイシック株式会社
5.オークネット株式会社
6.サイゼリア株式会社
7.有限会社新福青果
8.株式会社セブン&アイ・ホールディングス
9.ワタミ株式会社
10.株式会社和郷
11.らでぃしゅぼーや株式会社
Ⅳ章. 農産物販売のIT化 
1.産地直売所の現状
1.1.産地直売所施設数
1.2.産地直売所の機能
1.3.産地直売所の動向
1.3.1.産地直売所の経営規模
1.3.2.産直施設の販売額
1.4.産地直売所の課題
1.5.産地直売所の今後
1.5.1.産地直売所の拡大要因
1.6.道の駅
1.6.1.道の駅の設置状況
1.6.2.道の駅の機能
2.産直POSシステム市場概要
2.1.産直POSシステムの主要参入企業
2.2.主要各社の納入実績と今後市場見通し
2.3.産地直売POSシステムの市場規模
2.3.1.市場概観,今後の見通し
2.3.2.市場規模
2.4.産直POSシステムの市場シェア
2.5.直売所施設のPOSシステム構成

<個別企業事例編>
1.株式会社愛媛電算
2.株式会社インプット
3.株式会社OCS
4.株式会社高崎共同計算センター
5.株式会社寺岡精工
6.株式会社テクノア
7.データシステム株式会社
8.東日本電信電話(NTT東)
9.株式会社ビジコム
10.東芝テック
11.株式会社富士通エフサス
<用語解説>
関連商品
このページのTOPへ