• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2007年1月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【新春特集】 超臨界流体と合成・製造技術

商品コード: F0701

  • 発行日: 2006年12月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

【新春特集】 超臨界流体と合成・製造技術
--------------------------------------------------------------------------------

序論
Introduction

--------------------------------------------------------------------------------
佐古猛(静岡大学大学院 創造科学技術研究部 教授)


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界二酸化炭素を用いたポリアクリル酸の合成
Synthesis of Polyacrylic Acid using Supercritical CO2

--------------------------------------------------------------------------------
佐古猛(静岡大学大学院 創造科学技術研究部 教授)
岡島いづみ(静岡大学 イノベーション共同研究センター 非常勤研究員)
山本陽子(日本純薬(株) 研究統括部)

 揮発性有機化合物による健康被害や環境汚染などの問題から,有機溶媒をいっさい使用せずに,安全で安心な製品を製造する技術が強く望まれている。本稿では,無害な超臨界二酸化炭素を有害な有機溶媒の代替として使用し,湿布の粘着剤やシャンプーの増粘剤などとして使用されているポリアクリル酸を合成する技術について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ポリマー合成に超臨界二酸化炭素を用いるメリット
3. 超臨界重合反応装置
4. ポリアクリル酸の合成
4.1 ポリアクリル酸微粒子の形状
4.2 反応時間の影響
4.3 モノマー濃度の影響
4.4 重合開始剤濃度の影響
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界二酸化炭素を利用するキナゾリン誘導体の合成
Quinazoline Synthesis Using Supercritical Carbon Dioxide

--------------------------------------------------------------------------------
水野卓巳(大阪市立工業研究所 有機材料課 研究副主幹)

 超臨界二酸化炭素を原料および有機溶剤の代替品の溶媒として利用し,触媒量の塩基存在下,医薬品中間体である2,4-ジヒドロキシキナゾリンを合成する新しい製造方法につ いて開発した。超臨界二酸化炭素を原料および溶剤として利用する本法は,化学資源の有効利用と環境負荷低減の観点から,一石二鳥の効果が期待できるものである。  

【目次】
1. はじめに
2. 重要な医薬品中間体である2,4-ジヒドロキシキナゾリン
3. 触媒量のDBUを用いた2,4-ジヒドロキシキナゾリンの合成
4. 超臨界二酸化炭素を原料および溶媒として利用した2,4-ジヒドロキシキナゾリンの合成
5. 2,4-ジヒドロキシキナゾリンの合成における反応経路
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界二酸化炭素-イオン液体多相系反応場を用いた有機合成
The Organic Synthesis in scCO2‐Ionic Liquid Multiphase Reaction System

--------------------------------------------------------------------------------
川波肇((独)産業技術総合研究所 コンパクト化学プロセス研究センター 主任研究員)

  環境に優しいグリーン媒体である超臨界二酸化炭素とイオン液体を組み合わせた多相系反応場は,従来にない特異な性質をもつ反応場として注目されている。われわれは,この多相系反応場を用いることで,特に効率の悪かった化学的二酸化炭素化学固定化を大幅に改善できることを見いだしたので,これらの成果を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 二酸化炭素固定化
2.1 超臨界二酸化炭素‐イオン液体二相系反応場の適用
2.2 環状ウレタン合成
3. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界流体クロマト法(SFC法)によるキラル化合物の光学分割
Chiral Separation by Supercritical Fluid Chromatography(SFC)

--------------------------------------------------------------------------------
宮澤賢一郎(ダイセル化学工業(株) 新井工場 CPIカンパニー 生産部 FPC室 キラルセパレーション担当 研究員)
 
 光学活性体の生産手段として,光学異性体分離用充填剤(キラル充填剤)を用いたクロマトグラフィー法は,迅速性,汎用性に優れた方法である。なかでも,超臨界流体クロマ トグラフィー(SFC)は近年,欧米を中心に強い注目を集めている。本稿では,当社のキラルカラム「CHIRALPAK(R)」および「CHIRALCEL(R)」を用いた分離例をもとに,SFC法の有用性について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. SFC法の概要と特長
3. キラルカラムを用いた各種化合物のSFC分離
3.1 SFC装置構成と分離条件
3.2 コーティング型充填剤を用いたカラムでの分離例
3.3 耐溶剤型充填剤を用いたカラムでの分離例
3.4 分取例と生産性の検討
(1) フルルビプロフェン
(2) グアイフェネシン
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界二酸化炭素を利用した化粧品用機能性粉体の開発
Development of Functional Powder for Cosmetics utilizing Supercritical Carbon Dioxide

--------------------------------------------------------------------------------
野尻尚材(花王(株) 加工・プロセス開発研究所 第1研究室 主任研究員)
 
 超臨界二酸化炭素を高分子の溶媒として利用する機能性複合粉体の製造方法を開発した。本法は非常にシンプルな製造プロセスであり,従来から使用されている有機溶剤などの液体溶媒を使用しないことから,安全で環境に優しく,また液体媒体に依存する粒子の凝集を抑制できると考えられる。本技術を利用して,無機粒子(母粒子)を高分子で被覆 したタイプの複合粉体および無機微粒子が付着した無機微粒子を高分子で被覆したタイプの複合粉体を開発した。

【目次】
1. はじめに
2. 化粧品用の機能性粉体
3. 開発した機能性粉体
4. 使用した高分子
5. 複合化方法
5.1 無機粒子の高分子による被覆
5.2 無機微粒子が付着した無機粒子の高分子による被覆
6. 得られた機能性複合粉体
7. 操作方法に関する考察
8. 製造設備と製造フロー
9. 超臨界二酸化炭素を利用した複合化技術の新たな展開
10. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界水中での有機-無機ハイブリッドナノ粒子合成
Supercritical Hydrothermal Synthesis of Hybrid Nanoparticles

--------------------------------------------------------------------------------
大原智(東北大学 多元物質科学研究所 助手)
梅津光央(東北大学 多元物質科学研究所 助手)
名嘉節(東北大学 多元物質科学研究所 助教授)
阿尻雅文(東北大学 多元物質科学研究所 教授)
 
 われわれは,超臨界水を水熱合成の反応場とすることで,無機ナノ粒子に今までにない特性が期待できると考え研究開発を進めてきた。特に最近は,新規な有機表面修飾無機ナノ粒子(有機‐無機ハイブリッドナノ粒子)合成法の研究を進めている。無機ナノ粒子の表面を任意の有機分子で修飾することでハンドリング性を高め,また高次構造を形成させるためのナノビルディングブロックとしての機能を付与することを目的としている。

【目次】
1. はじめに
2. 超臨界水の物性と相挙動
3. 水熱合成反応場の化学平衡・反応速度・溶解度
4. 急速昇温超臨界水熱合成装置
5. 無機ナノ粒子合成
6. ハイブリッドナノ粒子合成
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界二酸化炭素を用いた医薬品微粒子の製造
Production of Drug Fine Particles using Supercritical Carbon Dioxide

--------------------------------------------------------------------------------
森部久仁一(千葉大学大学院 薬学研究院 助教授)

 超臨界流体技術の医薬品分野への応用としては,医薬品の合成,分離,抽出に加え,製剤化への応用,たとえば微粒子化や結晶形制御,コーティングやマクロカプセル化,固体分散体や複合体の調製などがあげられる。本稿では,医薬品の微粒子化に焦点を絞り,超臨界二酸化炭素を利用した医薬品微粒子の製造について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 超臨界二酸化炭素を用いた医薬品微粒子の製造方法
2.1 RESS法
2.2 PGSS法
2.3 SAS(GAS)法,ASES法,SEDS法
3. 超臨界二酸化炭素を用いた医薬品の微粒子化技術の実用化に向けて
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界流体によるポリマーの微細発泡成形
Micro Cellular Foam Molding utilizing Supercritical Fluid

--------------------------------------------------------------------------------
上園裕正((株)日本製鋼所 広島製作所 成形機器システム事業部 射出機技術部 射出機開発設計G 担当課長)
菊川健治((株)日本製鋼所 広島製作所 成形機器システム事業部 射出機技術部 射出機開発設計G 部長)
 
 環境負荷低減が盛んに叫ばれている昨今,超臨界窒素など無害な物質を用いた微細発泡成形であるMuCell技術が注目されている。本稿では,MuCell技術の特徴を説明するとともに成形事例をいくつか紹介する。さらに,現状のMuCell技術の課題を明らかにした うえで,将来に向けてこの技術をどう生かしていくべきかを提言する。

【目次】
1. はじめに
2. 超臨界流体を用いた射出成形法
2.1 超臨界流体の種類
2.2 MuCell射出成形法のプロセス
2.3 MuCell射出成形法の特徴
2.3.1 射出圧力の低減
2.3.2 製品の軽量化
2.3.3 そりの改善
2.3.4 収縮の防止
2.3.5 成形サイクルの短縮
3. MuCell射出成形システム
3.1 システム構成
3.2 MuCell射出成形機
3.2.1 標準射出成形機との相違点
3.2.2 MuCell射出成形機に必要な機能
4. MuCell射出成形事例
5. MuCell射出成形法の課題と対策
5.1 表面性状
5.2 成形品強度
6. MuCell射出成形法のこれから


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界二酸化炭素による繊維のコーティング・表面加工
Coating and Surface Modification of Textiles using Supercritical Carbon Dioxide

--------------------------------------------------------------------------------
堀照夫(福井大学大学院 工学研究科 ファイバーアメニティ工学専攻 教授)
奥林里子(福井大学 ベンチャービジネスラボラトリー 博士研究員)
 
 超臨界二酸化炭素流体を媒体として用いると,疎水性の繊維・高分子は膨潤し,いろいろな化合物が浸透しやすくなる。これを利用し,繊維・高分子の表面に金属や他の機能性化合物を,容易にまた強固に固定することができる。本稿では,この加工法の基礎となった超臨界染色の原理とこれを応用した表面加工を解説する。

【目次】
1. はじめに
2. 超臨界染色
3. 超臨界流体を用いる繊維・高分子の機能加工
3.1 機能剤の注入・固定
3.2 超臨界流体を用いる繊維・プラスチックのメッキ
3.3 超臨界流体を用いる繊維・高分子の表面の複合化
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界流体技術を用いた微粒子コーティング
Fine Particle Coating by Using Supercritical Fluid Technology

--------------------------------------------------------------------------------
池田雅弘(岐阜大学大学院 工学研究科 環境エネルギーシステム専攻 助手)
堤敦司(東京大学大学院 工学系研究科 化学システム工学専攻 助教授)
 
 粒子表面をコーティングする技術は,粒子にさまざまな機能をもたせる複合化技術である。粒子コーティングのうち,流動層コーティング法は工業的にも広く用いられているが, 粒子径が小さくなると核粒子どうしが凝集し,安定なコーティングをすることが困難となる。本稿では,従来の流動層コーティング法ではコーティングすることが困難である微粒子に対し,溶媒として超臨界流体を用いてコーティングを行う手法について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 流動層と超臨界噴出法を用いたコーティング造粒
2.1 実験装置および方法
2.2 実験結果および考察
3. 超臨界サスペンション噴出法による微粒子コーティング
3.1 実験装置および方法
3.2 実験結果および考察
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

イソプロピルエーテル
(Isopropyl ether)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

レシチン
(Lecithin)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

l-メントール
(l ‐Menthol)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

N‐メチルエタノールアミン
(N‐Methylethanolamine)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

コラム:技術雑記(第19話)

--------------------------------------------------------------------------------
漆の文化
永田宏二

--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
海外編
国内編
このページのTOPへ