• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊機能材料 2003年7月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集】 高分子3次元構造制御技術

商品コード: M0307

  • 発行日: 2003年6月5日
  • 価格(税込): 4,320 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0286-4835
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集:高分子3次元構造制御技術

--------------------------------------------------------------------------------

巻頭言 高分子の階層的構造の制御-特集「高分子3次元構造制御技術」によせて-
Control of Hierarchical Structure in Polymer Materials

--------------------------------------------------------------------------------
野瀬卓平(東京工芸大学 工学部 応用化学科 教授)


--------------------------------------------------------------------------------

高分子材料中の3次元構造形成と制御法
Morphology Formation and Control in Polymer Materials

--------------------------------------------------------------------------------
野島修一(東京工業大学大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 助教授)

 高分子系で作用する代表的な構造形成因子(液-液相分離,ミクロ相分離,結晶化)と形成する3次元構造について解説する。また高分子材料中での構造形成が複雑になる原因について考える。さらに,結晶化を含む複合的構造形成を利用して,3次元構造を制御した例について紹介する。

【目次】
1. はじめに-フィルム化に向けて
2. 高分子材料中で作用する構造形成因子
3. 構造形成因子の複合化
4. 高次構造の制御法
4.1 結晶化と液-液相分離の複合効果による3次元構造制御
4.2 結晶化とミクロ相分離の複合効果による3次元構造制御
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

ブロック・グラフト共重合体のミクロ相分離による3次元構造制御
Dye-sensitized Solid-state Solar Cell using Cul

--------------------------------------------------------------------------------
横山英明(産業技術総合研究所 高分子基盤技術研究センター 主任研究員)

 ブロック共重合体(ブロックコポリマー)のミクロ相分離構造による3次元構造について,構造の形成と構造形成の機構・速度について論じる。特に,取り上げられることの少ない動的な性質,拡散と構造形成の速度について,筆者の研究を紹介して解説する。

【目次】
1. はじめに
2. ブロック共重合体のミクロ相分離
3. 表面・界面での影響
4. 構造形成の速度
5. 今後期待される外場による制御


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界法を利用した液液相分離による3次元構造制御
Control of Porous Structure by Phase Separation of Polymers and Supercritical Carbon Dioxide

--------------------------------------------------------------------------------
斎藤拓(東京農工大学 工学部 有機材料化学科 助教授)

 超臨界二酸化炭素と高分子の液液相分離を利用することで,連結多孔構造の形成,不融高分子の多孔化,さらには高分子/無機コンポジットにおける微多孔構造の形成など,多様なサイズや形状の多孔構造の形成を可能にさせた。それら超臨界二酸化炭素と高分子の液液相分離を利用した多孔構造制御について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. 超臨界法について
3. スピノーダル分解と連結多孔化
4. 高分子/二酸化炭素系の相図
5. 多孔構造と光反射性
6. 結晶の多孔化
7. 不融高分子の多孔化
8. 微細多孔化
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

配向結晶化による3次元構造制御
Structure Control by Oriented Crystallization

--------------------------------------------------------------------------------
海藤彰(産業技術総合研究所 高分子基盤技術研究センター 高次構造制御チームリーダー)

 配向結晶化については,古くから多くの研究例が報告されているものの,結晶性高分子を含む高分子多成分系へ適用した例は比較的少ない。このような配向誘起場における結晶化の制御により,高分子の高次構造をメゾ・ナノレベルで制御する技術を開発することができれば,新しい機能性高分子の開拓が可能になる。本稿では,結晶性高分子を含むポリマーブレンドやブロック共重合体を対象とした配向結晶化について,最近の研究動向を紹介した。

【目次】
1. はじめに
2. 相溶系ポリマーブレンドの配向結晶化
3. 配向した多相系高分子における配向結晶化
4. ブロック共重合体のミクロ相分離構造内部における結晶化
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

結晶性鎖を含むブロック共重合体の3次元構造制御
Morphological Control og Block Copolymers with Crystalline Chains

--------------------------------------------------------------------------------
小島拓士((財)化学技術戦略推進機構 精密高分子技術集中共同研究体 研究員)
五十嵐一郎(日本ゼオン(株) 基盤技術研究所 所長)
野島修一(東京工業大学大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 助教授)

 ナノスケールでの高分子材料の3次元構造制御技術は,光・電子材料や医用材料などをはじめとする先進的材料分野だけでなく,広範な材料分野への波及効果が期待される基盤技術である。本稿では,結晶性鎖を含む各種ブロック共重合体の3次元構造形成に関する最近の研究動向を紹介するとともに,筆者らの研究成果の一部も紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 結晶性-非晶性ブロック共重合体の3次元構造と制御
2.1 PEを含むブロック共重合体
2.2 PCLを含むブロック共重合体
2.3 PEOを含むブロック共重合体
3. 結晶性-結晶性ブロック共重合体の3次元構造と制御
3.1 融点が離れているブロック共重合体
3.2 融点が近い結晶性-結晶性ブロック共重合体
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

造核剤による結晶性高分子の3次元構造制御
Technology to Control 3 Dimensional Structure of Crystalline Polymer by Nucleating Agents

--------------------------------------------------------------------------------
畑中知幸((財)化学技術戦略推進機構 精密高分子技術集中共同研究体 研究員)
飛田悦男(旭電化工業(株) 樹脂添加剤開発研究所 添加剤研究室 室長)
野島修一(東京工業大学大学院 理工学研究科 有機・高分子物質専攻 助教授)

 結晶性高分子の構造形成過程である結晶化を,短時間で終了させることのできる添加剤が造核剤である。この造核剤の添加量は結晶性高分子のわずか3000ppm以下であるが,それにより球晶構造が微細化する。また造核剤の種類によっては,結晶性高分子の結晶構造に異方性を生じさせる。このような造核剤の性能差を,球晶の形成過程の比較により見積もった。

【目次】
1. はじめに
2. 造核剤による結晶性高分子の結晶化
3. PPへの造核剤の添加効果
4. 各種造核剤の性能
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

シミュレーションによる3次元構造の予測
Computer Simulation of the Structure Formations in Polymer Systems

--------------------------------------------------------------------------------
三浦俊明(産業技術総合研究所 高分子基盤技術研究センター 主任研究員)

 近年,高分子の分野においても,シミュレーション技術を適用して物性予測・構造予測を試みる研究が盛んになりつつある。本稿では,高分子系の構造形成に関する各種シミュレーション技術の特徴とその長所・短所を概観し,分子シミュレーションの適用事例の一つとして,溶融結晶化による3次元秩序形成過程を取り上げることにする。

【目次】
1. はじめに
2. 高分子におけるシミュレーション手法の原理と特徴
3. 結晶化に伴う3次元構造秩序形成のシミュレーション
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

Material Report R&D

--------------------------------------------------------------------------------

ガラス基板上に形成する透明導電膜の新工程
New Process of Transparent Conducting Oxide Films formed on Glass Substrate

--------------------------------------------------------------------------------
藤沢章(日本板硝子(株) 技術研究所 研究開発グループ グループリーダー)

 板ガラス製造ライン上で板ガラスを形成すると同時に,ガラスリボンのもつ熱エネルギーを利用して成膜を行う”オンラインCVD法”は,大面積のガラスへの生産性よく薄膜をコーティングする方法である。このオンラインCVD法により成膜されるSnO2膜を利用したLow-Eガラスと太陽電池基板について説明する。

【目次】
1. はじめに
2. オンラインCVD法
3. CVD法によるSnO2膜
4. Low-Eガラス
5. 太陽電池基板
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

機能材料マーケットデータ

--------------------------------------------------------------------------------

エコポリマー市場

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
1. はじめに
2. ポリマーと環境
3. 機能性ポリマー
4. 企業等の動向
5. おわりに
このページのTOPへ