• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2006年9月号

【特集】 GSCシンポジウム2006

商品コード: F0609

  • 発行日: 2006年8月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

目次

特集 GSCシンポジウム2006

--------------------------------------------------------------------------------

GSC 推進・普及に努めるGSC ネットワークの取り組みと課題
Dissemination and Promotion of Green and Sustainable Chemistry by GSCN―Activities, Issues and Future Perspectives

--------------------------------------------------------------------------------
松山一夫(化学技術戦略推進機構(JCII) 戦略推進部 部長研究員)
安井至(国際連合大学 副学長)

 GSCNは設立から6年を経過し,この間にGSC賞の創設・運営,シンポジウムの開催,GSC関連情報の発信によりGSC基本理念の理解,GSC に向けた研究・技術開発の必要性をネットワークを通して共有化するとともに,化学技術がかかわる広範な分野へのGSCの推進・普及に努めてきた。最近のグローバルな展開を含め,GSCNの取り組みと課題について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. GSCN設立とその後の活動経緯
3. GSC賞の創設と運営
4. GSCシンポジウムの開催
5. GSC関連情報の発信
6. GSC活動のグローバルな展開
7. 今後の課題


--------------------------------------------------------------------------------

常圧溶解法によるFRP リサイクル技術
FRP Recycling using Depolymerization of Unsaturated Polyester under Ordinary Pressure

--------------------------------------------------------------------------------
柴田勝司(日立化成工業(株) 機能性材料研究所 リサイクル技術グループ 主任研究員)

 小型船舶などに使用されるFRPをFRPへリサイクルすることを目的として,常圧下で化学的に樹脂を分解し,各素材を分離する常圧溶解法を開発した。回収したガラス繊維を使って不織布を作製し,それを用いたFRPを評価した結果,新品FRP量産品に対して70~80% の引張り強さであった。この値は再現性が良く,設計変更で量産品への適用が可能と考える。

【目次】
1. はじめに
2. 常圧溶解法の概要
3. 回収無機繊維の用途開発
4. 回収樹脂分解物の用途開発
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

資源循環対応型樹脂アロイの開発
Development of Polymer Alloy to Support of Resources Recycling

--------------------------------------------------------------------------------
磯崎敏夫(出光興産(株) 化学開発センター 樹脂研究所 第一開発室 チームリーダー)
稲垣靖史(ソニー(株) 環境推進部 シニアエコリサーチャー)

 近年,循環型社会形成の認識のもとに各種法制度の整備が図られ,一方,CSR の観点で企業には排出物質削減が強く求められている。この中でも有効な対応が急務となっている光学製品について,出光興産はソニーグループと共同でPC 樹脂の材料設計技術をもとに,廃ディスク粉砕材を直接ブレンドしても品質低下が少ないeco―SZ200(非臭素非リン難燃PC アロイ)を開発した。本稿ではその概要を解説する。

【目次】
1. はじめに
2. ポリカーボネートのリサイクル
3. eco-SZ2000の開発
4. eco-SZ2000の特性
4.1 一般物性
4.2 成形性
4.3 各種環境下での品質保持性
4.3.1 使用環境下での品質保持特性
4.3.2 熱履歴による品質保持性
5. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

超臨界水を用いた小型有機廃液処理装置の開発
Compact Equipment for Organic Liquid Waste Treatment with Supercritical Water

--------------------------------------------------------------------------------
藤江誠((株)東芝電力システム社 電力・社会システム技術開発センター 化学システム開発部 主査)
大村恒雄((株)東芝電力システム社 電力・社会システム技術開発センター 化学システム開発部 プロセス技術担当)
赤井芳恵((株)東芝電力システム社 電力・社会システム技術開発センター 化学システム開発部 グループ長)

 臨界点(374℃,22.1MPa)以上の温度・圧力状態の水(超臨界水)は,有機物を分解して無機化する力が強く,かつ分解生成物を水中に保持できるため,有害物質の分解処理への適用が期待される。われわれは反応容器材料・構造と処理条件を最適化し,硫黄分を含む有機廃液中の炭素分の99.9%以上を二酸化炭素にまで完全に分解できるコンパクトな装置を開発した。

【目次】
1. はじめに
2. 超臨界水による有機物分解の特徴
3. 反応容器の材料と構造
4. 有機溶媒の分解挙動
5. 他の有機溶媒への適用
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

環境調和型キラル有機分子触媒のデザインと有用アミノ酸の実用的不斉合成
Design of Environmentally―benign Chiral Organocatalysts for Practical Asymmetric Synthetic of Useful Amino Acids

--------------------------------------------------------------------------------
丸岡啓二(京都大学大学院 理学研究科 化学専攻 教授)

 市販の光学活性ビナフトールから出発して,各種のキラル有機分子触媒を新たにデザインした。すなわち,ビナフチル環を2 つ有するスピロ型キラル相間移動触媒は不斉アルキル化において高エナンチオ選択性を発現し,各種の天然型および非天然型α―アルキル,α,α―ジアルキルアミノ酸,β―ヒドロキシ―α―アミノ酸の実用的不斉合成プロセスを開拓することができた。特に単純化構造を有する新規キラル相間移動触媒は高活性,高エナンチオ選択性を発現し,わずか0.05 モル%の量で各種のアミノ酸合成が可能になった。また,β―アミノ酸誘導体の不斉合成をめざして,不斉マンニッヒ反応に有効なキラルアミン触媒を開発した。

【目次】
1. はじめに
2. キラル相間移動触媒を用いる光学活性α-アルキルアミノ酸の合成
3. キラル相間移動触媒を用いる光学活性α,α-ジアルキルアミノ酸の合成
4. 直截的な不斉アルドール合成
5. キラル相間移動触媒の単純化
6. らせん型キラル相間移動触媒を用いるかさ高いα-アルキルアミノ酸の合成
7. キラル相間移動触媒を用いる光学活性γ-アミノ酸の合成
8. キラルアミノスルホンアミド触媒を用いる光学活性β-アミノ酸の合成
9. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

サルファーフリー自動車燃料製造技術の開発
Sulfur―free Fuel Production Technology

--------------------------------------------------------------------------------
島田孝司(新日本石油(株) 研究開発本部 中央技術研究所 燃料研究所 プロセスグループ シニアスタッフ)

 自動車のCO2排出削減および排ガス浄化を達成するには,自動車燃料の硫黄分を削減することが効果的である。本稿では,当社で開発したガソリンおよび軽油のサルファーフリー化技術を紹介する。ガソリンについてはオクタン価を下げずに脱硫する技術,軽油については高活性な触媒開発技術が鍵となる。

【目次】
1. はじめに
2. ガソリン・軽油の製造工程
3. ガソリンのサルファフリー化
3.1 CCGの特徴と脱硫における課題
3.2 CCG選択的脱硫技術
 (1) 触媒開発
 (2) プロセス開発
4. 軽油のサルファフリー化
5.おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

環境調和型軽油超深度脱硫触媒の開発とその実用化
Environmentally Friendly Catalyst for Ultra―deep Desulfurization of Diesel Fractions:
Its Development and Industrial Experience

--------------------------------------------------------------------------------
木村洋(コスモ石油(株) 中央研究所 水素化精製グループ 副主任研究員)

 自動車排ガスにかかわる規制に合わせて,軽油中の硫黄濃度をサルファーフリー(10ppm以下)にすることが求められた。本稿では,既存の軽油脱硫装置でサルファーフリー軽油が生産可能な高性能脱硫触媒の開発について紹介する。現在,コスモ石油の全製油所の軽油脱硫装置で開発触媒が使用され,順調に商業生産を行っている。

【目次】
1. はじめに
2. サルファフリー軽油の製造技術
3. 軽油の脱硫触媒
4. 高性能脱硫触媒の開発
5. 開発触媒の分析
6. 開発触媒のベンチプラント評価および商業運転実績
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

イオン液体の環境調和型グリコシル化反応への活用
Use of Ionic Liquid for Greener Glycosidation

--------------------------------------------------------------------------------
戸嶋一敦(慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 教授)
佐々木要慶(應義塾大学 大学院 理工学研究科 博士課程2年)
山田千草(慶應義塾大学 大学院 理工学研究科 修士課程2年)

 これまでの常識を覆す不思議な塩として注目されるイオン液体。本稿では,イオン液体の環境調和性とデザイン性を活用し,酸性イオン液体を反応の触媒兼溶媒として用いる環境調和型で立体選択的なグリコシル化反応(配糖化法)の開発と,これらを利用したさまざまな配糖体の合成について解説する。

【目次】
1. はじめに
2. イオン液体
3. グリコシル化反応に適したイオン液体の調製
4. イオン液体の環境調和性を活用したグリコシル化反応
5. イオン液体のデザイン性を活用したグリコシル化反応
6. イオン液体を用いたC-グリコシル化反応
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

グリセリンをベースとした環境調和型凍結防止剤の開発と展開
Use of Ionic Liquid for Greener Glycosidation

--------------------------------------------------------------------------------
藤尾則子(日本油脂(株) 油化学研究所 オレオ誘導体研究グループ 研究員)
静延彦(日本油脂(株)油化学研究所 オレオ誘導体研究グループ グループリーダー)
時田和司(日本油脂(株)油化学研究所 オレオ誘導体研究グループ  北海道日本油脂(株) 技術開発部 取締役部長)

 グリセリンの世界生産量は2004年には約99万トンであるが,バイオディーゼル燃料の使用量増加により,今後は余剰グリセリンが大幅に増大する懸念がある。世界的にグリセリンの用途拡大が考えられているなか,グリセリンをベースとした環境調和型凍結防止剤に関して,その開発の経緯から商品設計,性能評価などを本稿にまとめた。また,製品アプリケーションについても紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. グリセリンをめぐる動き
3. グリセリンの物性と機能および既存用途
4. 凍結防止剤の開発経緯
5. 環境調和型凍結防止剤カマグの開発
5.1 凝固点降下能力の改良
6. 凍結防止剤とそのアプリケーション


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

t―ブチルパーオキシベンゾエート
(t―Butyl peroxybenzoate)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

レニウム
(Rhenium)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 製法
(3) 生産
(4) 需要
(5) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

アスパルテーム
(Aspartame)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 毒性
(3) 製法
(4) 生産
(5) 需要
(6) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

カラギーナン
(Carrageenan)

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1) 概要
(2) 製法
(3) 生産
(4) 需要
(5) 価格


--------------------------------------------------------------------------------

コラム:技術雑記(第15話)

--------------------------------------------------------------------------------

美人のにおい

--------------------------------------------------------------------------------
永田宏二


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
海外編
国内編
関連商品
このページのTOPへ