• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(9月19日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2004年7月号

※コピー販売をしております。詳しくは弊社までお問い合わせ下さい。
https://www.cmcbooks.co.jp/contact/index.php

【特集 】 21世紀の新農薬

商品コード: F0407

  • 発行日: 2004年6月15日
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150
こちらの書籍については、お問い合わせください。

目次

特集 21世紀の新農薬

--------------------------------------------------------------------------------

21世紀の新農薬―総論
New Pesticides in the 21st Century

--------------------------------------------------------------------------------
岡田至(アグロカネショウ(株) 研究部 合成課 主席研究員)

 21世紀に商品化された合成農薬を,日本メーカーおよび海外メーカーによるものに分けて表にまとめた。また,現在開発中の合成農薬を除草剤,殺菌剤,殺虫剤および殺ダニ剤に分けて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 21世紀に商品化された合成農薬
3. 開発中の合成農薬
4. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

殺菌剤ベンチアバリカルブイソプロピル
A New Fungicide,Benthiavalicarb―isopropyl

--------------------------------------------------------------------------------
柴田卓((株)ケイ・アイ研究所 主任研究員)

 ベンチアバリカルブイソプロピルは,バリンアミド系殺菌剤として発見された新規べと病・疫病防除剤である。特徴としてブドウやバレイショ,野菜などの主要病害である「べと病」「疫病」に1ha当たり数十グラムの低薬量で優れた予防効果が得られるとともに,高度な浸達力により高い治療効果も示す薬剤である。本稿では,ベンチアバリカルブイソプロピル発見の経緯を中心に,生物特性,合成プロセスなどについて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ベンチアバリカルブイソプロピル発見の経緯
2.1 研究の始まりと化合物の展開
2.2 新たなリード化合物の構造と活性,課題
2.3 ベンチアバリカルブイソプロピルへの展開
2.4 ベンチアバリカルブイソプロピルの異性体
3. ベンチアバリカルブイソプロピルの殺菌活性
4. ベンチアバリカルブイソプロピルの性状
5. ベンチアバリカルブイソプロピルの安全性
6. ベンチアバリカルブイソプロピルの製造プロセス
7. 今後の展望
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

殺菌剤ブイゲットの創製
Research and Development of a New Fungicide,V―GET

--------------------------------------------------------------------------------
津幡健治(日本農薬(株) 総合研究所 合成グループリーダー)
富田啓文(日本農薬(株) 総合研究所 生物研究センターチーフ)

 日本農薬が開発したブイゲット(一般名:チアジニル)は新規な水稲用殺菌剤であり,本来植物が保有している病害抵抗性を増強して効果を発現する「抵抗性誘導剤」と考えられる。本剤は,イネいもち病に対して育苗箱施用および本田施用で優れた防除効果を示す。1,2,3―チアジアゾールの合成展開により見いだされた経緯とその性能について述べる。

【目次】
1. はじめに
2. 抵抗性誘導剤
3. 創出の経緯
4. 1,2,3-チアジアゾールの合成
5. 構造活性相関,最適化検討
6. チアジニルの選抜とその性能
6.1 チアニジルの選抜
6.2 チアニジルの性能
7. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

除草剤フェントラザミドの開発
Development of a Paddy Herbicide,Fentrazamide

--------------------------------------------------------------------------------
柳顯彦(バイエルクロップサイエンス(株) 研究本部 合成研究部 第3合成研究室長)
五島敏男(バイエルクロップサイエンス(株) 生産本部 本部長付)

 一般名:フェントラザミドは,バイエルクロップサイエンスが創製・開発したカルバモイルテトラゾリノン系の新規除草剤である。本剤は,水田一年生雑草のヒエ類および種々の広葉雑草に効果があり,ヒエに対する卓効と長い残効性および移植水稲に対するきわめて高い安全性から,田植え直後より使用できる水稲用除草剤の混合母剤として開発された。田植え同時処理ができるベンスルフロンメチルとの混合剤(商品名:イノーバR)は散布時の大きな省力化をもたらした。

【目次】
1. はじめに
2. リード化合物の探索
2.1 リード化合物の発見
3. リード化合物からフェントラザミドへの展開
3.1 ベンゼン環の置換基の検討
3.2 カルバモイル基の置換基検討
3.3 フェントラザミドの選抜
4. 開発化合物の合成
5. フェントラザミドの性状と安全性
6. フェントラザミドの除草特性
7. フェントラザミドの作用機構
8. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

除草剤インダノファンの創製
Discovery and Development of New Herbicide,Indanofan

--------------------------------------------------------------------------------
直原哲夫(日本農薬(株) 総合研究所 主席研究員)
池田修(日本農薬(株) 原体事業本部チーフ)

 インダノファン(一般名)は,三菱化学において筆者らにより発明された独自骨格を有する除草剤である。水田の強害雑草であるタイヌビエなどのイネ科雑草および一年生広葉雑草に対して広い処理適期幅と十分な残効性を有し,環境負荷も少ないことから,水稲用の初・中期一発処理剤の母剤として用いられている。また,インダノファンは芝生用除草剤としても上市されているが,さらに畑作用としても開発が進められている。

1. はじめに
2. インダノファン創製の経緯
2.1 リード化合物の創製
2.2 リード化合物からの展開
2.3 候補化合物インダノファン
3. インダノファンの性状
4. 水稲用除草剤としての作用特性
4.1 除草活性
4.2 移植水稲に対する安全性
4.3 圃場試験
5. 製造法
5.1 2-エチルインダン-1,3-ジオン8
5.2 1-クロロ-3-(1-クロロメチルビニル)ベンゼン9
5.3 インダノファン
6. おわりに


--------------------------------------------------------------------------------

新規殺虫剤ジノテフランの創製
The Discovery of Dinotefuran

--------------------------------------------------------------------------------
脇田健夫(三井化学(株) 機能化学品研究所 農業化学品グループ 主席研究員)

 ジノテフラン(商品名:スタークルR,アルバリンR)は,三井化学が開発した2002 年上市のネオニコチノイド系殺虫剤であり,動植物への安全性,構造新規性の高い剤として知られている。また長期残効性,広い殺虫スペクトラムなどの優れた性能により適用範囲は広く,水稲,野菜,果樹,花卉類における半翅目,鱗翅目,双翅目,甲虫目および総翅目に高い効果を発揮する。

【目次】
1. はじめに
2. ジノテフラン発見の経緯
2.1 アセチルコリンに着目
2.2 セカンドリード化合物2bの選定
2.3 サードリード化合物8の選定
2.4 ジノテフランの発見
2.5 構造活性相関
2.6 合成展開のポイント
3. ジノテフランの性状
4. ジノテフランの特性
4.1 高い安全性
4.2 殺虫スペクトラム
4.3 浸透移行性,速効性および長期残効性
4.4 植物に対する安全性
5. 作用性
6. 開発状況


--------------------------------------------------------------------------------

殺虫剤クロチアニジン
Insecticide,Clothianidin

--------------------------------------------------------------------------------
采女英樹(住化武田農薬(株) 技術本部 農業科学研究所 研究企画室 室長)

 ネオニコチノイド系殺虫剤は浸透移行性を有し,半翅目およびアザミウマ目害虫を中心に,吸汁性害虫に効果が高いのが特徴である。住化武田農薬が開発・上市したクロチアニジンは双翅目や鱗翅目害虫にもスペクトルが広がり,殺虫活性が高く,さまざまな処理方法が可能な優れた新規殺虫剤である。本稿では,クロチアニジンの開発の経緯および特性について述べたのち,クロチアニジンの製法について,他社特許記載のものを含めて紹介する。

【目次】
1. 開発の経緯
2. クロチアニジンの特性
2.1 名称,化学構造および物理的化学的物質
2.2 生物活性
2.3 安全性
3. クロチアニジンの製法
3.1 2-クロロー5クロロメチルチアゾール(CCT)
3.2 グアニジン骨格の形成
4. 今後の展望


--------------------------------------------------------------------------------

ケミカルプロフィル

--------------------------------------------------------------------------------

ピペリジン
Piperidine

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要
(6)価格


--------------------------------------------------------------------------------

トリアクリルホルマール
Triacrylformal

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要
(6)価格


--------------------------------------------------------------------------------

オキシ塩化リン
Phosphorus oxychloridel

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要
(6)価格


--------------------------------------------------------------------------------

キノリン酸
Quinolinic acid

--------------------------------------------------------------------------------
【目次】
(1)概要
(2)毒性
(3)製法
(4)生産
(5)需要
(6)価格


--------------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

--------------------------------------------------------------------------------
海外編
国内編
このページのTOPへ