• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

2012年版 世界の核酸医薬品開発の現状と将来展望 ~踊り場を迎えた核酸医薬品開発の現状と今後の方向性~

  • ※代理販売の書籍につき見計い不可
★ 世界の核酸医薬品の最新の開発状況は!!
★ 2010年から2012年までの各候補品の開発進展を追跡調査することにより各企業のアクティビティが明らかに!!
★ 開発に携わる企業や研究者へのヒアリング調査により,核酸医薬品開発の展望,直面している課題などを明らかに!!

商品コード: P0379

  • 発行元: (株)シード・プランニング
  • 発行日: 2012年3月
  • 価格(税込): 194,400 円
  • 体裁: A4,277ページ

個数: 

カゴに入れる

  • バイオ/ゲノム/再生医療/医薬原料/製剤メーカー

刊行にあたって

 核酸医薬品は疾患に関連するmRNAやmiRNA,タンパク等を標的とするため作用機序が明確であり,副作用も少なく,合成が可能な次世代バイオ医薬品として1990年代後半から開発が本格的に進められてきました。現在,世界には核酸医薬品開発を進めるベンチャー企業が50社以上あります。
 ベンチャー企業では独自もしくは大手製薬企業とアライアンスを結び,核酸医薬品の研究開発を積極的に進めています。 近年の大きな動きとして Isis Pharmaceuticals/Genzymeが開発を進めているアンチセンス「mipomersen」の欧州での承認申請,Santaris Pharmaが開発を進めているmiRNA標的核酸医薬品「miravirse」のフェーズII試験成功などがあり,関係者の注目を集めています。
 今回の調査では2010年の調査結果を踏まえ,核酸医薬品の最新開発動向や課題,将来展望についてまとめました。


■調査対象
・核酸医薬品の開発を行う世界の企業 51社
・核酸医薬品の開発に携わる有識者  5名

■調査方法
・各種文献、インターネットによる情報検索
・国際学会/会議(Asia TIDES 2012ほか)での取材

目次

※ご購入戴いた方に限り,CD-ROM版による PDFデータも別途ご提供することが可能です。
 別途費用:31,500円 (本体価格30,000円+消費税5%)

【総合考察】
第1章 核酸医薬品
1 核酸医薬品の概要
  1) 核酸医薬品とは
  2) 核酸医薬品の特徴
  3) 核酸医薬品開発の歴史
2 各核酸医薬品の特徴
  1) アンチセンス
  2) アプタマー
  3) siRNA
  4) miRNA を標的とした核酸医薬品
  5) その他の核酸医薬品

第2章 核酸医薬品の開発動向
1 核酸医薬品の種類別開発動向
  1) アンチセンス
  2) アプタマー
  3) siRNA
  4) miRNA標的核酸
  5) その他の核酸医薬品
2 疾患別開発動向
  1) がん領域
  2) 循環器領域
  3) 感染症領域
  4) 自己免疫・炎症性疾患領域
  5) 脳神経疾患領域
  6) 内分泌・代謝性疾患領域
  7) 眼疾患領域
  8) 遺伝性疾患領域
  9) その他疾患領域
3 開発状況の変化(2010年から2012年での変化)
  1) 核酸医薬品の開発の進展状況
  2) 開発中止・ペンディング
4 核酸医薬品開発と核酸の化学修飾/ DDS
  1) 核酸の化学修飾/合成研究
  2) 核酸化学に強みを持つ日本
  3) 核酸医薬品の化学修飾の応用状況
  4) 核酸医薬品とDDS
5 核酸医薬品開発の展望
  1) miRNA標的医薬品のPOC取得
  2) 組織/臓器特異的デリバリー技術の開発
  3) 核酸医薬品開発と特許

第3章 核酸医薬品開発の現状とビジネス展開
1 核酸医薬品開発に関する企業動向
  1) Isis Pharmaceuticalsの積極的な開発推進
  2) Alnylamの開発戦略の変化
  3) ベンチャー企業の経営と核酸医薬開発
2 核酸医薬品の導出/導入契約,核酸医薬品開発企業のM&A
  1) 導出/導入契約
  2) 企業買収/合併
3 核酸医薬品の製造とコスト
  1) 主な核酸医薬品の製造受託企業
  2) 核酸医薬品の製造コスト
  3) 核酸医薬品の製造装置と導入費用
4 核酸医薬品開発に関する有識者ヒアリング結果
  1) 核酸医薬品の開発動向
  2) 核酸医薬品に関するビジネス動向
  3) 核酸医薬品のデリバリー技術
  4) 核酸医薬品の測定と評価
  5) 核酸医薬品の製造ビジネスの動向
5 核酸医薬品の市場動向
  1) Macugenの発売とLucentisの影響
  2) mipomersenの承認申請
  3) 核酸医薬品の市場展望
  4) 核酸の医薬品以外への展開

第4章 核酸医薬品開発企業の動向
1 アンチセンス
  1) Aegera(カナダ)
  2) Amarin(アイルランド)
  3) Antisense Pharma(ドイツ)
  4) Antisense Therapeutics(オーストラリア)
  5) AVI BioPharma(米国)
  6) CoDa Therapeutics(米国)
  7) Eleos(米国)
  8) Enzon Pharmaceuticals(米国)
  9) Excaliard Pharmaceuticals(米国)
  10) Genta(米国)
  11) iCo Therapeutics(カナダ)
  12) Idera Pharmaceuticals(米国)
  13) Isis Pharmaceuticals(米国)
  14) Lorus Therapeutics(カナダ)
  15) OncoGenex Pharmaceuticals(カナダ)
  16) Prosensa Therapeutics(オランダ)
  17) Rexahn Pharmaceuticals(米国)
2 アプタマー
  1) Antisoma Research(英国)
  2) ARCA Biopharma(米国)
  3) Archemix(米国)
  4) NOXXON Pharma(ドイツ)
  5) Ophthotech(米国)
  6) Regado Biosciences(米国)
  7) Ribomic(日本)
3 siRNA
  1) Alnylam Pharmaceuticals(米国)
  2) Calando Pharmaceuticals(米国)
  3) GeneCare Research Institute Co., Ltd.(日本)
  4) Quark Pharmaceuticals(米国)
  5) RXi Pharmaceuticals(米国)
  6) Silence Therapeutics(英国)
  7) Sirnaomics(米国)
  8) Stelic Institute & Co(日本)
  9) Sylentis(スペイン)
  10) Tekmira Pharmaceuticals(カナダ)
  11) TransDerm(米国)
  12) ZaBeCor Pharmaceuticals(米国)
4 miRNA標的核酸
  1) miRagen Therapeutics(米国)
  2) Mirna Therapeutics(米国)
  3) Regulus Therapeutics(米国)
  4) Rosetta Genomics(イスラエル)
  5) Santaris Pharma(デンマーク)
5 その他の核酸医薬品
  1) Anges-MG(日本)
  2) Benitec(オーストラリア)
  3) Dicerna Pharmaceuticals(米国)
  4) DNA Therapeutics(フランス)
  5) Marina Biotech(米国)
  6) ProNAi Therapeutics(米国)
  7) Senesco Technologies(米国)
  8) SomaGenics(米国)
  9) Tacere Therapeutics(米国)
  10) VIRxSYS(米国)
6 大手製薬企業の核酸医薬品開発に対する取り組み
  1) Pfizer
  2) GlaxoSmithKline
  3) Novartis
  4) Eli Lilly
  5) Genzyme
  6) Teva Pharmaceutical
  7) その他の大手製薬企業
  8) 日本の製薬企業の取り組み
このページのTOPへ