• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

再生医療技術開発実態分析調査報告書

★ 「再生医療」に関する最近10年間と直近2年間(最新月まで)の技術動向が分かりやすく把握できる
★ 本技術分野に関係する弁理士(特許事務所)の動静が読み取れる
★ パテントマップおよびパテントチャートで視覚的に理解しやすい 

こちらの商品は、書籍とCDのセットのみ取扱となっております。
※代理販売の書籍につき見計い不可

商品コード: P0480

  • 発行元: (株)パテントテック社
  • 監修: (編集)インパテック株式会社
  • 発行日: 2014年1月30日
  • 価格(税込): 82,500 円
  • 体裁: A4判、簡易製本、194ページ、付属CD
  • ISBNコード: 978-4-86483-316-5(書籍版)、978-4-86483-320-2(CD-ROM版)

個数: 

カゴに入れる

  • 他社出版 / 書籍 / 特許情報分析 / 注目技術別動向予測シリーズ / クローン作製 / 臓器培養 / 多能性幹細胞 / 自己組織誘導 / 誘導因子 / シグナル分子 / 胚性幹細胞 / 人工多能性幹細胞

刊行にあたって

■本誌の特徴等
1.調査目的
 京都大学の山中伸弥教授のノーベル賞受賞で一躍脚光を浴びたiPS細胞を始めとした再生医療について、特許件数、出願人、発明者、特許分類などに対し、時系列推移、技術分布、技術相関など様々な観点から分析したパテントマップを作成し、
 (1)どのような出願人が再生医療発明を行っているか、
 (2)出願人がどのような技術を保有しているか、
 (3)出願人の技術開発動向はどのように推移しているか、
 (4)上位出願人、及び山中教授の出願動向や共同出願人との連携状況はどうなっているか、
等を明確にして、日本の再生医療の現状について知財情報を可視化して、今後の技術開発の参考に供する。

2.特許情報の収集方法
 本調査報告書は、2012年12月31日以前に出願され、2013年9月30日までに公開、公表、再公表、および国際公開された日本特許について、検索・収集した。また、報告書作成には、パテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」(インパテック(株)製)を使用した。
特許情報公報の総数は10,519件である。

 尚、検索に利用した国際公報検索は、発明者の検索は可能であるが、データとして出力されないため、山中伸弥教授の発明の分析に漏れを出さないため別途検索を行った。また、山中伸弥教授の上位3共同発明者のチャート分析を行うため、及び最近2年間の動向分析のため、別途検索を行った。

3.報告書の構成
 本報告書は、以下の3つの部分から構成されている。
1.パテントマップ編
 A.技術開発成果(特許取得の推移) 
 B.技術開発リソース(発明者の活動状況)
 C.技術開発分野(特許分類およびキーワード分析)
 D.主要出願人出願動向(特許状況分析)※下記主要4出願人について分析を行った。
   ① 独立行政法人科学技術振興機構
   ② 独立行政法人産業技術総合研究所
   ③ 国立大学法人京都大学
   ④ オリンパス(株)

 E.発明者個別分析  ※下記主要4発明者について分析を行った。
   ① 山中伸弥教授
   ② 山中伸弥教授の共同発明者・発明件数上位3

 F.最近2年間の動向分析(2011年10月~2013年9月公開)
 G.弁理士(特許事務所)の動向分析

2.パテントチャート編

3.総括コメント

目次

はじめに

調査分析結果

1.パテントマップ編

A.技術開発成果(特許出願の推移等)

1.出願件数の推移(年次、累計)
2.出願人の推移(年次、累計)
3.新規出願人の推移(年次、累計)
4.出願人別特許件数(上位50)
5.出願人別シェア(上位4)
6. 出願人別勢力図(上位7)
7.出願人別件数推移(上位15)
8.出願人別参入撤退(上位20)
9.早期参入出願人(5件以上・上位30)
10.早期撤退出願人(10件以上・上位30)
11.遅く参入した出願人(10件以上・上位40)

B.技術開発リソース(発明者の活動状況)

B-1 発明者数
 1.発明者数の推移(年次、累計)
 2.新規発明者数の推移(年次、累計)
B-2 発明者別特許件数
 1.発明者別特許件数ランキング(上位50)
 2.発明者別特許件数の伸長率(上位50)
B-3 発明者活動実態
 1.発明者別登場・退場状況(上位40)
 2.発明者別登場・退場状況(最近40・3件以上)
 3.発明者別登場・退場状況(早期参入40)

C.技術開発分野(特許分類およびキーワード分析)

C-1 特許分類数
 1.新規IPCおよび新規FI分類数の推移(年次、累計)
 2.新規Fターム分類数の推移(年次、累計)
C-2 特許分類別特許件数
 1.IPC分類別特許件数ランキング(上位50)
 2.FI(IPC記号)分類別特許件数ランキング(上位50)
 3.FI(IPC+展開+分類識別・記号)分類別特許件数ランキング(上位50)
 4.Fターム分類別特許件数ランキング(上位50)
  表1:IPC分類リスト(上位50)
  表2:FI(IPC記号)分類リスト(上位50)
  表3:FI(IPC+展開+分冊識別・記号)分類リスト(上位50)
  表4:Fターム分類リスト(上位50)
 5.特許分類(IPC,FI)別特許件数の推移(上位10、年次)
 6.特許分類(Fターム)別特許件数の推移(上位10、年次)
 7.特許分類(FI展開記号)別特許件数の推移(上位10、年次)
 8.IPC vs FIの相関件数(上位15、累計)
 9.IPC分類別特許件数の伸長率(上位50)
 10.FI(IPC記号)分類別特許件数の伸長率(上位50)
 11.FI(IPC+展開+分冊識別・記号)分類別特許件数の伸長率(上位50)
 12.Fターム分類別特許件数の伸長率(上位50)
C-3 キーワード別特許件数
 1.キーワード別件数(累計)
 2.キーワード別件数の推移(幹細胞・ES細胞・iPS細胞、年次)
 3.幹細胞・出願人別件数(上位50、累計)
 4.ES細胞・出願人別件数(上位20、累計)
 5.iPS細胞・出願人別件数(上位20、累計)
C-4 キーワード別展開
 1.幹細胞・出願人別出現・消失状況(上位20)
 2.ES細胞・出願人別出現・消失状況(上位20)
 3.iPS細胞・出願人別出現・消失状況(上位20)
 4.幹細胞・発明者別出現・消失状況(上位20)
 5.ES細胞・発明者別出現・消失状況(上位20)
 6.iPS細胞・発明者別出現・消失状況(上位20)
C-5 キーワード別特許分類推移
 1.幹細胞・IPC分類推移(上位10、年次)
 2.幹細胞・FI分類推移(上位10、年次)
 3.幹細胞・Fターム分類推移(上位10、年次)
 4.ES細胞・IPC分類推移(上位10、年次)
 5.iPC細胞・IPC分類推移(上位10、年次)
C-6 キーワード別IPC件数比較
 1.幹細胞vs. ES細胞・IPC件数比較(上位20、累計)
 2.幹細胞vs. iPS細胞・IPC件数比較(上位20、累計)
 3.iPS細胞vs.ES細胞・IPC件数比較(上位20、累計)

D.上位4出願人個別分析

D-1 科学技術振興機構
 1.科学技術振興機構  特許件数推移(年次、累計)
 2.科学技術振興機構 発明者・新規発明者数推移(年次、累計)
 3.科学技術振興機構  発明者特許件数(累計)
 4.科学技術振興機構  発明者別出現・消失状況(上位30)
 5.科学技術振興機構  発明者別出現・消失状況(早期参入30)
 6.科学技術振興機構  発明者別出現・消失状況(最近参入30)
 7.科学技術振興機構 特許分類別特許件数の推移(IPC・FI上位15、年次)
 8.科学技術振興機構 特許分類特許件数の推移(Fターム上位15、年次)
 9.科学技術振興機構 特許分類別件数の伸長率(IPC・FI上位15)
 10.科学技術振興機構 特許分類別件数の伸長率(Fターム上位15)
 11.科学技術振興機構 キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
 12.科学技術振興機構 研究開発ライフサイクル
 13.科学技術振興機構 共同出願人との出願件数(上位20)
D-2 産業技術総合研究所
 1.産業技術総合研究所  特許件数推移(年次、累計)
 2.産業技術総合研究所 発明者・新規発明者数推移(年次、累計)
 3.産業技術総合研究所  発明者特許件数(累計)
 4.産業技術総合研究所  発明者出現・消失状況(上位30)
 5.産業技術総合研究所  発明者出現・消失状況(早期参入30)
 6.産業技術総合研究所 発明者出現・消失状況(最近参入30)
 7.産業技術総合研究所 特許分類別 特許件数推移(IPC・FI上位15、年次)
 8.産業技術総合研究所 特許分類別 特許件数推移(Fターム上位15、年次)
 9.産業技術総合研究所  特許分類別件数の伸長率(IPC・FI上位15)
 10.産業技術総合研究所 特許分類別件数の伸長率(Fターム上位15)
 11.産業技術総合研究所 キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
 12.産業技術総合研究所 研究開発ライフサイクル
 13.産業技術総合研究所 共同出願人との出願件数(上位20)
 14.科学技術振興機構vs.産業技術総合研究所 キーワード比較
D-3 京都大学
 1.京都大学 特許件数推移(年次、累計)
 2.京都大学 発明者・新規発明者数推移(年次、累計)
 3.京都大学 発明者特許件数(累計)
 4.京都大学 発明者出現・消失状況(上位30)
 5.京都大学 発明者出現・消失状況(早期参入30)
 6.京都大学 発明者出現・消失状況(最近参入30、最近出願30)
 7.京都大学 特許分類別特許件数の推移(IPC,FI上位10、年次)
 8.京都大学 特許分類特許件数の推移(Fターム上位10、年次)
 9.京都大学 キーワード別特許件数の推移(上位10、年次)
 10.京都大学 特許分類別件数の伸長率(IPC,FI上位15)
 11.京都大学 特許分類別件数の伸長率(Fターム上位15)
 12.京都大学 キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
 13.京都大学 研究開発ライフサイクル
 14.京都大学 共同出願人との出願件数(上位20)
D-4 オリンパス(株)
 1.オリンパス  特許件数推移(年次、累計)
 2.オリンパス 発明者・新規発明者数推移(年次、累計)
 3.オリンパス  発明者特許件数(累計)
 4.オリンパス  発明者別出現・消失状況(上位30)
 5.オリンパス  発明者別出現・消失状況(早期参入30)
 6.オリンパス  発明者別出現・消失状況(最近参入30、最近出願30)
 7.オリンパス 特許分類別特許件数の推移(IPC・FI上位15、年次)
 8.オリンパス 特許分類特許件数の推移(Fターム上位15、年次)
 9.オリンパス キーワード別特許件数の推移(上位15、年次)
 10.オリンパス 特許分類別件数の伸長率(IPC・FI上位15)
 11.オリンパス 特許分類別件数の伸長率(Fターム上位15)
 12.オリンパス キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
 13.オリンパス 研究開発ライフサイクル
 14.オリンパス 共同出願人との出願件数(上位20)

E.発明者個別分析

E-1 山中伸弥教授
 1.山中伸弥教授  特許件数推移(年次、累計)
 2.山中伸弥教授  出願人・新規出願人数推移(年次、累計)
 3.山中伸弥教授  共同発明者・新規共同発明者数推移(年次、累計)
 4.山中伸弥教授  出願人別特許件数(累計)
 5.山中伸弥教授  出願人別件数推移(年次)
 6.山中伸弥教授  出願人別共同発明件数(累計)
 7.山中伸弥教授  出願人別出現・消失状況
 8.山中伸弥教授 共同発明者別出願数
 9.山中伸弥教授 共同発明者別出現・消失状況
 10.山中伸弥教授 共同発明者別出願数推移
 11.山中伸弥教授 出願人*共同発明者件数(共同発明2件以上)
 12.山中伸弥教授 特許分類別特許件数(IPC,FI上位20,累計)
 13.山中伸弥教授 特許分類特許件数(Fターム 上位20,累計)
 14.山中伸弥教授 特許分類別特許件数推移(IPC,FI上位15,年次)
 15.山中伸弥教授 特許分類特許件数推移(Fターム、上位15、年次)
 16.山中伸弥教授 特許分類特許件数の伸長率(IPC,上位10)
 17.山中伸弥教授 特許分類特許件数の伸長率(FI,上位15) 
 18.山中伸弥教授 特許分類特許件数の伸長率(Fターム、上位15)
 19.山中伸弥教授 キーワード別特許件数(上位20,累計)
 20.山中伸弥教授 キーワード別特許件数推移(上位15,年次)
 21.山中伸弥教授 キーワード別特許件数の伸長率(上位15)
 22.山中伸弥教授 研究開発ライフサイクル
E-2 山中教授の共同発明者
 1.山中教授の共同発明者 特許件数推移(年次、累計)
 2.山中教授の共同発明者 発明者別件数(累計)
 3.山中教授の共同発明者 発明者別出現・消失状況(上位30)
 4.山中教授の共同発明者 発明件数推移
 5.山中教授の共同発明者 所属団体の推定
 6.山中教授の共同発明者 特許分類別件数推移(IPC,FI 上位15、年次)                                         
 7.山中教授の共同発明者 特許分類別件数推移(Fターム 上位15、年次)
 8.山中教授の共同発明者 キーワード別件数推移(上位15、年次)
 9.山中教授の共同発明者 特許分類別件数の伸長率(IPC,FI 上位15)
 10.山中教授の共同発明者 特許分類別件数の伸長率(FI 上位15)
 11.山中教授の共同発明者 特許分類別件数の伸長率(Fターム 上位15)
 12.山中教授の共同発明者 キーワード別件数の伸長率(上位15)
 13.山中教授の共同発明者 研究開発ライフサイクル

F.最近2年間の動向分析(2011年10月~2013年9月公開)

1.出願人別公開件数(上位20、累計)
2.出願人別公開件数推移(上位20、年次)
3.出願人別公開件数占有率(上位20、累計)
4.IPCサブグループ別公開件数ランキング(上位20、累計)
5.FI別公開件数ランキング(上位20、累計)
6.Fターム別公開件数ランキング(上位20、累計)
7.キーワード別公開件数ランキング(上位20、累計)
8.上位20出願人と上位20IPCサブグループ分類との公開件数相関
9.上位20出願人と上位20FI(IPC+展開+分冊識別・記号)との公開件数相関
10.上位20出願人と上位20Fタームとの公開件数相関
11.上位15出願人と上位15キーワードとの公開件数相関
12.上位15IPCと上位15キーワードの相関件数
13.上位15FIと上位15キーワードの相関件数
14.上位15Fタームと上位15キーワードの相関件数
15.上位15キーワードの相互相関件数

G.弁理士(特許事務所)の動向分析

1.弁理士(特許事務所)別(上位40)公開件数ランキング
2.弁理士(特許事務所)別公開件数の推移(上位40)
3.弁理士(特許事務所)(上位40)と出願人(上位20)の公開件数相関
4.弁理士(特許事務所)の相互相関件数(上位20)


2.パテントチャート編

1.山中教授の時系列(出願)チャート分析
2.山中教授の上位3共同発明者とキーワードのマトリクスチャート分析

3. 総括コメント

<参考資料>
【資料1】出願人統合リスト
このページのTOPへ