• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2015年10月号

【特集】界面活性剤の最新の研究進展と応用展開

商品コード: F1510

  • 発行日: 2015年10月15日発行
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

目次

-------------------------------------------------------------------------

【特集】界面活性剤の最新の研究進展と応用展開
Recent Development of Surfactant Research and Applications

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
Introduction

荒牧賢治 (横浜国立大学 大学院)

-------------------------------------------------------------------------

再生可能原料を用いた合成界面活性剤の機能
Functions of Synthetic Surfactants from Renewable Resources

荒牧賢治 (横浜国立大学 大学院)

 再生可能原料から合成された界面活性剤に関して, 親水性のアシル脂肪酸塩やショ糖脂肪酸エステルに親油性の補助界面活性剤を加えて形成されるひも状ミセルによる水溶液の増粘効果, 多鎖ショ糖脂肪酸エステルによる逆ひも状ミセル形成による油の増粘効果, グリセリン脂肪酸エステル類の水和結晶を利用した泡沫安定化について述べた。

【目次】
1. はじめに
2. ひも状ミセルによる水, 油の増粘効果
2.1 ひも状ミセル
2.2 アシルアミノ酸エステルによるひも状ミセルの形成
2.3 ショ糖脂肪酸エステルによるひも状ミセルの形成
2.4 逆ひも状ミセル形成による油の増粘
3. モノおよびポリグリセリン脂肪酸エステルの結晶・液晶微粒子による泡沫安定化
4. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ジェミニ型両親媒性物質の最新研究事例
Recent Advances in Gemini Amphiphiles

酒井健一 (東京理科大学)

 ジェミニ(二鎖二親水基)型の両親媒性物質(界面活性剤)は, 一鎖一親水基型のものよりも優れた界面活性能を有している機能性有機材料である。本稿では, ジェミニ型両親媒性物質に関する最近の研究動向を紹介するとともに, その市場展開あるいは実用化を意識したいくつかの界面化学的な検討事例について概説する。

【目次】
1. はじめに
2. アミノ酸系ジェミニ型界面活性剤
3. アルキルアミン・アルキルカルボン酸による複合体(擬似ジェミニ型両親媒性物質)
4. ホスホリルコリン類似基を有する両性ジェミニ型両親媒性物質による乳化
5. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

アミドアミンオキシド型界面活性剤の水溶液挙動
―会合体形成とゲル化に対するスペーサー長の効果―
Solution Behavior of Amidoamine Oxide Surfactants
-Effects of Spacer Length on Aggregate Formation and Gelation-

懸橋理枝 (大阪市立工業研究所)
東海直治 (大阪市立工業研究所)

 汎用な界面活性剤である長鎖アルキルアミンオキシドに水素結合部位としてアミド基を導入した, 新規アミドアミンオキシド型界面活性剤を開発した。隣接する分子のアミド基間の水素結合形成により, アミド基をもたないものに比べ構造形成能の大幅な向上が期待できる。スペーサー長により分子間水素結合の形成位置を調節することで, 会合体構造やゲル化挙動を制御できることがわかった。

【目次】
1. はじめに
2. 臨界ミセル濃度(cmc)に対するアミド基の数とスペーサーの効果
3. ゲル化・増粘挙動に対するスペーサーとアミド基の配列の効果
4. ゲル化温度と会合体構造に対するスペーサーの効果
5. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

ペプチド界面活性剤“ペプファクタント”の特性とその応用
Properties and Potential Applications of Peptide-base Surfactants“ Pepfactants”

井村知弘 (産業技術総合研究所)

 ペプチドの多彩な生理機能と, 界面活性を併せ持つ新しい界面活性剤である“ペプファクタント(PF)”が注目されている。『親水基と長鎖アルキル基』といった単純な骨格ではなく, αへリックスやβシートなどの高次構造の形成に伴う『親水性と疎水性のアミノ酸の局在』によってもたらされるユニークな特性とその応用について紹介したい。

【目次】
1. はじめに
2. 化学合成ペプファクタント(PF)
2.1 構造と特徴
2.2 Surfpep22の合成と界面活性
2.3 Surfpep22による脂質ナノディスク形成
3. バイオ生産ペプファクタント(発酵法)
3.1 構造と特徴
3.2 サーファクチン(SF)
3.3 ライケンシン(Lch)
3.4 アルスロファクチン(AF)
4. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

化粧品技術に応用されるエマルションおよび液晶・ゲル
Application of Emulsion and Liquid Crystal/Gel for Cosmetics Technology

山口俊介 (ニッコールグループ (株)コスモステクニカルセンター)
鈴木敏幸 (ニッコールグループ (株)コスモステクニカルセンター)

 本稿では, 化粧品技術に用いられる乳化技術および界面活性剤が形成する自己組織体について述べる。特に, 自己組織体であるゲルまたは液晶体が使用者に与える感覚や有用性, それら組織体を形成するメカニズムについて解説する。また, 最新の技術としてαゲルの化粧品への応用について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 化粧品における界面化学
2.1 化粧品の種類とエマルション
2.2 化粧品エマルションの特徴
2.3 化粧品エマルションの傾向
3. 化粧品に応用される液晶製剤技術
4. 最新ゲル液晶技術の紹介
5. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

食品用乳化剤の加工食品への応用
Application of Food Emulsifiers to Processed Foods

小川晃弘 (三菱化学フーズ(株))

 スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで販売される多くの加工食品には, 日持ち向上や品質保持, 食感改良といった目的で食品用の界面活性剤(食品用乳化剤)が使用されている。本稿では食品用乳化剤について説明し, 加工食品においてどのような機能を発揮するか, 具体的な製品を例に挙げて紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 食品用乳化剤について
3. 食品用乳化剤の物性と機能
4. 各種加工食品における効果
4.1 乳飲料
4.2 ホイップクリーム
4.3 マーガリン
4.4 ケーキ
4.5 チョコレート
5. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

快適で環境にやさしい洗剤のための界面活性剤
Surfactants for Comfortable and Eco-Friendly Detergents

金子行裕 (ライオン(株))

【目次】
1. はじめに
2. 台所用洗浄剤における効率洗浄の実現
3. 衣料用液体洗剤における植物由来の界面活性剤の活用
3.1 α-スルホ脂肪酸メチルエステル塩
3.2 脂肪酸メチルエステルエトキシレート
4. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

<マーケット情報 Market Report>

界面活性剤工業の市場動向

 2013年の界面活性剤工業は, 国内生産・出荷ともに堅調な推移をみせた2011年から生産数量・出荷数量・出荷金額ともに回復した。2009年の世界不況の影響などで年々減少傾向にあった界面活性剤工業だが, 2011年3月に発生した東日本大震災以降, 先行きがきわめて不透明になっていた時期もあったが, 香粧品の需要増などで明るい兆しをみせはじめた。

【目次】
1. 概要
2. 各用途分野の動向
3. 品目別需要動向
4. 輸出入動向

-------------------------------------------------------------------------

<連載講座>
医薬品開発の流れと製薬業界の動向~品質管理の重要性とプロセス制御~ 第23回

ブロックバスターと特許切れ

橋本光紀 (医薬研究開発コンサルテイング)

【目次】
1. はじめに
2. 製薬企業の新展開
3. ブロックバスターの特許切れ
4. 製薬企業の今後の展開

-------------------------------------------------------------------------

<世界の新農薬>

1. 殺虫剤 tetraniliprole
2. 殺虫剤 broflanilide/ブロフラニリド

-------------------------------------------------------------------------

ニュースダイジェスト

・海外編
・国内編
このページのTOPへ