• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(3月7日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2016年7月号

【特集】水銀処理の現状と最新技術 ―いよいよ迫る国際条約,水銀除去,水銀保管の現状と対応―

商品コード: F1607

  • 発行日: 2016年7月15日発行
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

目次

-------------------------------------------------------------------------

【特集】水銀処理の現状と最新技術 ―いよいよ迫る国際条約,水銀除去,水銀保管の現状と対応―

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
Introduction

幾島賢治 (IH テクノロジー(株))

-------------------------------------------------------------------------

水銀による環境の汚染の防止に関する法律
The Act on Preventing Environmental Pollution of Mercury

江藤文香 (環境省)

 「水銀に関する水俣条約」(以下「条約」という)を国内で実施するための措置および条
約の規定以上の追加的な措置を講ずる「水銀による環境の汚染の防止に関する法律」(平
成27 年法律第42 号。以下「法」という)が第189 回国会において成立し,平成27 年6
月19 日に公布された。本稿では法の内容について詳述する。

【目次】
1.経緯と背景
2.法律の概要
2.1 水銀等による環境の汚染の防止に関する計画
2.2 水銀の掘採の禁止
2.3 水銀使用製品の製造等に関する措置
2.3.1 特定水銀使用製品の製造に関する規制
2.3.2 特定水銀使用製品の使用の制限
2.3.3 新用途水銀使用製品の製造等に関する規制
2.3.4 水銀使用製品の適正回収のための責務
2.4 特定の製造工程における水銀等の使用の禁止
2.5 水銀等を使用する方法による金の採取の禁止
2.6 水銀等の貯蔵に関する措置
2.7 水銀含有再生資源の管理に関する措置
2.8 報告の徴収および立入検査等
2.9 資料の提出の要求
2.10 施行期日

-------------------------------------------------------------------------

活性炭を利用した水銀処理の開発動向
Recent Progress of Mercury Removal Using Activated Carbon

山浦弘之 (愛媛大学)
八尋秀典 (愛媛大学)

 世界的な水銀汚染防止の観点から,水銀の環境中への人為的放出量を削減する必要があ
る。特に化石燃料由来の微量水銀が問題となっており,安価で簡便な活性炭を用いた吸着
除去が望まれている。本稿では水銀吸着除去用の活性炭の開発動向と気相および液相から
の水銀除去について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.水銀処理の研究開発動向
3.活性炭を用いた気相中の水銀除去
4.活性炭を用いた液相中の水銀除去
5.水銀吸着性能に及ぼすpH の影響
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

最新の水銀除去技術
Technology of Mercury Removal

幾島嘉浩 (IH テクノロジー(株))
幾島將貴 (IH テクノロジー(株))

【目次】
1.はじめに
2.日本の水銀除去技術
2.1 IH テクノロジー
2.1.1 水銀の吸着剤の評価
2.1.2 水銀除去機構の解析
2.1.3 水銀除去装置の国内外の評価
2.1.4 水銀除去装置の稼動実績
2.2 ダイソーエンジニアリング
2.3 日揮,米国UOP 社
3.海外の水銀除去技術
3.1 ジョンソン・マッセイ社
3.2 アクセンス社

-------------------------------------------------------------------------

水銀含有廃棄物処理と水俣条約対応について
Treatment of Mercury-Containing Waste and Operating Within the Scope of the Minamata Convention

藤原 悌 (野村興産(株))

 発展途上国における金の採掘などによる水銀の自然への人為的排出を抑制し,地球規模
の環境汚染や健康被害を防ぐことを目的として,2013 年10 月に熊本市および水俣市で水
銀に関する水俣条約の外交会議およびその準備会合が開催された。3 月末現在128ヵ国が
署名,25ヵ国が批准しており条約発効時期が近づいてきている。ここでは当社の水銀廃棄
物処理事業や水俣条約担保措置による水銀廃棄物処理への影響について説明する。

【目次】
1.会社概要
2.水銀について
3.水銀廃棄物
4.水銀廃棄物の処理について
5.委託製錬事業
6.水銀販売
7.水俣条約上の水銀廃棄物取扱いについて

-------------------------------------------------------------------------

市場情報 Market Report

-------------------------------------------------------------------------

石油製品添加剤工業の市場動向

 石油製品添加剤の需要は,その用途先となる燃料油や潤滑油などの需要に大きく左右さ
れる。2008 年秋からの世界同時不況の影響で自動車,機械,電気機器などが大幅減産と
なり,その影響で石油製品,石油製品添加剤需要も落ち込みが続いた。2010 年に回復の
兆しが見られたものの,東日本大震災や景気低迷,エネルギー政策の迷走等により,先行
きは不透明なものとなり,需要は横ばい状態にある。

【目次】
1.概要
2.需給動向
2.1 燃料油添加剤
2.2 潤滑油添加剤
3.添加剤メーカーの動向

-------------------------------------------------------------------------

水処理薬品・膜工業の市場動向

 人口増加と生活水準の向上で,世界で取水される水の量が急増している。2025 年には,
2000 年と比べて約3 割増える見通しである。水需要の増加や環境規制の強化とともに水
処理の必要性が高まっている。世界中の企業が水処理の分野で凌ぎを削っている中で,日
本の水処理・水再生の技術はリードしている。その背景には,世界トップ品質の水処理薬
品,最先端の水処理膜の存在がある。水処理薬品の2014 年需給は,生産,出荷ともに微
減となった。生産量は主要無機系凝集剤3 品目で119 万7,226 トン,前年と比べ微減とな
った。水処理膜は海水淡水化や排水再利用などの用途で海外需要が大きい。部材や装置単
体では国内メーカーが高い技術力をもっており,世界市場でも高いシェアを獲得してい
る。ただ,世界で水処理膜事業に新規参入する企業が増加しており,供給過剰気味で価格
競争が激化している。

【目次】
1.概要
1.1 水処理薬品
1.2 水処理膜
2.需要動向
2.1 水処理薬品
2.1.1 硫酸アルミニウム(硫酸バンド)
2.1.2 ポリ塩化アルミニウム(PAC)
2.1.3 活性炭
2.2 水処理膜
2.2.1 逆浸透(RO)膜
2.2.2 ナノろ過(NF)膜
2.2.3 限外ろ過(UF)膜
2.2.4 精密ろ過(MF)膜
2.2.5 膜分離活性汚泥法(MBR)

-------------------------------------------------------------------------

<ケミカルプロフィル>

1,4-ビス(ジフェニルホスフィノ)ブタン(1,4-Bis(diphenylphosphino)butane)
ポリビニルピロリドン(polyvinylpyrrolidone)

-------------------------------------------------------------------------

<ニュースダイジェスト>

・海外編
・国内編
このページのTOPへ