• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月13日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


弊社サイトは,グローバルサインのSSLサーバ証明書を導入しております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用頂けます。

月刊ファインケミカル 2016年11月号

【特集】DDS設計開発の最新研究―薬物送達・化粧品・機能性食品への応用―

商品コード: F1611

  • 発行日: 2016年11月15日発行
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

著者一覧

丸山一雄 帝京大学
曽宮正晴 国立がん研究センター研究所
黒田俊一 大阪大学
田原義朗 京都大学
秋吉一成 京都大学
小林 功 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
山中洋平 筑波大学
中嶋光敏 筑波大学
笹井愛子 ホソカワミクロン(株)
辻本広行 ホソカワミクロン(株)
三羽信比古 県立広島大学
山本浩充 愛知学院大学
川島嘉明 岐阜薬科大学
小林克利 ナノキャリア(株)
城戸義幸 ナノキャリア(株)
緒方嘉貴 ナノキャリア(株)
山口葉子 (株)ナノエッグ
毛利善一 (一社)再生医療イノベーションフォーラム 

目次

-------------------------------------------------------------------------

【特集】DDS設計開発の最新研究―薬物送達・化粧品・機能性食品への応用―

-------------------------------------------------------------------------

特集にあたって
Introduction

-------------------------------------------------------------------------

機能性リピッドバブルを用いた超音波セラノスティクス   
Ultrasound Theranositcs with Lipid Bubbles

 超音波とバブル製剤を組み合わせて, 診断と治療を行うセラノスティクスが注目されつつある。本稿では, セラノスティクスに対応するバブル製剤が無いため, 筆者らが開発中のリピッドバブルについての実験成果を紹介し, その可能性について解説する。

【目次】
1.はじめに
2.超音波造影と超音波造影剤
3.超音波応答性リピッドバブル製剤の開発
4.RGD-リピッドバブル(RGD-LB)による血栓に対する超音波セラノスティクス
5.リピッドバブル(LB)による超音波セラノスティクス
5.1 腫瘍新生血管透過性亢進による薬物送達
5.2 リピッドバブル(LB)と超音波によるBBB透過性亢進
6.BBBオープニング・腫瘍新生血管オープニングによる薬物送達―ヒトでの実施例―
7.将来展望
7.1 核酸搭載可能リピッドバブルの開発
7.2 標的指向型超音波造影剤の開発
8.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

バイオミミック技術によるDDSナノキャリアの開発:B型肝炎ウイルス感染機構に基づくバイオナノカプセルを中心に
Development of Drug Delivery System Nanocarrier by Biomimicking Technology:Bio-Nanocapsule Based on Hepatitis B Virus Early Infection Machinery 

 生物やウイルスが有する様々な機能に着想を得て, 同構成成分を模倣したドラッグデリバリーシステム(DDS)の開発が進みつつある。本稿では, 筆者らが開発したB型肝炎ウイルス感染機構に基づくDDS用ナノキャリア「バイオナノカプセル」を例にとり, バイオミミック技術による新しいDDS用ナノキャリア開発戦略について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.生物由来ナノキャリアの開発動向
3.バイオナノカプセル(BNC)
4.最後に

-------------------------------------------------------------------------

自己組織化ナノゲルによるDDS開発
Development of Self-Assembled Nanogels for DDS

 自己組織化ナノゲルはDDSにおける重要なナノキャリアとして, がんワクチンや経鼻ワクチン等への応用において成果を上げてきた。近年ではナノゲルを構成単位とするナノゲルテクトニック材料も開発され, 骨再生のための足場材料への応用等もなされている。本稿では自己組織化ナノゲルを基盤としたDDSについて, これまでの研究成果を述べる。

【目次】
1.はじめに
2.自己組織化ナノゲルとは
3.CHPナノゲルによるがんワクチン療法
4.カチオン性ナノゲルによる経鼻ワクチンと核酸デリバリー
5.ナノゲルテクトニック材料の利用
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

食物繊維を利用した静電積層法による食品用エマルションの高安定化
Stability Improvement of Food-Grade Emulsions by Layer-by-Layer Deposition Using Dietary Fibers

 食品用エマルションの分散安定性は, 電荷の異なる物質を液滴表面に交互に吸着させる静電積層法の適用により向上可能である。複数の食物繊維を利用した静電積層法による単分散O/WエマルションおよびW/O/W エマルションの高安定化に関して, 筆者らの最近の研究で得られた知見について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.マイクロチャネル乳化と静電積層法を併用した単分散O/Wエマルションの高安定化
2.1 マイクロチャネル乳化装置
2.2 マイクロチャネル乳化の基本特性
2.3 単分散O/Wエマルションの作製
2.4 食物繊維を利用した静電積層
3.静電積層法を利用したW/O/Wエマルションの高安定化
3.1 親水性機能性成分を内包したW/O/Wエマルションの作製
3.2 食物繊維を利用した静電積層
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

PLGAナノ粒子の機能性化粧品への応用
Application of PLGA Nanoparticles for Functional Cosmetics

 近年, スキンケア化粧品の開発では, 有効成分をいかに効率よく標的部位である皮膚深部へと送達し, その効果を高めるかが求められる。その達成に向けてさまざまなナノカプセル技術が応用されているが, ホソカワミクロン(株)では, 「乳酸・グリコール酸共重合体(PLGA)からなる球形固体粒子である“PLGAナノ粒子”」が薬物皮膚浸透性を促進させることを見出し, 上記課題に応えうるナノテク技術として提案している。

【目次】
1.はじめに
2.PLGAナノ粒子の特徴と製法
3.化粧品基材としてのPLGAナノ粒子
3.1 皮膚浸透性と徐放性
3.2 保湿効果とターンオーバー促進効果
4.機能性化粧品への応用
4.1 PLGAナノ粒子の毛穴へのアプローチ
4.2 皮脂分泌抑制能およびニキビ抑制機能からの考察
4.2.1 皮脂分泌抑制効果
4.2.2 ニキビ抑制効果
4.2.3 毛穴の目立ち改善効果
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

高分子ミセルのDDS開発
Development of Polymeric Micelle DDS

 近年, ナノ粒子を用いたドラックデリバリーシステム(DDS)の研究開発が活発化している。抗がん剤であるシスプラチンを内包する高分子ミセル製剤NC-6004もその一つであり, 副作用を低減したがん治療薬の実現を目指し, 臨床開発が進められている。本稿では, その発見から開発の経緯, および最近の構造解析の結果について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.シスプラチン内包高分子ミセル
3.NC-6004の開発
4.NC-6004の構造解析
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

経皮吸収のための新しいDDS技術
The New DDS Technologies for Transdermal Absorption

 DDS研究では様々な投与経路が検討されるが, 我々は皮膚からの浸透に関し研究を行っている。本稿では, 2つの経皮吸収(ナノカプセルと浸透促進ジェル)技術を紹介する。これら技術は, 物性値だけでなくヒトでの臨床効果まで研究が進められ, スキンケア化粧品や研究試薬としても使用されている。

【目次】
1.はじめに
2.針を用いないTDSの新概念
2.1  皮膚浸透型ナノカプセルall-transレチノイン酸の場合
2.2 皮膚浸透型ナノカプセルα-リポ酸の場合
2.3 角質内浸透経路の構築
3.おわりに―革新的経皮吸収技術は世界中の子ども達を救う!?―

-------------------------------------------------------------------------

[TOPICS]

再生医療等製品の開発と再生医療イノベーションフォーラム

【目次】
1.はじめに
2.再生医療・細胞治療の臨床研究から企業開発への動向
3.再生医療イノベーションフォーラム

-------------------------------------------------------------------------

[Congress Report]

『カーボンナノチューブの用途開発・実用化最新動向』セミナーへ参加して

【目次】
1.はじめに
2.講演概要
第1部:『単層カーボンナノチューブのデバイス応用に向けた技術開発』
第2部:『VGCF(R)のLiイオン電池への応用』
第3部:『長尺カーボンナノチューブの分散と透明導電膜, 帯電防止膜への応用』

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

L-プロリン(L-Proline)
ミリスチン酸(Myristic acid)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
このページのTOPへ