カテゴリ

スマートセンシングの基礎と応用

★ますます重要性が高まるスマートセンサの現状と課題を、環境と福祉分野を中心に解説。
★空気中化学物質の検出技術、「見える化」・「制御」の高機能化、人体内外の液体やガス、生体信号のセンシングなど実例を交えて紹介!
(小社刊「環境と福祉を支えるスマートセンシング」から一部抜粋・再編集したものです。

商品コード:
B1271
発行日:
2017年10月5日
体裁:
B5判・168頁
ISBNコード:
978-4-7813-1310-8
価格(税込):
4,400
関連カテゴリ:
一般書・参考書

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

著者一覧

環境・福祉分野におけるスマートセンシング調査研究委員会 (監修)

目次+

第1章 スマートセンシング(スマートセンサの定義と背景スマートセンサを取り巻く状況とその効果)
第2章 環境に関わるケミカルセンシング(ガスセンサ室内・生産施設環境とケミカルセンサ ほか)
第3章 環境に関わるフィジカルセンシング(屋内環境におけるスマートセンシングビッグデータを用いたスマートセンシング ほか)
第4章 人体に関わるケミカル・フィジカルセンシング(侵襲型・低侵襲型デバイス人体から放出されるガス・においのセンシング ほか)

Recommend

この商品を買った人はこちらの商品も購入しています。

匂いのセンシング技術

価格:¥ 69,300 円(税込)

生薬・薬用植物の技術と市場

価格:¥ 88,000 円(税込)

月刊機能材料 2020年8月号

価格:¥ 4,400 円(税込)

月刊機能材料 2020年9月号

価格:¥ 4,400 円(税込)

月刊BIOINDUSTRY 2020年9月号

価格:¥ 4,950 円(税込)