• 電子版 月刊BIO INDUSTRY

検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

cmcbooks内の検索(Yahoo検索)

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(8月27日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


 

弊社ウェブサイトのSSLについて

当サイトは、JPRSのサーバー証明書による認証を受けております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用ください。

月刊ファインケミカル 2018年9月号

【特集】イオン液体の開発と応用展開

商品コード: F1809

  • 発行日: 2018年9月15日発行
  • 価格(税込): 7,560 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

著者一覧

河合里紗 奈良女子大学
吉村倫一 奈良女子大学
持田智行 神戸大学
飯森俊文 室蘭工業大学
松本 一 (国研)産業技術総合研究所
森 良平 冨士色素(株)
市村國宏 創案ラボ

目次

-------------------------------------------------------------------------

【特集】イオン液体の開発と応用展開

-------------------------------------------------------------------------

四級アンモニウム塩系両親媒性イオン液体の開発
Development of Quaternary Ammonium Salt-Type Amphiphilic Ionic Liquids

 イオン液体と界面活性剤の両方の特性を併せもつ両親媒性イオン液体の創製を目指して, 近年, 我々が分子設計・合成したジェミニ型, トリメリック型, アダマンタン型の3種類の四級アンモニウム塩系両親媒性イオン液体について, 物理化学的性質および水溶液中にける界面化学的性質を中心に紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. ジェミニ型両親媒性イオン液体
2.1 物理化学的性質
2.2 水溶液中における界面化学的性質
2.2.1 アルキル鎖長・鎖数および鎖の対称度の影響
2.2.2 鎖長の短い両親媒性イオン液体の特異な挙動
3. トリメリック型両親媒性イオン液体
3.1 物理化学的性質
3.2 水および有機溶媒に対する溶解性
4. アダマンタン型両親媒性イオン液体
4.1 物理化学的性質
4.2 水溶液中における界面化学的性質
5. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

サンドイッチ型錯体からなるイオン液体の相挙動・熱的性質
Thermal Properties of Ionic Liquids Containing Ruthenium Sandwich Complexes

 私達は金属錯体からなる機能性イオン液体を開発してきた。なかでもサンドイッチ型ルテニウム錯体をカチオンとするイオン液体は無色, 安定で, 合成が容易であり, 拡張性にも優れている。本稿では, この系を用いて, 分子形状および置換基が相挙動・熱的性質に与える効果を調べた結果について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 分子形状と相挙動の相関
3. 融点に対する置換基の影響
3.1 分岐型置換基の効果
3.2 キラリティーの効果
3.3 置換位置の効果
4. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

磁気光学機能材料としてのイオン液体
Ionic Liquids as Magneto-Optical Functional Materials

 磁性イオンから構成されるイオン液体は, 磁性イオンが高密度で凝集した流体とみなすことができ, 磁気機能を有する液体材料として興味深い。本稿では, 最近筆者が取り組んでいるイオン液体の磁気光学効果に関する研究の解説と, それにより明らかになったイオン液体の光機能と磁気機能の一端を紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. 磁性イオン液体
3. 磁気光学効果
4. [C4mim][FeCl4]のファラデー効果
5. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

イオン液体による高温電池作動
High Temperature Operation of Batteries Using Ionic Liquids

 有機溶媒電解液で作動するリチウムイオン電池への難燃性・難揮発性電解液としてイオン液体の適用可能性が検討されてきたが, 本稿ではイオン液体の高温安定性に着目し, 有機溶媒が使用できない高温環境における電池作動の可能性について紹介する。

【目次】
1. はじめに
2. イオン液体中での合剤正極高温作動
3. リチウム中低温溶融塩中での合剤正極高温作動
4. おわりに

-------------------------------------------------------------------------

イオン液体系電解液を用いたアルミニウム空気二次電池の開発
Rechargeable Aluminium Air Battery with Ionic Liquid Based Electrolyte

 リチウムイオン電池に代わる次世代の二次電池の一つの有力な候補として金属空気電池があるが, その中でも大きな電池容量を有する, 豊富な資源量, 安全性, コストが安くなる, 大気中で簡単に製造できる可能性がある候補としてアルミニウム空気電池がある。本稿では, イオン液体系の電解液を用い, 電極材料などを検討することにより, 副生成物が生じない高性能なアルミニウム空気二次電池を作製することができたので報告する。

【目次】
1. はじめに
2. 研究背景
3. 結果と考察
3.1 水系電解質を用いたアルミニウム空気電池(準二次電池)
3.2 イオン液体系電解質を用いたアルミニウム空気電池(二次電池)
4. まとめ

-------------------------------------------------------------------------

[連載]紫外可視高次微分スペクトル―光反応性材料への新しいアプローチ―

第11章 コアシェルハイブリッド型有機ナノ結晶の固相光反応
Chapter 11 Solid-State Photochemistry of Core-Shell Type Organic Nanocrystals

 有機結晶と沈降シリカとの混合物を乾式ビーズミリング処理すると, コアシェル型の有機・無機ナノハイブリッド粉体が得られる。これらの粉体が超音波処理によって水中に微分散する特性を活用し, アゾベンゼン, 4-アミノアゾベンゼンおよび9,10-ジプロポキシアントラセンそれぞれの結晶での光化学反応挙動を高次微分スペクトルにより解析した。

【目次】
1. はじめに
2. コアシェル型有機無機ナノハイブリッド微粉体とは
3. アゾベンゼン結晶のコアシェル型ナノハイブリッド粉体の融解挙動
4. アゾベンゼン結晶コアシェル型ハイブリッドの光異性化反応
5. 4-ジメチルアミノアゾベンゼン結晶コアシェル型ハイブリッドの光異性化反応
6. 9,10-ジプロポキシアントラセン微結晶の水分散液での固相光化学反応
7. まとめ

-------------------------------------------------------------------------

市場情報 Market Report

-------------------------------------------------------------------------

界面活性剤工業の市場動向

 2016年の界面活性剤工業は, 2015年から国内生産・販売ともにほぼ横ばいとなった。2008年の世界不況の影響などで年々減少傾向にあったが, 生産量・販売数量・販売金額全てにおいて改善し, 維持している。2011年3月に発生した東日本大震災以降, 先行きが不透明になっていた時期を乗り越え, さらに, 消費増税の影響もある中で良い動きを見せていた。国内や中国の景気の影響を受けたが前年とほぼ同じで微増となった。

【目次】
1. 概要
2. 各用途分野の動向
3. 品目別需要動向
4. 輸出入動向

-------------------------------------------------------------------------

石けん・洗剤工業の市場動向

 石けん・洗剤市場は成熟市場といわれて久しいが, 2015年に比べると前年比で生産量108%, 販売量104%, 販売金額104%と微増傾向にある。2013年から液体洗剤の好調が続き, 粉末洗剤を利用していた層から流動していることが伺える。また「第3の洗剤」と呼ばれるジェルボール型洗剤が登場し, 消費者の注目を集めている。台所用洗剤においては汚れ落ちの早い新商品が発売され好調に推移している。停滞する石けん・洗剤市場においてはより消費者ニーズを喚起する商品展開が模索されており, 今後も上記分野は活発化していくものと推測される。

【目次】
1. 概要
2. 需給動向
3. 輸出入動向
4. 環境問題への対応

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]
過塩素酸(Parchloric acid)
水酸化リチウム(Lithium hydroxide)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]
・海外編
・国内編
このページのTOPへ