カテゴリ

月刊ファインケミカル 2020年12月号

【特集】プラスチックフィルムの最新技術動向

商品コード:
F2012
発行日:
2020年12月15日
体裁:
B5判
ISSNコード:
0913-6150
価格(税込):
7,700
関連カテゴリ:
雑誌・定期刊行物 > 月刊ファインケミカル
ファインケミカル > 添加剤・高分子素材
エレクトロニクス > ディスプレイ・光学材料
新材料・新素材 > 高分子・プラスチック

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

著者一覧

後藤幸平 後藤技術事務所
土屋俊之 東洋紡(株)
久野恭平 立命館大学
高田健司 北陸先端科学技術大学院大学
金子達雄 北陸先端科学技術大学院大学
芝上基成 (国研)産業技術総合研究所
小澤巧実 山梨大学
奥崎秀典 山梨大学
中嶋宇史 東京理科大学
良尊弘幸 デクセリアルズ㈱

目次+

-------------------------------------------------------------------------

【特集】プラスチックフィルムの最新技術動向

-------------------------------------------------------------------------
ディスプレイ用透明フレキシブルポリイミドの技術開発動向   
Developing of Technology Trends of Transparent flexible Polyimide for Display

 ディスプレイ用透明フレキシブルポリイミドの国内企業の製品,開発品や展示会での開示情報,公開特許,研究報告から,光学的,熱的,機械的性質の主要な目標特性への技術到達度を考察し,技術開発動向をまとめた。併せて,喫緊の技術課題として,低熱線膨張係数と耐折性を両立できる合理的な高分子設計の重要性について言及した。

【目次】
1.はじめに
2.日本国内の透明ポリイミド開発企業
3.透明ポリイミド開発の主要特性の技術到達度の現状
3.1 光学特性(透明性≈光線透過率)
3.2 熱的特性(耐熱性:ガラス転移温度(Tg)と熱線膨張係数(CTE))
3.3 機械的特性(耐折性(靭性))
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

Low-CTE ガラスと同等の寸法安定性を持つ高耐熱性ポリイミドフィルム       
High heat resistant polyimide film with dimensional stability comparable to Low-CTE glass

 高耐熱性ポリイミドフィルム「ゼノマックスⓇ」は従来のポリイミドフィルムでは不可能だったシリコンやガラス基板と同等の高い寸法安定性を有し,高度情報化社会に不可欠な小型軽量の電子機器,薄くフレキシブルなディスプレイ用基板として期待されている。フィルムの特長とその応用事例について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.「ゼノマックスⓇ」の特性
3.「ゼノマックスⓇ」の用途展開
3.1 フレキシブルTFT 用基板
3.2 5G対応基板
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

液晶材料における分子配向制御技術と光学機能             
Control of Molecular Orientation in Liquid Crystals for Photonic Applications
 
 緻密に分子配向構造が制御された液晶材料は,分子配向構造に応じてきわめて特異な光学機能を示すため,次世代光学材料として注目を集めている。本稿では,分子配向制御技術の研究開発動向を概説するとともに,分子配向制御された液晶材料が示す光学機能について解説する。

【目次】
1.はじめに
2.液晶材料の分子配向技術と光学機能
3.二次元分子配向フィルムの光学機能
4.コレステリック液晶の多次元分子配向制御と光学機能
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

トルキシル酸およびその誘導体をベースとした高性能バイオベースプラスチックの開発   
Synthesis of Bio-Based High-Performance-Plastics using Truxillic Acid Derivatives
 
 バイオマス由来グルコースの微生物生産によって得られた4-アミノ桂皮酸を利用してエンジニアリングプラスチックに代表されるポリイミドやポリアミドを開発した。微生物が作る特異的な置換基配列を利用することで,従来にはない非常に高耐熱かつ高強度なバイオベースプラスチックを得ることができる。

【目次】
1.はじめに
2.バイオ由来芳香族ジアミンの生産について
3.バイオベースポリイミドの合成
3.1 溶解性を示す4APheベースポリイミド
3.2 高耐熱性を示す4ACAベースポリイミド
4.バイオベースポリアミドの合成
4.1 4ACA ユニットのみからなるポリアミド
4.2 フッ素化バイオベースポリアミド
5.今後の展望

-------------------------------------------------------------------------

ミドリムシ由来多糖から作られる超吸水性フィルム       
Superabsorbing Films made from Euglenoid Polysaccharide
 
 ミドリムシ由来の多糖(パラミロン)を出発原料として,自重の最大約1,000倍の水を吸収する,ハンドリングが容易な透明フィルムを開発した。このフィルムはパラミロンに天然由来のサクシニル基と長鎖アシル基を一定量付加したパラミロンアシレートサクシネートから構成される高天然成分率のフィルムである。主骨格であるパラミロン本来のナノファイバー形成能と,アニオン性のサクシニル基による水分子収容空間を形成する静電反発の二つの効果により超吸水性が発揮されたものと推察された。

【目次】
1.はじめに
2.パラミロンについて
3.超吸水性フィルムの開発
3.1 パラミロンナノファイバー
3.2 パラミロンサクシネートのナノファイバー形成能
3.3 パラミロンアシレートサクシネートの増粘効果
3.4 パラミロンアシレートサクシネートのフィルム調製
3.5 パラミロンアシレートサクシネートの超吸水性フィルム
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

PEDOT:PSSを用いたフレキシブル透明電場シールド         
Flexible and Transparent Electric Shielding with PEDOT:PSS

 ポリ(3,4-エチレンジオキシチオフェン):ポリ(4-スチレンスルホン酸)(PEDOT:PSS)水分散液をポリフッ化ビニリデンフィルム上にバーコートし,硫酸処理したSAフィルムを作製した。SAフィルムの電場シールド効果は-40dBと高く,PEDOT:PSSの電気光学特性がフレキシブル透明電場シールド特性に重要な役割を果たしていることがわかった。

【目次】
1.はじめに
2.実験方法
3.硫酸処理によるPEDOT:PSSの組成変化
4.電気特性および光学特性
5.電場シールド特性
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

フレキシブル圧電ポリマーの振動発電能とデバイス応用             
Performance of Vibrational Power Generation using Flexible Piezoelectric Polymer and its Device Application

 圧電ポリマーは優れた環境調和性や成形性を有し,様々な環境下で動作する振動エネルギーハーベスティングへの応用が期待されている。本稿では,柔軟性と強靭性が特徴である圧電ポリマーの発電に関して,その定量的扱いとデバイス応用の可能性について,著者の取り組みを交えながら解説する。

【目次】
1.はじめに
2.ポリマーを用いた振動発電の特徴
3.圧電ポリマーの発電機構
4.圧電ポリマーの振動発電能
5.圧電ポリマーを用いた発電デバイス
6.さいごに

-------------------------------------------------------------------------

ノイズ抑制熱伝導シート 炭素繊維タイプ
Noise Suppression Thermal Conductive Sheets Carbon Fiber Type

 5G通信を中心とした高度情報化社会における新たな課題として,ICからの発熱対策と電磁界ノイズ対策が懸念される。この課題を解決するために,ノイズ抑制熱伝導シート炭素繊維タイプを開発することができた。この材料の熱伝導率は20W/m・Kと非常に高く,また,電磁ノイズ抑制効果がすぐれていることが確認できた。

【目次】
1.はじめに
2.Thermal Interface Material(TIM)とは
3.熱伝導シート 炭素繊維タイプ
4.ノイズ抑制熱伝導シート 炭素繊維タイプ構成
5.熱伝導特性炭素繊維を一方
6.炭素繊維の配向性解析
7.比誘電率と比透磁率の測定
8.電磁波減衰特性
9.放射電磁界シミュレーション
9.1 解析モデル
9.2 放射電界抑制効果
10.使用構造における電磁ノイズ抑制効果
11.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

n‐オクチルアルコール(n‐Octyl alcohol)
キシレノール(Xylenol)
ジビニルベンゼン(Divinyl benzene)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編

-------------------------------------------------------------------------

月刊ファインケミカル 2020年総目次(Vol.49 No.1〜12)