カテゴリ

  • 近日発売の新刊情報
  • CMCeBOOK
  • 受付中のウェブセミナー

月刊ファインケミカル 2021年12月号

【特集】抗ウイルス加工剤の開発と応用

商品コード:
F2112
発行日:
2021年12月15日
体裁:
B5判
ISSNコード:
0913-6150
価格(税込):
7,700
ポイント: 70 Pt
関連カテゴリ:
雑誌・定期刊行物 > 月刊ファインケミカル
ファインケミカル > 触媒・酵素・天然物
新材料・新素材 > 繊維・フィルム・膜
新材料・新素材 > 製造・加工プロセス

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

著者一覧

西原和也 積水マテリアルソリューションズ(株)
山田喜直 東亞合成(株)
小見山拓三 日本エクスラン工業(株)
浅見晴洋 大阪化成(株)
芦田拓郎 堺化学工業(株)
射本康夫 (一財)日本繊維製品品質技術センター

目次+  クリックで目次を表示

-------------------------------------------------------------------------

【特集】抗ウイルス加工剤の開発と応用

-------------------------------------------------------------------------
抗ウイルス加工剤「ウィルテイカー」の開発
Development of Antiviral Processing Agents“VIRUTAKER”

 ウイルスを素早く吸着しウイルスを不活性化する即効性のアニオン系抗ウイルス加工剤「ウィルテイカー」を開発した。ウィルテイカーは,抗ウイルス効果の即効性だけでなく,安全性が高く基材へ与える影響も少ない。インフルエンザウイルス,ノロウイルス代替のネコカリシウイルス,新型コロナウイルスなどへの効果を確認し,繊維製品や建材への応用についてまとめた。

【目次】
1.はじめに
2.抗ウイルス加工剤「ウィルテイカー」の特徴
2.1 ウィルテイカーの特徴
2.2  電子顕微鏡によるA型インフルエンザウイルス不活性化の様子
2.3  新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対する効果
2.4 鳥インフルエンザウイルスに対する効果
3.繊維製品への応用
4.建材への応用
5.抗ウイルス加工剤の安全性について
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

無機系抗菌剤・抗ウイルス加工剤の特徴と加工方法・評価方法    
Characteristics of Inorganic Antibacterial Agents and Antiviral Processing Agents,
Their Processing Methods, and Their Evaluation Methods.
 
 近年新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行により,抗菌剤や抗ウイルス加工剤への関心が集まっている。ここでは無機系の抗菌剤および抗ウイルス加工剤を中心に,薬剤の特徴や製品への加工方法,および細菌やウイルスの活性制御効果の測定方法について加工例を交えて解説する。

【目次】
1.はじめに
2.抗菌剤,抗ウイルス加工剤
3.銀系無機抗菌剤・抗ウイルス加工剤の加工方法と特徴
4.抗菌・抗ウイルス加工製品の性能評価方法
4.1 抗菌性試験
4.2 抗ウイルス性試験
5.抗菌・抗ウイルス加工の応用例
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

アクリレート系抗ウイルス素材の開発
Development of Acrylate-based Antiviral Materials

 ポリアクリロニトリル素材を化学変性したアクリレート系抗ウイルス素材の開発を行った。インフルエンザウイルスやノロウイルスの代替であるネコカリシウイルスにも効果を発揮するほか,抗菌,抗かび,消臭性能も有する多機能素材である。繊維状,粒子状の2つの形態があり様々な用途に応用が可能である。

【目次】
1.はじめに
2.抗ウイルス素材ヴァイアブロックⓇについて
3.抗ウイルス性能について
4.抗ウイルスメカニズムについて
5.抗菌,抗かび性能および,消臭性能について
6.ヴァイアブロックⓇの安全性
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

衛生環境向上を目指した抗菌・抗ウィルス加工剤「マルカサイドⓇ」の開発
Development of Antimicrobial and Antiviral Agents“ MarukacideⓇ”toward Improving Hygienic Environments  

 新型コロナウィルスの出現が,急性呼吸器系感染症の世界的なパンデミックをもたらした。さらに,変異株の出現も相まって,日々ウィルスの脅威に晒される現状,身の回りの生活環境品への抗菌・抗ウィルス機能付与へのニーズが高まりを見せている。このような背景下,本稿にて大阪化成(株)が取り扱っている抗菌・抗ウィルス関連製品「マルカサイドⓇ」を中心に,当社の抗菌・抗ウィルス関連分野への取り組みの一端について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.細菌・カビ・ウィルスの比較
3.主な抗菌・抗ウィルス剤の種類
4.抗菌・抗ウィルス剤
4.1 繊維用抗ウィルス加工剤
4.2 抗ウィルススプレー
4.3 抗菌・抗ウィルス樹脂マスターバッチ
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

抗菌・抗ウイルス材料としての酸化亜鉛
Zinc Oxide as an Antibacterial and Antiviral Material
 
 酸化亜鉛の抗菌性が,その粒径や表面処理によってどう変化するのかをフィルムや繊維に配合した形で検討した。予想外にシリコーンで酸化亜鉛の表面処理を施すと,抗菌性が向上する結果が得られた。また,バクテリアファージ,新型コロナウイルスを用いての抗ウイルス評価も実施し,酸化亜鉛がウイルスの感染性を大きく低下させることも確認した。

【目次】
1.はじめに
2.抗菌について
3.抗ウイルス性について
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

抗ウイルス加工製品の性能評価試験
Antiviral Testing Method for Antiviral treated Products
 
 清潔で衛生的な生活環境を求める傾向の高まりに応じて,材料表面を衛生的に保つ手段としての抗菌加工,抗かび/防カビ加工,抗ウイルス加工が施された様々な製品が開発されている。本稿では繊維製品および非多孔質製品を対象とした抗ウイルス性試験(JIS L 1922,ISO21702)および各種協議会による製品認証について紹介する。

【目次】
はじめに
1.抗ウイルス性試験
2.ウイルスについて
3.JIS L 1922
3.1 適用範囲
3.2 ウイルスの測定方法
3.3 試験対象ウイルス
3.4 試験手順
3.5 抗ウイルス活性値の算出
3.6 抗ウイルス効果
4.SEKマーク繊維製品認証
5.ISO21702
5.1 適用範囲
5.2 ウイルスの測定方法
5.3 試験対象ウイルス
5.4 試験手順
5.5 Antiviral activityの算出
6.SIAA抗ウイルス加工マーク運用
7.今後の展開について

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

石油製品添加剤工業の市場動向

 石油製品添加剤の需要は,その用途先となる燃料油や潤滑油などの需要に大きく左右される。2008年秋からの世界同時不況の影響で自動車,機械,電気機器などが大幅減産となり,その影響で石油製品,石油製品添加剤需要も落ち込みが続いた。2010年に回復の兆しが見られたものの,東日本大震災や景気低迷,エネルギー政策の迷走等により,先行きは不透明なものとなり,その後も需要は長く横ばいもしくは微増状態が続いている。

【目次】
1.概要
2.需給動向
2.1 燃料油添加剤
2.2 潤滑油添加剤
3.添加剤メーカーの動向

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

芳香・消臭・脱臭剤工業の市場動向

 2019年度の芳香・消臭・脱臭剤市場は前年とほぼ横ばいの約530億円規模となった。消費者の価値観やニーズの多様化に対応し,2019年も各社から様々な新商品が上市され,市場は活況を呈した。特定の悪臭の消臭に特化した機能や,よりナチュラルな香りを追求した商品が多く見られた。また,スプレー,ジェル,液体,スティックなど様々な形態の商品が発売され,消費者の選択肢が広がった。とりわけ女性をメインターゲットにした,インテリア性が高く,高単価な室内用スティックタイプの芳香・消臭剤が好調を博した。また,ウイルスや雑菌から守る効果や,雑菌やカビの繁殖を抑える効果など,除菌機能や介護用途を想定した商品の需要が高まっている。今後もさらなる付加価値商品の開発・投入が進むとみられる。

【目次】
1.概要
2.種類・素材など
2.1 天然系
2.2 無機系
2.3 触媒系
2.4 オゾン系
3.市場動向
3.1 室内用
3.2 トイレ用
3.3 衣料用
3.4 自動車用
3.5 冷蔵庫用
4.主な企業動向
4.1 小林製薬
4.2 エステー
4.3 パナソニック化研
4.4 東芝マテリアル

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

イソプロピルエーテル(Isopropyl ether)
シクロドデカトリエン(Cyclododecatriene)
1,4-ビスアミノプロピルピペラジン(1,4-Bisaminopropyl piperazine)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編

-------------------------------------------------------------------------

月刊ファインケミカル 2021年総目次(Vol.50 No.1〜12)

関連商品