検索条件

フリーワード商品検索

→詳細検索はこちら


"cmcbooks"を検索

お買い上げ合計金額2,000円以上の場合は配送料を当社負担!

商品カテゴリ

オススメコンテンツ
広告出稿のご案内
月刊誌や年鑑などの印刷物への広告から,Webやメールマガジンまで,広告出稿をお考えの方へのご案内です。

書評掲載一覧
さまざまな雑誌,新聞等で掲載していただいた書評の一覧です。(11月26日更新)

電子書籍のご案内
過去の書籍をお求めやすい価格で電子版として販売! 雑誌バックナンバーも充実!

常備書店
常時棚揃えしている全国の書店様をご紹介しています

海外注文 overseas order
海外からのご注文も承っています。


よくある質問
お問い合わせの多いご質問など,よくあるご質問を掲載しています。


 

弊社ウェブサイトのSSLについて

当サイトは、JPRSのサーバー証明書による認証を受けております。ご注文情報等は,全て暗号化されますので安心してご利用ください。

月刊ファインケミカル 2019年10月号

【特集】分子キラリティーの研究と応用開発

商品コード: F1910

  • 発行日: 2019年10月15日
  • 価格(税込): 7,700 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

著者一覧

寺尾 憲 大阪大学
領木研之 京都大学 
坂本昌巳 千葉大学
江上寛通 静岡県立大学 
濱島義隆 静岡県立大学 
田中正一 長崎大学
上田篤志 長崎大学
大宮寛久 金沢大学

目次

-------------------------------------------------------------------------

特集 分子キラリティーの研究と応用開発

-------------------------------------------------------------------------

多糖誘導体のキラル分離能における高分子性―分子認識能と分子形態(らせん構造,剛直性)の相関―    
Polymeric Nature of Polysaccharide Derivatives in the Chiral Separation Behavior―Correlation between Molecular Recognition Ability and Conformational Properties―

キラル分離に用いられるキラルカラムには,多糖誘導体をはじめとする光学活性な高分子がもっとも広く用いられている。高分子に特徴的な性質である高分子鎖の剛直性やらせん構造が,溶媒のキラリティに強く影響されること,そして,環状高分子を用いることによって明示的に局所分子形態を変化させることによって,キラル分離に顕著な影響を与えることを示した我々の最近の研究について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.線状アミロース誘導体の分子形態と分子間相互作用
3.環状アミロース誘導体の分子形態
4.線状鎖と環状鎖のキラル分離能
5.まとめ

-------------------------------------------------------------------------

4級不斉中心のラセミ化を伴うスピロピラン類の完全光学分割
Total Optical Resolution of Spiropyrans via Dynamic Enantioselective Crystallization

4級不斉スピロ炭素を有するスピロピランとスピロオキサジンの動的エナンチオ選択的結晶化によるラセミ体の完全光学分割を達成した。コングロメレート結晶を形成する3つのスピロ化合物のラセミ体混合物を溶媒蒸発法またはViedma 熟成法により,光学的に純粋な両エナンチオマー結晶をつくり分けることができた。それぞれの鏡像体結晶からは対称な固体CD スペクトルが観測された。

【目次】
1.はじめに
2.スピロピラン類の完全光学分割
3.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

相間移動触媒の設計に基づくオレフィン類の不斉フッ素官能基化反応の開発
Development of Asymmetric Fluorofunctionalization of Olefins Using Newly Designed Phase-transfer Catalysts

フッ素含有化合物は様々な分野で有用性な化合物であり,フッ素化合物の効率的な合成法の開発は多くの注目を集めている。オレフィンの立体選択的フッ素化反応は様々なフッ素化合物を合成する魅力的な方法であるが,効率的な方法はきわめて限られていた。筆者らはジカチオン性フッ素化剤であるSelectfluor とのイオン対形成とアニオン性基質との水素結合を同時に実現するヒドロキシカルボキシラート触媒を設計することで,高エナンチオ選択的なフルオロラクトン化反応を初めて達成した。この反応機構解析から,より相間移動活性の高いジカルボキシラート触媒の開発に至り,このものが種々の置換様式をもつアリルアミド類の6-endo-型フルオロ環化反応および脱プロトン化反応の効率的な触媒となることを見出した。

【目次】
1.はじめに
2.不斉フルオロラクトン化反応
 2.1 触媒の設計
 2.2 基質一般性
 2.3 反応機構
3.不斉フルオロアミド環化反応
 3.1 ジアニオン型相間移動触媒の設計
 3.2 触媒構造の検討
 3.3 基質適応範囲の検討
4.脱プロトン化型不斉フッ素化反応
5.おわりに
6.謝辞

-------------------------------------------------------------------------

側鎖に不斉中心を有する環状ジ置換アミノ酸の合成とその含有ペプチドの二次構造解析
Secondary Structure of Peptides Having Carbocyclic α,α-Disubstituted α-Amino Acids with Side Chain Stereocenters

キラルな環状ジ置換アミノ酸の側鎖不斉中心が,そのペプチド二次構造に与える影響を
調べた。6 員環状ジ置換アミノ酸の置換基の立体効果によりα-あるいは310-ヘリックス
構造が得られた。4 員環状ジ置換アミノ酸の側鎖アセタール不斉中心がヘリックス構造の
巻き方の制御に与える影響は小さかった。側鎖にエーテル官能基を有する3 員環状ジ置換
アミノ酸では,ペプチドがエーテル酸素と遠隔部位のアミドとの間で水素結合を形成し,
左巻きの歪んだ310-ヘリックス構造をとっていた。

【目次】
1.はじめに
2.主鎖アミドNH 基をエクアトリアル位に配置した6 員環状ジ置換アミノ酸(1S,3R)-Ac6c3M
3.側鎖上にキラルなアセタールを有する4員環状ジ置換アミノ酸(R,R)-Ac4c3BD
4.側鎖上に不斉中心を有する3 員環状ジ置換アミノ酸(R,R)-Ac3c3MOM
5.キラルな環状ジ置換アミノ酸を含有したペプチドの利用
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

アルデヒドをキラルα-アルコキシアルキルアニオンとして活用する不斉触媒反応
Asymmetric Catalysis Using Aldehydes as Chiral α-Alkoxyalkyl Anions

アルデヒドからキラルα-アルコキシアルキルアニオンを触媒的に形成させ,これを利
用した不斉触媒反応の開発に成功した。本系では,アルデヒドへのシリル銅種の不斉付加,
続く1,2-Brook 転位を経て触媒的に形成した“キラルα-アルコキシアルキル銅種”が求
電子剤と立体特異的に反応する。

【目次】
1.はじめに
2.不斉クロスカップリング反応
3.ピナコールカップリング
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ 世界の新農薬]

pronitridine / fluoxapiprolin / beflubutamid-M

1.硝化抑制剤 pronitridine(プロニトリジン)
2.殺菌剤 fluoxapiprolin(フルオキサピプロリン)
3.除草剤 beflubutamid-M(ベフルブタミド-M)

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

エポキシ樹脂工業の現状と展望

【目次】
1.需給動向
2.生産能力
3.需要予測
4.エポキシ樹脂製品の市場動向
5.エポキシ樹脂硬化剤の動向

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]
イソフタロニトリル(Isophthalonitrile)
N,N'-ジシクロヘキシルカルボジイミド(N,N'-Dicyclohexylcarbodiimide)
トリシクロヘキシルホスフィン(Tricyclohexylphosphine)
β-ナフトール(β-Naphthol)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]
・海外編
・国内編
このページのTOPへ