検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

月刊ファインケミカル 2020年5月号

  • NEW
【特集】農薬の動向と研究開発2020

商品コード: F2005

  • 監修: -
  • 発行日: 2020年5月15日
  • 価格(税込): 7,700 円
  • 体裁: B5判
  • ISBNコード: 0913-6150

個数: 

カゴに入れる

著者一覧

城島輝臣 アグロサイエンス通信
下松明雄 インターナショナル・プラント・プロテクション・コンサルタント
萩原寛之 三井化学アグロ(株)
番場伸一 三井化学アグロ(株)
海老原耕一 三井化学アグロ(株)
伊藤舞衣 住友化学(株)
坂本えみ子 住友化学(株)
野倉吉彦 住友化学(株)
寺島健仁 東京農業大学
岡田 至 東京農業大学
冨澤元博 東京農業大学

目次

-------------------------------------------------------------------------

【特集】農薬の動向と研究開発2020

-------------------------------------------------------------------------

国内農薬市場の推移:除草剤を中心にして(第3報)
Transition of Domestic Market of Pesticides:Specialized in Herbicides(3)

 2008年から2018年までの10年間における国内農業用除草剤の市場を概観した。この10年間で農薬全体の市場は約1.7%伸長したが,除草剤市場は約14%の伸びを記録した。これは主として水稲用除草分野における旺盛な需要を反映している。この期間ではまったく新しい作用機構を有する除草剤は登場していないが,同じ作用機構のグループ内での世代交代が起きている。

【目次】
1.はじめに
2.農薬全体の出荷金額と出荷量の推移
3.除草剤の作用機構別の出荷金額の推移
3.1 除草剤の分類
3.2 除草剤の作用機構
3.3 除草剤の作用機構別の出荷推移
3.4 高出荷額の除草剤
4.新規除草剤
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規殺虫剤,メソイオン化合物について(続報)               
Mesoionic Compounds with Insecticidal Activities(2)

 太陽光水分解による,水素をはじめとしたいくつかの有用な化学物質の製造は,世界のエネルギー・環境問題を解決する技術の1つとして期待されている。ここでは特に,酸化物半導体をベースとしたプラズモニック光触媒の製造プロセスとその水分解特性に関する最近の研究を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.特許情報
2.1 BASF
2.2 バイエル社
2.3 DuPont
2.4 FMC
2.5 日本化薬
2.6 シンジェンタ
3.日本のメソイオン殺虫剤の開発,登録状況
4.デュポンのピラキサルトの開発販売戦略
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

殺菌剤トルプロカルブの創製
Discovery of a Novel Fungicide, Tolprocarb

 トルプロカルブは,三井化学アグロ(株)が開発した新規水稲用殺菌剤で,2種の新規な作用機作(メラニン生合成経路polyketide synthase阻害,抵抗性誘導)を有し,イネいもち病およびイネもみ枯細菌病に対し高い防除効果を示す。哺乳類,水生生物に対し高い安全性を示すトルプロカルブは2015年に上市され,育苗箱処理剤,本田処理剤が開発されている。本稿ではトルプロカルブの創製,作用機作,生物効果について紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.リード化合物の発見
3.構造活性相関
4.合成法
5.作用機作
5.1 メラニン生合成阻害活性
5.2 抵抗性誘導活性
6.植物病原菌に対する防除効果
6.1 穂いもちに対する防除効果
6.2 耐性菌に対する効果
6.3 植物病原細菌に対する防除効果
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

新規殺虫剤オキサゾスルフィルの創製
Discovery of a Novel Insecticide,Oxazosulfyl

 オキサゾスルフィル(Oxazosulfyl)は,住友化学(株)が見出した新規殺虫剤である。本剤は既存剤とは異なる新規のケミカルクラスに属し,既存剤に対して抵抗性を発達させた水稲の重要害虫であるウンカ類などを含む幅広い害虫種に対して高い防除効果を示す。本稿では,新たなケミカルクラスの発見,リード化合物の最適化,殺虫スペクトラム,および圃場における防除効果を中心に概論する。

【目次】
1.はじめに
2.オキサゾスルフィルの創製
2.1 リード化合物4の発見
2.2 リード化合物4の最適化―メチルチオ基の変換―
2.3 ―ベンゼン環の変換―
2.4 ―イミダゾピリジン環の変換―
2.5 ―ベンズオキサゾール5位の最適化―
2.6 オキサゾスルフィルの初期合成法
3.生物効果
3.1 殺虫スペクトラム
3.2 圃場における防除効果
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬               

1.殺虫剤 dimpropyridaz(ジンプロピリダズ)
2.除草剤 tetflupyrolimet(テトフルピロリメット)
3.殺ダニ剤 flupentiofenox(フルペンチオフェノックス)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]ピリジン系機能性化学品(特に農薬)の開発
               
第1回:ピリジンおよび一置換ピリジン誘導体-1
Pyridine and Monosubstituted Pyridine Derivatives-1

 天然生理活性物質,農薬,医薬品,動物薬,染料,触媒,脱水縮合剤,酸化剤,フッ素化剤などの中にはピリジン環を有する化合物が多い。それらの原料であるピリジン系中間体の工業的製法(一部推定も含む)および用途について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.ピリジン化学発展の歴史
3.ピリジン,一置換ピリジン
3.1 ピリジン(1),β-ピコリン(2)
3.2 α-ピコリン(3),γ-ピコリン(4)
3.3 2-シアノピリジン(5)
3.4 3-シアノピリジン(6)
3.5 4-シアノピリジン(7)
3.6 ピコリン酸(8)
3.7 ニコチン酸(9)
3.8 ニコチン酸アミド(ナイアシンアミド)(13)
3.9 イソニコチン酸(14)
3.10 2-アミノピリジン(15)
3.11 3-アミノピリジン(16)
3.12 4-アミノピリジン(17)
3.13 2-ブロモピリジン(20),2-クロロピリジン(21)
3.14 2-フルオロピリジン(26)
3.15 3-ブロモピリジン(27),3-クロロピリジン(28)
3.16 3-ヨードピリジン(30)
3.17 4-クロロピリジン(31)
3.18 2-メトキシピリジン(34)
3.19 2-フェニル-2-(2-ピリジル)アセトニトリル(35)
3.20 3-ピリジル酢酸エチル(36)
3.21 ジエチル(3-ピリジル)ボラン(37)


-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

農薬工業の市場動向

 平成30農薬年度(平成29年10月~平成30年9月)の農薬出荷実績は,18万7,038トン,前年比1.3%増,生産金額は3,373億円で同0.1%増であった(表2)。国内においては,輸入農産物の増加,農地面積の減少,農業従事者の高齢化,減農薬志向など農薬メーカーにとって厳しい状況が続いている。そのため国内農薬メーカー各社は,人口増加に伴う食糧需要の拡大が期待できるアジアをはじめとする海外市場への展開に注力している。

【目次】
1.需給動向
2.輸出入動向
3.生産動向
4.業界動向
5.開発動向

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

カテコール(Catechol)
三塩化リン(Phosphorus trichloride)
プロピオニルクロライド(Propionyl chloride)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編
このページのTOPへ