カテゴリ

  • 近日発売の新刊情報
  • CMCeBOOK
  • 受付中のウェブセミナー

月刊ファインケミカル 2021年10月号

  • NEW

【特集】C-H結合の官能基化が拓く新しい有機合成―有用物質の効率的合成に向けて―

商品コード:
F2110
発行日:
2021年10月15日
体裁:
B5判
ISSNコード:
0913-6150
価格(税込):
7,700
ポイント: 70 Pt
関連カテゴリ:
雑誌・定期刊行物 > 月刊ファインケミカル
ファインケミカル > 触媒・酵素・天然物
ファインケミカル > 合成技術・製造プロセス開発

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

著者一覧

垣内史敏 慶應義塾大学
三浦雅博 大阪大学
中尾佳亮 京都大学
安藤吉勇 東京工業大学
吉野達彦 北海道大学
星川 環 エーザイ(株)
澁口朋之 エーザイ(株) 
黒川利樹 エーザイ(株) 
吉村 光 エーザイ(株)

目次+  クリックで目次を表示

-------------------------------------------------------------------------

【特集】C-H結合の官能基化が拓く新しい有機合成―有用物質の効率的合成に向けて―

-------------------------------------------------------------------------

鉄ホスフィン錯体を触媒に用いる炭素-水素結合官能基化反応   
Functionalization of Carbon-Hydrogen Bonds Using an Iron-Phosphine Complex

 炭素-水素結合の触媒的官能基化反応のうち,安価・安全な鉄を触媒に用いる反応は近年注目されている。それらの中で,単離可能な鉄錯体を触媒に用いる芳香族ケトンのオルト位炭素-水素結合切断を経る末端アルケンとの反応によるアルキル化ならびにメチレンシクロプロパン類との反応によるホモアリル化反応について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.芳香族ケトンと末端アルケンとの反応
3.鉄中心の1,4-移動を経るC-H結合官能基化
4.メチレンシクロプロパン類との反応によるC-H結合のホモアリル化反応
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

直接的芳香族カップリング反応の開発
Development of Direct Aromatic Coupling Reactions
 
芳香族C-H結合を触媒的に切断し,直接芳香環に炭素-炭素および炭素-ヘテロ原子結合を形成できれば,従来のクロスカップリング法に比べ,反応段階が短縮され,副生成物の少ない効率的な誘導体化法となる。このため,C-H結合切断を経る直接的反応に関する研究が近年活発になされている。本稿では,筆者らの取り組みを紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.直接カップリングに用いられる反応基質と反応経路
3.直接的芳香族カップリング反応の例
3.1 芳香族C-Hアリール化および脱水素ビアリールカップリング
3.2 C-Hアルケニル化
3.3 C-Hアルキニル化
3.4 直接的C-N,C-O,C-Sカップリング
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

協働金属触媒によるC-Hホウ素化およびアルキル化反応            
C-H Borylation and Alkylation by Cooperative Metal Catalysis

 最も直截的な有機合成反応であるC-H官能基化における残された重要課題として,金属触媒に配位できる配位性配向基に頼ることなく,ありふれた反応基質に対して触媒によって反応サイト選択性を制御することが望まれている。遷移金属/ルイス酸協働触媒によって達成した芳香環のパラ位およびメタ位選択的C-H官能基化について述べる。

【目次】
1.はじめに
2.安息香酸アミドのパラ位選択的ホウ素化反応
3.ピリジンの4位選択的ホウ素化反応
4.安息香酸アミドのメタ位選択的ホウ素化反応
5.ピリジンの3位選択的ホウ素化反応
6.置換ベンゼンのパラ位選択的アルキル化反応
7.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

キノン類への光照射を契機とするC-H結合官能基化法の開発と天然物合成への展開  
C-H Functionalization via Photoirradiation of Quinones and Its Application to Natural Product Syntheses

 キノン類はありふれた有機分子であるが,その光に対する反応性が有機合成に積極的に利用されることは少なかった。最近,キノン類への光照射を契機とした位置選択的なC-H結合の官能基化が収率よく進行することが明らかとなった。さらに,不斉中心を持つ基質へ適用すると,立体特異的なC-H結合官能基化も可能である。以下,我々の研究成果を中心に述べる。

【目次】
1.はじめに
2.励起ナフトキノンを活用するC-H結合官能基化法の一般性
3.立体化学についての検討
4.天然物合成への応用
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

高原子価第9族遷移金属触媒による不斉C-H官能基化反応      
Asymmetric C-H Functionalization Reactions Using High-Valent Group 9 Metal Catalysts
 
 高原子価第9族遷移金属触媒はC-H官能基化反応に広く利用されるが,触媒的不斉反応への展開はいまだ発展途上である。本稿では,我々が最近取り組んでいる,第9族金属触媒とキラルスルホン酸イオンまたはキラルカルボン酸を組み合わせた不斉C-H官能基化反応について概説する。

【目次】
1.はじめに
2.ロジウム/キラルスルホン酸イオン触媒による不斉C-H官能基化
3.キラルカルボン酸を利用したエナンチオ選択的なC(sp2)-H官能基化
4.キラルカルボン酸を利用したエナンチオ選択的なC(sp3)-H官能基化
5.キラルカルボン酸を用いた不斉C-Hアルキル化反応
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

電解反応を用いた不活性C(sp3)-H結合のフッ素化法の開発           
Development of an Electrochemical C(sp3)-H Fluorination Reaction
 
フッ素原子は医薬品候補化合物の活性や薬物動態プロファイルに大きく影響することが知られており,そのためフッ素原子の新規導入法の開発は創薬化学の観点から非常に重要である。今回我々は電解化学を利用した不活性なC(sp3)-H 結合のフッ素化反応を開発したので,その基質一般性や想定反応機構,さらには医薬品候補化合物への応用例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.反応条件の開発
3.基質一般性
4.含窒素架橋化合物のフッ素化
5.創薬研究における応用例
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[マーケット情報]

界面活性剤の概要と市場動向

【目次】
1.概要
2.種別/機能別の概要
3.アニオン界面活性剤
3.1 カルボン酸塩(石けんなど)
3.2 スルホン酸塩
3.3 硫酸エステル塩(AS,AESなど)
3.4 その他
4.カチオン界面活性剤
5.両性界面活性剤
6.非イオン(ノニオン)界面活性剤
6.1 エステル型
6.2 エーテル型
6.3 エステル・エーテル型
6.4 その他
7.その他の界面活性剤

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

クロロスルホン酸(Chlorosulfonic acid)
2,6-ジフルオロベンゾニトリル(2,6-Difluorobenzonitrile)
ベンゾフェノン(Benzophenone)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編

関連商品

フローマイクロ合成の最新動向

価格(税込): 72,600 円

触媒劣化 

価格(税込): 88,000 円

この商品を買った人はこちらの商品も購入しています。