カテゴリ

  • 近日発売の新刊情報
  • CMCeBOOK
  • 受付中のウェブセミナー

月刊ファインケミカル 2021年9月号

【特集】機能性色素の新展開

商品コード:
F2109
発行日:
2021年9月15日
体裁:
B5判
ISSNコード:
0913-6150
価格(税込):
7,700
ポイント: 700 Pt
関連カテゴリ:
雑誌・定期刊行物 > 月刊ファインケミカル
ファインケミカル > 接着剤・塗料・色素
ファインケミカル > 合成技術・製造プロセス開発

Review

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

著者一覧

加藤昌子 関西学院大学
古山渓行 金沢大学
八木繁幸 大阪府立大学
近藤瑞穂 兵庫県立大学
川月喜弘 兵庫県立大学
大山陽介 広島大学
三木康嗣 京都大学
大江浩一 京都大学
廣原志保 宇部工業高等専門学校
小幡 誠 山梨大学
出口 隆 元住友化学(株)
岩本正和 東京工業大学

目次+  クリックで目次を表示

-------------------------------------------------------------------------

【特集】機能性色素の新展開

-------------------------------------------------------------------------

光機能性クロミック金属錯体の最前線
Frontier of Chromic Metal Complexes that Exhibit Photofunctionalities

 単独では光らない白金(II)錯体や銅(I)錯体も,分子間相互作用に基づく配列を精密に制御することで強発光性を発現する。これらの錯体結晶は,環境中の蒸気に応答して色や発光色が変化する明瞭かつ鋭敏な刺激応答性を示す。高秩序で柔軟な応答系であるソフトクリスタルの代表例として,光機能性クロミック金属錯体の魅力と最新例を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.集積発光性クロミック白金(II)錯体の進化と深化
3.強発光性金属錯体の開拓と外部刺激応答性の導出
4.超分子金属錯体の構築と新奇クロミック系の導出
5.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

近赤外光活用を目指した有機機能性色素の合成技術
Synthetic Organic Chemistry of Functional NIR Materials
 
有機色素として著名なフタロシアニンに対し,合成法・分子間相互作用を見直すことで新たな骨格・機能を発現させることが可能となった。特に近赤外光利活用に注目し,フタロシアニン前駆体を利用した新規有機金属錯体の開発および,フタロシアニンの選択的会合を利用した温度センサーにおける最近の研究成果を紹介する。

【目次】
1.はじめに
2.近赤外光を活用できるボール型金属錯体の開発
3.フタロシアニンの分子間会合を利用した温度センサーの開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

デンドリマー型りん光性有機金属錯体の開発と塗布型有機電界発光素子への応用
Development of Phosphorescent Organometallic Complexes with Charge Carrier Transporting
Dendrons towards Application to Solution-Processed Organic Light-Emitting Diodes 

 近年,ディスプレイや照明機器の基盤技術として有機電界発光素子(OLED)が注目されているが,製造プロセスの低コスト化には溶液塗布法でのデバイス作製に期待が寄せられている。本稿では,キャリア輸送性デンドロンを付与した有機イリジウム錯体と有機白金錯体について,発光特性と塗布型OLEDへの応用を中心に概説する。

【目次】
1.はじめに
2.デンドリマー型りん光性有機イリジウム錯体の開発
3.正孔輸送性デンドロンを付与したりん光性有機白金錯体の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

液晶性シアノスチルベンを用いたメカノクロミック高分子複合膜 
Mechanochromic Polymeric Composite Films using Liquid Crystalline Cyanostilbene

 機械的刺激によって発色・発光色が変化するメカノクロミック色素は液晶と組み合わせることで方位選択的な応答が可能となる。このような色素の性質を損なうことなく,効率的な高分子薄膜への固定を目指し,再結晶やゲル化など,ホストとなる高分子とわずかに相互作用させることを検討した。

【目次】
1.はじめに
2.可溶性高分子への分散
3.軸選択的メカノクロミズムと応力依存
4.短波長シフトする液晶生メカノクロミック色素
5.ゲル化を用いた短波長シフト型複合膜
6.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

飛沫を可視化する蛍光性フィルムの開発
Development of Fluorescent Films for Water Droplet
 
 光誘起電子移動(Photo-induced electron transfer:PET)特性に基づいて水分を検出できるPET型蛍光性水センサーを開発し,本センサーをドープした種々のポリマーフィルムの作製に成功した。本蛍光性フィルムは,乾燥時では微弱な緑色蛍光発光を示すが,水蒸気に曝露あるいは水滴に接触させた湿潤時では強い青色蛍光発光を示す。このような水分に対して光応答性を有する蛍光性水センサーフィルムは,ウイルスを含んだ飛沫を可視化する簡便な機能性色素材料としての展開が期待できる。

【目次】
1.はじめに
2.PET型蛍光性水センサー薄膜の水分に対する光応答性
3.PET型蛍光性水センサーをドープしたポリマーフィルムの水分に対する光応答性
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

pH応答性近赤外色素を用いるがんの可視化
Tumor Imaging Utilizing pH-Responsive Near-Infrared Dyes
 
ヒトに対し利用できる近赤外色素造影剤インドシアニングリーンの分子内に求核性官能基を導入することにより,pH応答性色素を開発した。pH 応答性色素と腫瘍ターゲティング分子を複合化した造影剤は腫瘍に効率よく集積し,光および光音響イメージングを用いる腫瘍の可視化に有効であることを見出した。

【目次】
1.はじめに
2.pH応答性ICG類縁色素の合成と物性評価
3.pH応答性ICG類縁色素-RDGペプチド複合型腫瘍造影剤の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

がん医療のための光増感剤の開発
Development of Photosensitizers for Cancer Medicine
 
 ポルフィリンは,がん治療法の一種である光線力学療法(PDT)用光増感剤として用いられる。この小稿では,ポルフィリン誘導体のPDT用光増感剤としての機能すなわち活性酸素生成や腫瘍集積性を高める方法と,PDT機能以外の光がん医療の機能を付与したセラノスティクス対応光増感剤の開発について,著者らの研究を中心に概説した。

【目次】
1.はじめに
2.光増感剤の高効率化
2.1 1O2発生の高効率化
2.2 腫瘍集積性の改善
3.セラノスティクス対応光増感剤の開発
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[シリーズ]世界の新農薬 

1.除草剤 rimisoxafen(リミソキサフェン)
2.殺菌剤 seboctylamine(セボクチルアミン)
3.殺虫剤 spidoxamat(スピドキサマト)
4.除草剤 tripyrasulfone(トリピラスルホン)

-------------------------------------------------------------------------

[連載]直接過酸化水素合成の理解はどこまで進んだか?

第5回(終):直接合成法の実用性の評価と今後の課題
Evaluation of Practicality of Direct Synthesis Process and Future Issues

 H2O2の直接合成は反応式の簡潔さからシンプルな製造プロセスが期待されるが,その一方でH2とO2による爆発のリスク回避がプロセス条件を制約する。今回は反応動力学に基づくシミュレーションにより5%-Pd/C触媒の実用性の評価を試み,工業化に向けた課題を整理する。併せて各種反応形式を概観する。

【目次】
1.はじめに
2.H2O2直接合成の実用性の評価
2.1 反応成績の指標
2.2 シミュレーションの手法
2.3 5%-Pd/C触媒での計算
2.4 想定プロセス
2.5 今後の課題
3.反応形式についての考察
4.おわりに

-------------------------------------------------------------------------

[ケミカルプロフィル]

イソオイゲノール(Isoeugenol)
オルトギ酸エステル類(Orthoformic acid esters)
プロピオニトリル(Propionitrile)

-------------------------------------------------------------------------

[ニュースダイジェスト]

・海外編
・国内編